« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

150627 コヨシキリ

6月27日 コヨシキリ 東庄町

150627_1_2コヨシキリ 霧雨の中の写真です。


150627_3


150627_4


150627_7少し遠目ですが、葦原ではいい感じになります。


150627_1_3


150627_10


150627_11土手の近くで囀ってくれました


150627_13

2015年6月29日 (月)

150625~27 オオセッカ 

6月25日~27日 オオセッカ   東庄町

鳥枯れのこの時期、同じような鳥が続いてしまいます。

150625_4_2オオセッカ 枝かぶりですがいい感じです。


150625_6_2うにか枝かぶりなしできれいに撮れました。


150625_7


150627_1隙間から狙ったオオセッカ


150627_25今回は枝に止まりながらのさえずりが多かったです。


150627_27


150627_31偶然風により枯草が輪になってくれました


150627_37オオセッカは背の模様が出ていたほうがオオセッカらしい雰囲気になります。

2015年6月28日 (日)

150621~25 ハジロクロハラアジサシ・コアジサシ

6月21日~25日 ハジロクロハラアジサシ・コアジサシ 千葉県・茨城県

150625_1コアジサシ 漁港のいいところに集団でいるため、以前から気にしているのですが、他のアジサシが混じってくれません。

150625_8九十九里のコアジサシですが、ここでやっとアジサシを見ることができました。

150625_4


150625_5青空と薄い雲でいい感じで撮れました。


150625_6


150625_9茨城で撮ったコアジサシですが、足に見たことがない形の物を付けていました。


150621_4印旛沼のハジロクロハラアジサシ  遠い遠いものですが今季初認。


150621_5


150621_7 ハジロクロハラアジサシ  右はコアジサシが餌渡しをやっています。

2015年6月27日 (土)

150625 アジサシ

6月25日 アジサシ 九十九里

今季初めてのアジサシですが、何度か九十九里を訪れやっと出会うことができました。

150625_2アジサシ3羽  コアジサシの休憩場所に降り立ちましたが、なぜか落ち着かずコアジサシをすべて飛ばしてしまいました。


150625_6しばらく近くを飛び回りそのまま去って行ってしまいました。本当はもっと違うアジサシ類を期待していたのですが今年は難しそうです。


150625_8アジサシとコアジサシ


150625_9アジサシ


150625_17


150625_19

2015年6月26日 (金)

150620 ウソ

6月20日 ウソ  奥庭

今日の写真は奥庭の定番ウソです。

150620_4奥庭に行く前の駐車場から撮った夜明け前の雲海


150620_7の山の手前では、雲が高いところから低いところへ流れているような感じです。


150620_1最初に現れた部分白化と思われるウソの♀


150620_3


150620_5ウソ♂


150620_7_2普通のウソ♀


150620_9

2015年6月25日 (木)

150620 ヒメネズミ・ホトトギス

6月20日 ヒメネズミ・ホトトギス 奥庭・高原

何も出ないで暇を持て余していた時に楽しませてくれたネズミです。

150620_2ヒメネズミ アカネズミかもしれないのですが、大きさがかなり小さくヒメネズミとしました。


150620_4_2目の前2~3mのところで何かの実らしきものをしきりに食べていて、全く人を恐れることはありませんでした。


150620_7


150620_8


150620_9_2


150620_2_2高原で出会ったホトトギス ちょっと遠かったですが久しぶりの鳴いていたホトトギスです。


150620_3

2015年6月24日 (水)

150620 カヤクグリ

6月20日 カヤクグリ 奥庭

150620_1カヤクグリ 目の色がきれいな茶色です。


150620_4水浴びをすると見た目がかわいそうになりますが、鳥にとっては毎日の生きるための行事です。


150620_9


150620_14カヤクグリ遠景


150620_17


150620突き出た木の先がソングポストとなりますが、ここは緑バックでいい感じです。

2015年6月23日 (火)

150620 キクイタダキ

6月20日 キクイタダキ 奥庭

普段高い木の上で動き回り撮影は困難なのですが、今回は近くで巣を作り始めていたところなのか、低いところで動き回ってくれどうにか撮ることができました。

150620_1キクイタダキ


150620_2ピントが甘いですが、緑をバックに撮れた1枚です。


150620_10近くでですプレイのような行動した場面です。頭の黄色をアッピールです。


150620_11


150620_13


150620_16いい感じで撮れました。


150620_19


150620_31


150620_36滞在中 1回しか水場には出てきてくれませんでした。

2015年6月22日 (月)

