« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

140726 オオメダイチドリ

7月26日 オオメダイチドリ  三番瀬

久しぶりの三番瀬です。

鳥枯れでこの時期は三番瀬と稲敷方面が主となってきます・

現在はメダイチドリとコアジサシの群が目立ち、オオソリハシシギ・ダイゼン・トウネン・ミユビシギ等が見られましたが、ミヤコドリは見ている間では飛んできてくれませんでした。

写真は全てトリミングです。

140726_1オオメダイチドリ


140726_2ゴカイを捕まえました。


140726_3


140726_4


140726_5


140726_6


140726_7

2014年7月24日 (木)

140720 ライチョウ親

7月20日 ライチョウ親  乗鞍岳

第2弾は親編です。

140720_17ライチョウ♀ 冬羽の真っ白なライチョウはこれからも見ることはないと思いますが、夏羽もきれいです。


140720_18


140720_20本当に人をあまり警戒しない鳥でした。


140720_27


140720_82


140720_90親子  いい感じです。


140720_92


140720_98


140720_105

2014年7月23日 (水)

140720 ライチョウ

7月20日 ライチョウ 乗鞍岳

ライチョウとはどういうわけか今まで縁がなく、今回初めてこの鳥を求めて出かけてきました。

いろいろ教えていただきやっと出会えました。

しかし見られた翌日には、母親しか確認ができなかったそうです。6羽の雛はどうしたのでしょうか。

自然の厳しさそのものと言えますが、残念なことです。

元気であった時の雛の姿です。

140720_4ライチョウ 今回の雛が孵ったところだそうです。登山道のすぐ下にありました。


140720_13子供です


140720_15頭頂の模様が何とも言えません。


140720_29


140720_30は羽毛で覆われています。さすがに氷河時からの生き残りです。


140720_37の裏は丈夫な皮膚で守られているようです。


140720_50真正面顔

140720_110_2と4羽の雛です。


140720_119柔らかい葉先を食べていました。


140720_123

2014年7月22日 (火)

140720 イワヒバリ

7月20日 イワヒバリ 乗鞍岳

高山の鳥と花を見に、梅雨の谷間ですが天気予報を信じ乗鞍岳まで行ってきました。

畳平は12度から14度と少し寒いぐらいですが、湿度が低く過ごしやすい天気で雨も降らず(14:05の帰りのバスに乗ると同時大雨となりましたが)に、目的の鳥も2種初見で出会うことができました。

今回の鳥見では、鳥見では初めての場所でしたが、群馬のバーダーに大変お世話になり無事目的達成ができました、感謝です。

では、最初は初見のイワヒバリです。

140720_2イワヒバリ この餌取り場所のすぐ横の岩の割れ目に巣があるようで、親鳥が入っていくと複数羽の雛の声が元気よく聞こえてきました。

140720_4


140720_8


140720_10


140720_14ガスが出てきたときに撮ってみたイワヒバリ


140720_17り際にのり面にいたイワヒバリでしたが、残念ながら暗すぎてブレてしまいました。雰囲気が良かったので載せさせてもらいます。





2014年7月 2日 (水)

140629 ハヤブサ  No2

6月29日 ハヤブサ No2

かなりな量を撮りまくったため、No2です。

140629_38ハヤブサ 休憩場所の成鳥


140629_40


140629_51幼鳥はこの1羽のみでした。


140629_55飛行は既に一人前です。


140629_63の幼鳥が食べた残りを、成鳥が持ち出し反対側の崖上で食事です。


140629_64獲物は鳩のように見えます。


140629_78幼鳥 珍しく上空で止まってくれました。


140629_80幼鳥


140629_84成鳥のいる枝に、幼鳥が練習でもしているのか、何回も繰り返し向かっていました。

2014年7月 1日 (火)

140629 ハヤブサ

6月29日 ハヤブサ 神奈川県

天気予報を信じ、大雨の朝出発し鳥友とともに初めてのポイントへ。

ポイントへ着くと同時に雨がやみ、逆に暑いくらいで2時間ぐらいの滞在で次なるポイントへ移動してしまいました。

写真は全てトリミング。

140629_9ハヤブサ成鳥  採ってきた獲物をいろいろなところに隠しているようで、突然餌を持っていたりします。


140629_14


140629_16飛立ちではピントが合うのですが。


140629_18飛行中はどうしてもバックの林にピントが行ってしまいます。近くを飛ぶときには三脚上のカメラでは追い切れず悔しい思いの連続です。


140629_20うにかピントが来たところです。


140629_24垂直に近い崖のちょっとした出っ張りからの飛出し-----と思っていたら下の状況です。飛び上がりながら隠していた獲物をつかんだようです。


140629_25_2足には調理された獲物がつかまれています。


140629_26

 

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30