2020年8月13日 (木)

200808三番瀬で出会った鳥

久しぶりの三番瀬、暑さに負けて大きく干潟が出る前に退散でした。

200808-3 オオソリハシシギ

200808-4

200808-3_20200811214001 干潟だ出る前にネットの上で休憩するアジサシ類

200808-9 アジサシとコアジサシ ほとんどがコアジサシで、この時期の三番瀬名物 大集結です。

200808-5 キアシシギ

200808-10

200808-2 ソリハシシギ

200808-3_20200811214002

200808-4_20200811214001 メダイチドリ

200808-2_20200811214001 ユリカモメ

2020年8月12日 (水)

200805-06アオバト・ハチクマ・ハヤブサ

イヌワシの居た山で、夕刻ハヤブサ2羽が稜線の上で遊んでくれました。そしてハリオアマツバメを待っているときに撮ったアオバトとハチクマです。滋賀県・岐阜県

200806-3 アオバト この場所で初めて撮影できました。

200806-5

200806-4

200806-7_20200810204001 ハチクマ雌 近くを雄も飛んでくれましたがうまく撮れませんでした。

200806-11_20200810204001

200806-12_20200810204001

200805-2 ハヤブサ若

200805-13

200805-37 稜線の枯れ木に止まってくれました。

200805-41

 

2020年8月11日 (火)

200806ハリオアマツバメ

ここ数年毎年行っているのですが、今年は天気の割には飛来数が少なく、いいチャンスは少なく残念でした。岐阜県

200806-1 ハリオアマツバメ 今回は水を飲む場所も例年と違い、選んだ場所からは陰になってしまいました。

200806-6 背中の白がよく目立ちます。

200806-7

200806-8 毎回のことですが、ピンがなかなか決まりません。

200806-9

200806-10

200806-12

200806-11

200806-14

200806-15 一番ピンが来た写真です。

2020年8月10日 (月)

200805イヌワシ No2

イヌワシの近い飛翔編です。滋賀県

200805-360 イヌワシ 一番近い真下近くを飛んだ時です。ほんの少しトリミングしていますが、目がきれいに出たのは初めてです。

200805-371

200805-403b 目の高さで旋回

200805-430 真正面から飛んできました。

200805-435

200805-514

200805-529 今回は、これでは少し遠めと言える感じです。

 

2020年8月 9日 (日)

200805イヌワシ

毎年、梅雨明けにぐるっと山方面を回っているのですが、今年もどうにか行くことができました。

今回は回る順番を変えてイヌワシからです。滋賀県

今年は立ち位置が良かったのか、私の前で旋回や横切ってくれて、最高の一日となりました。

何回かに分けて掲載する予定です。

200805fb-1 イヌワシ 稜線を越えてこちらに向かってきます。

200805fb-2

200805fb-3

200805fb-4 水蒸気が多かったのか少しガスがかかっていたのが残念です。

200805fb-5

200805fb-6

 

2020年8月 8日 (土)

200802タヌキ・タマシギ・チュウサギ・ダイサギ

昆虫を撮りに行った後、何時ものところに寄ってみると、やっと探していたタマシギに出会うことができました。香取市

200802 タヌキ 今年生まれの子供のようでした。

200802-1_20200803195301 タマシギ雄タイプ2羽

200802-3

200802-4 畔の一番奥でしたが、今年も出会えてよかったです。

200802-7

200801-1 チュウサギとダイサギ

200801-3_20200803195301 並ぶと首の長さや体の大きさの違いがよく分かります。

2020年8月 7日 (金)

鳥以外の最近の撮影

今年に入って少し手を付けだした昆虫など、最近撮影した写真です。千葉県

200803-2_20200803225101 コオニヤンマ

Aa200802-2 ネアカヨシヤンマ雌

200802-2 雄?

200801-10 チョウトンボ

200802-7_20200803225101 ゴマダラチョウ

200801-5 コクワガタ・ノコギリクワガタ

200801-9 カブトムシ

200801-4_20200803225101 タマムシ

200803-2 サトキマダラヒカゲ 蝶が交尾しているところですが、上の蝶がクモに食べられているシーンです。

200730-10 ムラサキツバメ雄

200730-2 スケバハゴロモ

200802-5 ライギョ この池ではライギョだらけという悲惨な状況でした。

 

 

2020年8月 6日 (木)

200801イソシギ・オオジシギ・カルガモ・キジ・アオバズク

この時期恒例の田んぼめぐりでしたが、お目当ての鳥には出会えませんでした。それでも遠いところでしたが、オオジシギ?1羽に出会いました。香取市

番外編:自宅窓からストロボなしで撮影したアオバズクです。

200801-3 イソシギ

200801-2

200801-4

200801-2_20200803194301 カルガモ

200801 オオジシギ 確定は出来ませんが、顔からたぶんオオジで大丈夫と思います。

200801-3_20200803194301 キジ クモを狙ってます。

200801-2_20200803194302

200731-1_20200803194301 アオバズク 今年何度となく声と姿を見てきたアオバズク。無理やり撮影してみました。

200731-4_20200803194301

2020年8月 5日 (水)

200802ショウドウツバメ

秋の第一陣、ショウドウツバメ数羽がツバメと一緒に居ました。香取市

200802-1 ショウドウツバメ

200802-9 今年生まれの幼鳥で、初々しい姿です。

200802-10

200802-11 風に吹かれて、まだまだ危なっかしい姿ですが、遠い北から渡ってきたのです。

200802-12

200802-15

200802-16

200802-17

200802-18

200802-19

2020年8月 4日 (火)

200731アオバズク

この場所のアオバズク、よく考えてみると初めて巣立ちの雛を見た気がします。佐倉市

200731-4_20200802221901 アオバズク 巣立ち雛は3羽でしたが、なぜか2羽はべったり、もう一は少し離れて休憩でした。

200731-7_20200802221901 子供の変顔

200731-11_20200802221901

200731-21 アオバズクのねらい目仕草。

200731-27

200731-30

200731-33

200731-39

200731-45

200731-46 もう1羽は後ろ向き。

«200731キアシシギ・メダイチドリ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31