150620 ホシガラス

6月20日 ホシガラス 奥庭

早朝は前夜の雨の影響で全く鳥の出は悪かったのですが、晴れ間が出だしてから鳥が動きだし、うれしいことにきれいなホシガラスが3羽も水場にやってきてくれました。

700mm換算で撮影していたのですが、ホシガラスの撮影では大きすぎて、すぐにエクステンダーを取り外して撮影です。

150620_3ホシガラス やっと水場の近くの木に降りてきました。700mm換算


150620_12500mm換算フルサイズでこれでは大きすぎです。


150620_20珍しいことに山荘の前の木に飛び移りました。


150620_25_2水場の横です


150620_29今回のホシガラスは、今までに見てきたホシガラスの中で一番きれいな個体でした。


150620_32


150620_33_2


150620_43遊歩道の周りで撮ったホシガラスです

2015年6月21日 (日)

150620 アカモズ

6月20日 アカモズ 静岡県 富士山

今、数は少なくなっているようですが、定期的に渡ってきている富士の裾野に、久しぶりの出会いとなるきれいなアカモズにあってきました。

150620_6アカモズ♂ 久しぶりのきれいな個体です。


150620_15いくつかの見張りポイントがあり、待っていると現われてくれます。


150620_24きれいな背中の色です。


150620_25


150620_33樹上で小さな虫を捕まえては同じ場所に戻り食べていました。


150620_40


150620_47


150620_48

2015年6月20日 (土)

150620 カヤクグリ

6月20日 カヤクグリ 富士山

今日は久しぶりに日本一の山 富士山の奥庭に行ってきました。

昨日の雨で水場での鳥の出は悪かったのですが、お庭では今までになく定番の鳥達の写真が撮れました。

まだ帰ってきたばかりで、今日の写真は富士をバックにしたカヤクグリです。

150620_1カヤクグリ  お庭を回っているとカヤクグリが園路近くにあるソングポストで囀ってくれました。


150620_2少しトリミングをしてみました

2015年6月19日 (金)

150614 印旛沼の鳥

6月14日 印旛沼の鳥

150614_6アマサギ サンカノゴイを待っている時に目の前を飛んでいきました。


150614_11


150614_1オオヨシキリ


150614_3すぐ目の前に止まったオオヨシキリ 人が少ないと柵に良く止まります。


150614_15コガネムシを捕まえると道路に降りてきて調理をします。


150614_4コジュリン 毎年この場所にどういうわけかやってきます。


150614_1_2ダイサギ


150614_4_2チュウサギ

2015年6月18日 (木)

150613 ランチクルーズ

6月13日 ランチクルーズ

先週土曜日は、娘が私たちの結婚30周年のお祝いに、東京ベイ・クルージングレストラン シンフォニーの招待券をくれたため、娘は私たちが招待という形で3人で出かけてきました。

あっという間の30年でしたが、これからは結婚生活のほうが長くなってしまうことになります。

もう少しで定年を迎えることになりますが、これからの人生がというか鳥見が一番の楽しみで、行きたいところを思い浮かべては今か今かと楽しみに待っている日々です。

150613_3シンフォニー 日の出埠頭から出る船はこのクラシカと下のモデルナがあり、今回の乗船はモデルナでした。

150613_8船は各室が全てレストランという専用船です。写真は後ろからです。約2時間のクルーズですが、揺れながらの食事は船に弱い人にとっては苦しいかもです。

150613_53普段見慣れない海からの景色はまた格別です。大井ふ頭のコンテナヤードです。

150613_62日の出埠頭に戻る時のレインボウブリッジです。


150613_65お台場の前の船の科学館と帆船海王丸です。沖には引退した南極観測船宗谷が保存されています。


150613_86レインボウブリッジ これを作る技術力はいつも驚かされます。


150613_90レインボウブリッジの下からです。


150613_99晴海越しのスカイツリー 


150613_102話題の新築地市場の工事現場です。


150613_107日の出埠頭越しの東京タワーですが、化粧直しした東京タワーはまた人気が出てきているようです。




2015年6月17日 (水)

150614 ヨシゴイ

6月14日 ヨシゴイ 印旛沼

何時ものヨシゴイですが、時間をかけてチャンスを待っているといろいろな顔を見せてくれます。

今年は横飛んでくれます。

150614_14ヨシゴイ♀


150614_16飛び出し


150614_38初めてのヨシゴイの伸びです。片足で葦につかまっているだけでバランスはさすがです。


150614_41頭掻きですが、何かに集中している時の顔は不思議な表情を見せてくれます。


150614_48何かに驚いたのかおもしろい動きをしてくれました。


150614_51


150614_53が♂ 後ろが♀  2羽揃っての飛行です。


150614_66が♀ 後ろが♂の夫婦そろっての飛行

2015年6月16日 (火)

150614 アオバズク・サシバ

6月14日 アオバズク・サシバ 印旛沼

150614_5アオバズク 今季2ヵ所目のアオバズク


150614_12


150614_16寝ていても常に羽繕は欠かせません。


150614_18_3睨まれているようです。


150614_3_2何時ものサシバですが、最近愛想が悪く警戒心が強いです。餌を捕るために飛び立ちましたが、途中であきらめ引き返しです。


150614_7_2引き換えし場面  逆光で大補正です。


150614_9_2

2015年6月15日 (月)

150614 サンカノゴイ

6月14日 サンカノゴイ 印旛沼

150614_7サンカノゴイ  朝6時ごろから居たのですが、既に水田に出ていたサンカノゴイ2羽のうち1羽


150614_9常に近くにいますが、この時期に2羽で出ていることから番なのかよくわかりません。


150614_14


150614_23時々顔を出して警戒中?


