« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

150828 オオタカ

8月28日 オオタカ 稲敷

150828_2_2オオタカ 換羽中なのか胸に茶色の羽毛があります。


150828_5_2獲物を襲い水田の中に落としたのか、逃げたのか盛んに探し回っていました。


150828_7見つけた獲物に飛びつきました、と言っても1mぐらいですが。


150828_17きさからスズメだと思うのですが、あっという間に平らげ、更にうろうろ探しています。


150828_18


150828_21いてウロウロ、探している顔は愛嬌があります。


150828_25


150828_27

2015年8月30日 (日)

150828 オジロトウネン

8月28日 オジロトウネン  稲敷

150828_2オジロトウネン 幼鳥 久しぶりに幼鳥に出会えました。


150828_4の稲敷ではなかなかシギチが休めるところがないのですが、1ヶ所のハス田でやっとシギチが集まるところに出会いました。


150828_5


150828_9


150828_12鱗模様がきれいです。


150828_14地味ですが好きな1種です

2015年8月29日 (土)

150828 エリマキシギ

8月28日 エリマキシギ 印旛沼

150828_4エリマキシギ幼鳥 印旛沼地区で初めて出会いました。


150828_5


150828_8天気が悪くきれいな色が出てくれませんが、久々の出会いでよかったです。


150828_10


150828_11見返りエリマキです。 


150828_13


150828_14天気がいいとバックからの光で、もっときれいに見えるはずなんですがどうしようもありません。


150828_16万歳着地です

2015年8月28日 (金)

150815-16 三番瀬・谷津干潟の鳥

8月15日~16日 三番瀬・谷津干潟の鳥

150816_1アオアシシギ 谷津干潟

150816_8オオソリハシシギ 三番瀬


150815_1_5オシドリ 自宅近く 散歩道のオシドリです。


150815_2_2


150816_3キアシシギ 谷津干潟


150816_2キョウジョシギ 三番瀬


150816_2_2干潟が出るまでの居住地 杭の上のサギ類


150816ダイゼン・メダイチドリ・ミユビシギ・ハマシギ・キアシシギ・トウネンがいます。  三番瀬


150816_2_3トウネン 三番瀬


150816_10

2015年8月27日 (木)

150815 稲敷の鳥

8月15日 稲敷の鳥

150815_3アマサギ この時期になるとさすがに夏羽が減ってきます。


150815_6


150815_2カワラヒワ 


150815_4


150815_1タカブシギ


150815_4_3


150815_1_2バン成鳥


150815_3_2幼鳥


150815_3_3ムナグロ

150815_1_4







2015年8月26日 (水)

150823 コウノトリ No2

8月23日 コウノトリ No2  埼玉県

150823_4コウノトリ 高いところ編です。グラウンドの杭の上


150823_8


150823_9真正面顔


150823_11


150823_13飛出し


150823_14


150823_17ここでで2回転してくれました。きれいな白と黒のコントラストです。


150823_23下からですが、今回は上面、下面、杭の上、水田の中といろいろな場面を撮ることができました。


150823_25

2015年8月25日 (火)

150823 稲敷のシギチ類

8月23日 稲敷のシギチ類 

この水たまりには、アオアシシギ・コアオアシシギ・タカブシギ・コチドリ・エリマキシギ・ツバメチドリ までは居たのが分かりましたが、あまりにも遠いためまだ居たようですが分かりませんでした。

150823_1エリマキシギ 今年は何時もの場所が草原と化してしまっているため、越冬をしてくれるのか疑問です。


150823_2コアオアシシギ


150823_3_2ツバメチドリ 一番近くにいた個体ですが、オオトリミングです。


150823_4エリマキシギ


150823ミサゴ 3羽いました。

2015年8月24日 (月)

150823 コウノトリ

8月23日 コウノトリ 埼玉県

学生の時、兵庫県豊岡の保護ケージの中のコウノトリを見て以来でした。

その時は、いろいろありますが野生種でなかったため、初見としないままになっていましたが、今回初めて初見の日付を入れることができました。

150823_31コウノトリ  足環からすると兵庫県から来た個体だそうです。

150823_52

150823_54の中のほうがお似合いです。

150823_57

150823_36

150823_42最近大雨があり、水田に雨水が入ったため餌取りには苦労しないようです。

150823_47農家はどの鳥も気にしないようですが、カメラマンが近づくと一発で警戒されます。

150823_49低く構え稲の中に居る雰囲気に。」

150823_50




2015年8月23日 (日)

