2019年9月16日 (月)

190911 オオタカ・ツバメチドリ

久しぶりに地元の田んぼでツバメチドリの12羽の群れに出会うことができました。香取市

190911-4 オオタカ 親と子と思われます。

190911-15 最初は畔にいた上の子です。

190911-26 ツバメチドリ若 虫に向かって小走り

190911-28 捕まえました。

190911-33 広い範囲を高速飛行です。

190911-37

190911-40

190911-46 獲物は大きなイナゴです。

190911-56 成鳥 冬羽

190911-60

印旛沼・稲敷・香取市 6:30-15:30 190911
1カルガモ 2カイツブリ 3キジバト 4カワウ 5ゴイサギ 6アオサギ 7ダイサギ

8チュウサギ 9コサギ 10ムナグロ 11コチドリ 12セイタカシギ

13チュウジシギ 14タシギ 15タカブシギ 16イソシギ 17キョウジョシギ

18エリマキシギ 19ツバメチドリ 20ユリカモメ 21トビ 22オオタカ

23カワセミ 24チョウゲンボウ 25モズ 26ハシボソガラス 27ヒバリ

28ショウドウツバメ 29ツバメ 30ヒヨドリ 31オオヨシキリ 32セッカ

33ムクドリ 34スズメ 35ハクセキレイ 36カワラヒワ 37ホオジロ

38コジュリン

2019年9月15日 (日)

190906 コモンシギ

若い時から図鑑を見ては憧れていたコモンシギに出会うことができました。

情報をいただき、久しぶりの暗いうちからの出発でした。栃木県

190906-5 コモンシギとムナグロ

190906-27 最初見たときにすぐ、色と特徴的な顔の輪郭ですぐわかりました。

190906-28 背中の模様も特徴的です。

190906-31

190906-32

190906-36

190906-38

190906-45

190906-47

190906-59 休憩時も行動時もムナグロと一緒です。

2019年9月14日 (土)

190826-31 小笠原No6 カツオドリ 

今回は、メイン行事のチャター船で父島を周回して、観光を兼ねて鳥見と鯨類観察。

その途中で見られたカツオドリの繁殖地で、少し大きい雛も見ることができました。

190828-10 カツオドリ雛 真っ白でかわいいものです。

190828-17 両親と雛 嘴の青いのが雄、白いのが雌

190828-29 白い下面のカツオドリが、青い海の色を受け青く見える不思議な現象です。しかしきれいでいい感じです。

190828-43 雛も大きくなると真っ黒に。

190829-2_20190912201101 雄の顔のブルーと目がきれいです。

190829-9 トウザヨリを捕まえました。

190830-2_20190912201101 岩で休むカツオドリ

190830-6_20190912201101

190830-15_20190912201101 正面顔 なんとも不思議な顔

190830-21 船の舳先に止まりました。

2019年9月13日 (金)

190826-31 小笠原No5 アカアシカツオドリ・オナガミズナギドリ

アカアシカツオドリは簡単にみられると思っていましたが、見られたのは最終日夜が明けてからの八丈島手前でした。

190831-5 アカアシカツオドリ成鳥

190831-8 成鳥一歩手前

190831-9

190831-15

190831-19 赤い脚と嘴に入るピンクが目立ちます。

190828-4_20190912195601 オナガミズナギドリ

190829-1 オナガミズナギドリは航路や特にチャーター船で出たときには驚く近くで撮れました。

190829-4_20190912195601

190829-6

190830-2_20190912195601

2019年9月12日 (木)

190906 稲敷で見られた鳥

2年ぶりにキリアイに出会うことができました。

190906-18 キリアイ

190906-16

190906-7

190906-1_20190912171802  オオバン この辺りで繁殖した子供のようです。

190906-6 オジロトウネン

190906-1_20190912171801 コチドリ

190906-1_20190912171804 タカブシギ

190906-1 ゴイサギ 珍しくヨシゴイもこの場所で見られました。

190906-2 チョウゲンボウ 食事中です。

190906-1_20190912171803 バン この時期にまだ抱卵していました。

 栃木県・稲敷 6:00-16:00 190906
1カルガモ 2カイツブリ 3キジバト 4カワウ 5ヨシゴイ 6ゴイサギ 7アオサギ

8ダイサギ 9チュウサギ 10コサギ 11バン 12オオバン 13ムナグロ 14コチドリ

15セイタカシギ 16タシギ 17アカアシシギ 18コアオアシシギ 19アオアシシギ

20クサシギ 21タカブシギ 22イソシギ 23トウネン 24オジロトウネン

25キリアイ 26コモンシギ 27エリマキシギ 28トビ 29カワセミ

30チョウゲンボウ 31モズ 32ハシボソガラス 33ヒバリ 34ツバメ 35ヒヨドリ

36セッカ 37ムクドリ 38スズメ 39ハクセキレイ 40セグロセキレイ

41カワラヒワ 42ホオジロ

 

2019年9月11日 (水)