150614_31カラスが近くを通ったため、威嚇のため首の羽毛を逆立てていました。


150614_33


150614_36


150614_38農家の方が水田に入ったため飛び立ったのですが、行先は待っている葦原でなく、川の反対側の葦原でした。反対の葦原にも2羽はいます。

2015年6月14日 (日)

150614 ツミ

6月14日 ツミ 千葉県

この土日は、日曜日1日の鳥見でしたので何時もの近くのポイントを一巡してきました。

出発時は雨でしたが、徐々に回復し、予定していた4ヵ所を回ることができました。

最初はツミです。

150614_3ツミ♂ 今日は何時もの休憩場所よりかなり低いところに居て、後ろも緑といい感じで撮ることができました。


150614_6最初の動きは伸びです。尾羽に続き翼も伸ばしてくれました。


150614_11


150614_18_2


150614_20しばらく動きがありませんでしたが、再会時に再び尾羽の開帳です。


150614_29


150614_30


150614_32正面顔です。横顔と違い愛嬌があります。

2015年6月13日 (土)

150604 ヤマセミ No3

6月4日 ヤマセミ No3

今回は色々な場面がたくさん撮れたため、最後の3回目です。

150604_53ヤマセミ 雛に与えるべき餌ですが、何か異変を感じたのか、いつもと違うコースでこの岩に止まったところです。


150604_54


150604_55が先にあるため、これは雛が食べやすい向きと思います。自分で食べるときは頭から飲み込みます。


150604_61


150604_98で遊ぶ♀


150604_101


150604_161

2015年6月12日 (金)

150607 コシアカツバメ

6月7日 コシアカツバメ 千葉県

このポイントでは、コシアカツバメとヒメアマツバメが繁殖していて、コシアカツバメは人の出入りが多いところにいるためか、人間に対し警戒心が弱いようです。

無関心を装っていると全く逃げる気配がありませんが、あまり近づき過ぎるのは避けたほうがよさそうです。

150607_11コシアカツバメ 光が強かったせいか、背中の金属光沢感が出過ぎてしまいましたが、きれいな色です。

150607_17まだ一生懸命巣作り中です。

150607_18

150607_23

150607_1_3きれいな背の色です。


150607_5_2


150607_7_2


150607_10_2

2015年6月11日 (木)

150607 サンコウチョウ

6月7日 サンコウチョウ 千葉県

毎年見に行くポイントで今年も抱卵中です。

150607_1_2サンコウチョウ♀ 逆光気味で少し距離もあるため解像感が出ませんが今年初のサンコウチョウです。


150607_2 現在抱卵中で、♂♀が交代で温めていました。


150607_5やはり♂の尾羽は魅力です。


150607_7


150607_10交代は一瞬で、前兆がなくいいタイミングで撮ることが困難です。


150607_14

2015年6月10日 (水)

150606 ツミ・オナガ

6月6日 ツミ・オナガ 千葉県

150606_2オナガ ツミのポイントで巣を作り出していたオナガです。 真っ青な空をバックに撮れました。


150606_4


150606_5


150606_8ツミ♂


150606_10ツミ♀ まだ抱卵中のようで、この時は餌をもらいに出てきたようですが、もらわずに巣に戻ってしまいました。


150606_16


150606_20


150606_26見張りポイントで見張り中。


150606_28

2015年6月 9日 (火)

150607 ヒメアマツバメ

6月7日 ヒメアマツバメ 千葉県

毎年通っているのですが、今回やっといい時期に出会えて、ヒメアマツバメの止まりものを撮ることができました。

150607_5_2ヒメアマツバメ  今回飛びものも連射連射で今までになく近くでピントが来ているものがありました。


150607_10中に2羽がうまく入ったものも写っていました。


150607_16一番近くでどうにかピンが来たものですが、画面の中では追い付けず右端にやっと入りました。


150607_17今までヒメアマツバメは、コシアカツバメの古巣を利用するものと思っていましたが、自分でも新規に巣を作るようです。この時は2羽が重なり、まるで交尾をしているようなしていないような状態でした。