150823 オオタカ

8月23日 オオタカ 千葉県

利根川沿いをぐるっと様子見で回ってきましたが、干拓地を除きシギチは少なく、さびしい限りでした。

随一、最近この近くを縄張りにしていると思われる、このオオタカだけが写真を撮らせてくれました。

150823_3オオタカ  畔に止まり獲物を待っているようです。


150823_9


150823_11ピン甘ですが、電柱から飛び出したところです。


150823_12

2015年8月22日 (土)

150801~2

8月1日~2日 過去の写真 夏の遠征

150802_148イヌワシ 滋賀県 有名なポイント 朝は見られませんでしたが、夕方帰り際に見た時に居てくれました。


150802_157尾根の上で、左右に切り立った崖となっています。


150801_1ツバメ 岐阜県 ハリオアマツバメのいた同じ池でのツバメです。


150801_10


150801_11反転するときでも顔は真正面を向いています。


150801_12


150801_4ハチクマ 岐阜県 遠いところで上昇気流に乗り高度を上げていました。大トリミングです。


150801_7

2015年8月21日 (金)

150816 三番瀬・谷津干潟で出会った鳥

8月16日  三番瀬・谷津干潟で出会った鳥

150816_6アオアシシギ 谷津干潟の最初に出てくる干潟に集まってきた1種 だいたいここに来ると水浴びを始めます。


150816_8


150816_5オオソリハシシギ 三番瀬


150816_18


150816_6_2キアシシギ 大きなカニを捕まえましたが、この後ダイゼンに追いかけられ捕られてしまいました。 谷津干潟


150816_8_2しかしこの大きなカニをよく食べるものです。


150816_9


150816_3キョウジョシギ


150816_10の奪ったカニを食べるダイゼン


150816_4トウネン 谷津干潟

2015年8月20日 (木)

150816 サシバ・ダイゼン

8月16日 サシバ・ダイゼン  三番瀬

150816_1_2サシバ 初めて見る三番瀬でのサシバです。


150816_2


150816_4_2


150816_1_3ダイゼン いつも尾羽の透けて見えるところを狙ってはいるのですが、今回少し近づいた1枚。


150816_2_2


150816_3真正面からうまく撮れた1枚ですが、残念ながらジャスピンとわ行きませんでした。


150816_12


150816_4_3谷津干潟のダイゼン  逆光の中で白黒写真のようになってしまいました。右はコオバシギです。


150816_9

2015年8月19日 (水)

150815 イタチ・オオタカ

8月15日 イタチ・オオタカ 茨城県

水田地帯を走っていると畔にイタチが遊び回っていて、電柱にはオオタカです。

150815_3イタチ 子供が数頭で畦道で飛び跳ねていました。


150815_6


150815_7虫にでも飛びついているのか、行ったり来たり。


150815_10狙っているようです。


150815_14


150815_15の中を走り回り、突然車の近くに飛び出して毛繕いを始めました。


150815_1電柱にいたオオタカ  この時期は換羽中が多く、見た目はどうしても悪くなります。


150815_2

2015年8月18日 (火)

150816 謎シギ

8月16日 謎シギ 三番瀬

1年ぶりに戻ってきてくれた謎シギ(アライソシギとオバシギの雑種と言われています)です。

150816_11_2謎シギ


150816_13


150816_15_2謎シギの伸びとダイゼン


150816_19


150816_22日本に来てから換羽が始まったのか、換羽しながら渡ってきたのかは分かりませんが、風切り、雨覆が冬羽になってきています。


150816_27水浴び 水浴びをしてくれるかなと思っていたら、願いがかない始めてくれました。


150816_33


150816_39

2015年8月17日 (月)

150816 コオバシギ

8月16日 コオバシギ 谷津干潟

今日は三番瀬と谷津干潟を回ってきましたが、曇りで風があり少しは過ごしやすかったです。

150816_1コオバシギ  谷津干潟では最初に出てくる干潟が時間的に完全な逆光となってしまい、今回も天気もあり+3補正でやっと色が出てくれましたが、周りは白とび状態です。ダイゼンと一緒に降り立ったところです。


150816_4きれいなうろこ模様です。


150816_6今回は幼鳥です。


150816_11


150816_14途中 大粒の雨が突然降りだした時のコオバシギです。


150816_15


150816_16飛翔場面


150816_18

2015年8月16日 (日)