190826-31 小笠原No4 メグロ・メジロ

台風15号による停電でまる2日間パソコンからの投稿ができませんでした。

昨夜停電がやっと復旧し、投稿再開です。それにしても今回の台風、今までにない風の音と家の揺れで窓に近づくのも怖かったです。

被害は、東向きに設置していた物置が風に押され15cmぐらい土台ごと動いてしまったぐらいで済みました。

その後の停電のほうが辛かったです。水道は通常通り使用できましたので助かりました。

今までTVで台風被害等を色々見てきましたが、本当に自分が対象になって初めて知る大変さというのを実感しました。

最低限の準備はしようと決心した次第です。

今回の掲載は小笠原No4 小笠原の代表メグロです。

190829-4 メグロ

190830-17

190830-4 林道を歩いていると、いろいろな姿のメグロを見ることができました。

190830-6 パパイヤの木に来たメグロ 実はなっていませんが蜜を吸いに来たようです。

190830-11 

190830-12

190830-13

190829-2 メジロ

190830-8

190830-12_20190911200901

2019年9月 9日 (月)

台風15号

今日の朝五時前後は今までに経験したことがない風の音と家の揺れを感じました。窓に近づくのが怖いぐらいでした。いまもまだ停電中で初めてのランタンだけの生活ですが、水が使えてそれだけは良かったです。

20190909_201332_1_20190909204401家の横の林ですが、本来左の明るいところにも木が繁っていたのですが、杉木が倒れて向こう側が丸見えになってしまいました。

2019年9月 8日 (日)

190905 オオメダイチドリ・トウネン・ハジロコチドリ

九十九里浜は日替わりでいろいろ渡っているようですが、浮気性でなかなか全てには立ち会うことができません。

190905-1_20190907221801 オオメダイチドリ 同じ個体かどうかは判別できませんが、長期見られています。

190905-1 トウネン

190905-3 トウネンのバトル  1羽気の強いのが居て、すぐに飛び掛かっていました。

190905-7 睨みあい

190905-8 この1羽が悪者か、珍しく2羽同時に攻撃されてます。

190905-10 背中への攻撃が多いようです。

190905-11

190905-1_20190907221901 ハジロコチドリ幼

190905-2

190905-4 内側にヒレはありません。

九十九里浜 9:30-11:30 190805
1カルガモ 2キジバト 3オオミズナギドリ 4カワウ 5アオサギ 6ダイサギ

7ハジロコチドリ 8コチドリ 9シロチドリ 10メダイチドリ 11オオメダイチドリ

12ミヤコドリ 13オオソリハシシギ 14チュウシャクシギ 15ダイシャクシギ

16ホウロクシギ 17ソリハシシギ 18キョウジョシギ 19コオバシギ

20ミユビシギ 21トウネン 22ハマシギ 23ウミネコ 24アジサシ 25トビ

26ハシボソガラス 27ヒバリ 28ツバメ 29ムクドリ 30スズメ 31ハクセキレイ

32カワラヒワ

 

2019年9月 7日 (土)

190826-31 小笠原No3 アカオネッタイチョウ・シロハラトウゾクカモメ・セグロミズナギドリ 

今回はベタ凪過ぎて海鳥の出は悪かったのですが、それでも小笠原ならではの鳥も見られました。

190831-3  アカオネッタイチョウ 最終日八丈島手前で出てくれました。

190831-1 上空を船首から船尾に離れるように飛んでいきました。

190826-2 シロハラトウゾクカモメ 行きの八丈島までの航路で出ました。

190826-5

190828-2 セグロミズナギドリ

190828-5 よく下面の特徴が写ってくれました。

190828-6

190828-4

190828-7

2019年9月 6日 (金)

190903 エリマキシギ・アカアシシギ

やっと蓮田でもシギチが見られるようになってきました。稲敷

190903-3 セイタカシギとアオアシシギ

190903-1_20190905194901 エリマキシギ

190903-4 エリマキシギ・タカブシギ

190903-6_20190905194901 

190903-6 アカアシシギ

190903-8

190903-10 5羽のアカアシシギ すべて若です。

190903-14

190903-18 左 アカアシシギ 右 タカブシギ

190903-1 アカアシシギ5羽

稲敷・香取市 8:30-13:00 190903
1カルガモ 2コガモ 3キジバト 4カワウ 5アオサギ 6ダイサギ 7チュウサギ

8コサギ 9バン 10オオバン 11ムナグロ 12コチドリ 13セイタカシギ

14オオジシギ 15タシギ 16オグロシギ 17アカアシシギ 18コアオアシシギ

19アオアシシギ 20クサシギ 21タカブシギ 22イソシギ 23エリマキシギ

24トビ 25オオタカ 26ノスリ 27チョウゲンボウ 28ハシボソガラス

29ヒバリ 30ショウドウツバメ 31ツバメ 32ヒヨドリ 33セッカ

34ムクドリ 35スズメ 36ハクセキレイ 37カワラヒワ 38ホオジロ

39コジュリン

«190830 小笠原No2 オナガミズナギドリ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30