150607_20う見るとさすがにアマツバメです、翼が長いのが実感できます。


150607_36


150607_39巣の中がメスかと思いますが、違いは分かりません。顔面いっぱいに広がった口の大きさが目立ちます。


150607_44目が大きく愛嬌のある顔です。

2015年6月 8日 (月)

150606 コアジサシ

6月6日 コアジサシ 茨城県

今年は外房方面のコアジサシのポイントが絞れません。

以前のような大きなコロニーがないようです。

しばらくは数カ所のポイントめぐりが続きそうです。

150606_1コアジサシノ求愛


150606_3ろが♂ですが、このカップルはまだ完成していないようです。


150606_4


150606_5ここまでで終わってしまいました。


150606_9


150606_13餌渡しです。


150606_24このポイントでは、やっと交尾時期のようです。


150606_25わった後で、前が♂ 後ろが♀ですが♀の顔が何とも言えない表情をしているように見えます。

2015年6月 7日 (日)

150604 ヤマセミ飛翔編

6月4日 ヤマセミ 飛翔編

今まで止まりものしか撮れていませんでしたが、やっと動きものが撮れました。

150604_68ヤマセミ ピントが全体に会っていないようですが初めてのポーズ撮り


150604_117最初は全てボツでしたが、何回かの後でやっと追えるようになりました。


150604_124


150604_130飛ぶとき一度上に跳ねるようにしてから羽ばたくようです。


150604_142メスは羽の下が赤になります。


150604_143


150604_163


150604_170オスは胸に赤班が入りますが、翼下面は真白です。

2015年6月 6日 (土)

150604 ヤマセミ

6月4日 ヤマセミ 千葉県

久しぶりの有給取得で、念願であったヤマセミポイントに早起きして行ってきました。

親切なカメラマンのおかげで、いいポイントに入らせてもらいやっと満足の行く写真が撮ることができました。

最初はお気に入りの岩の止まりものです。

150604_3ヤマセミ♂


150604_5


150604_10水浴び後の身震いです。


150604_11体を180度回転です。


150604_13


150604_24ヤマセミ♀ ♀も本当の白黒できれいです。


150604_25


150604_36を上げた狙っていたポーズです。

2015年6月 5日 (金)

150531 印旛沼の鳥

5月31日 印旛沼の鳥

前日三宅から帰ってきて、その帰り道に地震で総武快速が止まってしまい錦糸町駅で2時間近く待ったのですが動く気配がなく、各停に乗り換えどうにか帰ってきました。

そんな訳で日曜日は昼近くから、近くの印旛沼へ行ってきました。

150531_2オオヨシキリ このオオヨシキリは、暑さに負けたのか、それとも虫干しなのか面白い恰好をしていました。


150531_3


150531_5


150531_11


150531_2_2モモイロペリカン カンタ君 漁師の船で沖に行ったはいいが、漁師が仕事中は暇だったのか一人で泳いでいつもの場所のほうへ泳いでいました。


150531_4サンカノゴイ 近すぎて空の背景だけでした。


150531_9


150531_1ヨシゴイ


150531

2015年6月 4日 (木)

150604 アオバズク

6月4日 アオバズク 千葉市

今年もやってきたアオバズクです。

150604_1アオバズク なかなか見つからず、教えてもらいやっと撮影ができました。1羽だけでしたのでもう1羽は洞にもう入っているのでしょうか。


150604_3


150604_6


150604_9こちらを見ている視線です。


150604_10

2015年6月 3日 (水)

150530 ハシボソミズナギドリ

5月30日  ハシボソミズナギドリ 三宅島航路

150530_2ハシボソミズナギドリ  ハイイロと似ていますが、ハシボソでいいと思うのですがというレベルです。間違っていればお願いいたします。


150530_4


150530_5今回の航路では2羽しか出会えませんでした。


150530_6


150530_8


150530_9


150530_7

2015年6月 2日 (火)

150530 オオミズナギドリ

 5月30日 オオミズナギドリ 航路

150530_3_2オオミズナギドリ 今回の航路ではオオミズナギドリとハシボソミズナギドリの2種のみでほとんどがオオミズナギドリでした。


150530_9_2三宅島を出てから1時間ぐらいの中で群れが観察されました。


150530_10


150530_12


150530_14大群です。


150530_15背面


150530_19_2


150530_20

2015年6月 1日 (月)

150530 イイジマムシクイ

5月30日 イイジマムシクイ  三宅島

150530_2イイジマムシクイ 数だけは今の三宅島の中で一番いると感じるぐらい鳴いていますが、撮影は難しかったです。


150530_4写真は、たまたま雛がいる近くだったらしく、周りで警戒していたためどうにか撮れました。


150530_7しかし、7DMARKⅡではこの暗さではやはり無理があるようです。5DMARKⅢのほうが高感度耐性は強いと感じてしまいます。


150530_8

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31