150815 タマシギ No2

8月15日 タマシギ 千葉県

初めて撮れたタマシギの羽ばたき編です。

150815_29タマシギ♀の羽ばたき  ♂のそばで盛んに羽ばたきをしていましたが、♂は寝ているようでした。


150815_49伸びです


150815_63


150815_65


150815_68ずっとこの感じで寄り添っていました。


150815_72

2015年8月15日 (土)

150815 タマシギ

8月15日 タマシギ 千葉県

ジシ魏類を探しに行ったのですが見つけられず、しかし今年は諦めていたタマシギ夫婦に会うことができました。

150815_7タマシギ♀ 畔をくまなく探していると黒い塊が目に入り、双眼鏡をのぞくと今年の初見 それも夫婦でした。


150815_17


150815_21こちらを少しは警戒しているようです。


150815_27こちらに近づき、ちら見です。


150815_28


150815_36


150815_37


150815_42今回は常に2羽が離れず一緒にいました。


150815_56

2015年8月14日 (金)

150813 ミユビシギ

8月13日 ミユビシギ 九十九里

墓参りのついでに寄ってきた九十九里浜で撮ったミユビシギです。

150813_12ミユビシギ 2日続きのミユビシギですが、九十九里浜の波と合わせていろいろと試したのですが、思ったようにはなかなかいきません。


150813_28目の前を横切っていくときには走って過ぎていきます。


150813_31過ぎ去る時にちらっとこちらを認識しているようです。


150813_51


150813_59波が引いては沖に走り、波が来ては一斉に上がってくるの繰り返しです。


150813_63もどってくる時の一コマです。面白い波の形をと思っていたのですが。


150813_65


150813_66


150813_5近くにいたコアジサシの群

2015年8月13日 (木)

150809 ミユビシギ・コアジサシ

8月9日 ミユビシギ・コアジサシ 三番瀬

150809_5_3ミユビシギ 現在の三番瀬の主力の1種


150809_7_3


150809_9_2冬羽に換羽中です。


150809_11

150809_2_5コアジサシ 幼鳥


150809_4成鳥




2015年8月12日 (水)

150809 ハマシギ・オオソリハシシギ・ソリハシシギ

8月9日 ハマシギ・オオソリハシシギ・ソリハシシギ  三番瀬

150809_2_2ハマシギ 1羽だけの先遣隊です。


150809_3_3


150809_6_2


150809_2_3オオソリハシシギ


150809_5_2


150809_2_4ソリハシシギ


150809

2015年8月11日 (火)

150808 ツミ

8月8日 ツミ 千葉県

久しぶりにツミポイントへ行ってきましたが、幼鳥は公園を元気に飛び回っていました。

5羽巣立ったはずですが、たぶん2羽しか確認できませんでした。

150808_3ツミ幼鳥


150808_4


150808_14が餌を持ってきましたが、もう一羽が餌をもらえたらしく、もらえなかった幼鳥は盛んに鳴いてアピールしていました。


150808_16


150808_17


150808_22


150808_26下に居るセミを見ているようです。

2015年8月10日 (月)

150809 アオアシシギ

8月9日 アオアシシギ 三番瀬

150809_3_2アオアシシギ 三番瀬では珍しいアオアシシギです。


150809_5最初 鳴き声しかしませんでしたが、ミヤコドリの群近くに降りてきて、更にこちらの干潟に飛んできてくれました。。


150809_7_2


150809_9


150809_14


150809_17オオソリハシシギとアオアシシギ


150809_18

2015年8月 9日 (日)

150809 オオメダイチドリ

8月9日 オオメダイチドリ 三番瀬

この時期はシギチしか見るものがない状況ですが、稲敷方面が何時もの水場が干上がってしまい最後は三番瀬です。

三番瀬に昨年の謎シギが来たということで、朝早くいってみましたが本日は残念ながらどこかに行っているのか見当たりませんでした。

今日の写真は今年もやってきたオオメダイチドリです。

150809_1オオメダイチドリ


150809_2


150809_3胸に夏羽の名残があります。


150809_6


150809_7メダイチドリとのツーショット 足の長さの違いが一目瞭然です。


150809_16嘴も長く大きいです。

2015年8月 7日 (金)

150802 イヌワシ No2

8月2日 イヌワシ No2 滋賀県

今回は♀のイヌワシです。

150802_1イヌワシ♀ ディスプレイなのか上昇と下降を繰り返してくれました。翼をつぼめて下降を始めた時で、この後は早すぎて無理でした。


150802_19


150802_20


150802_58見ていて大型の猛禽はほれぼれしてきます。


150802_81これも下降をしたところですが、ディスプレイとはちがい翼のつぼめかたが少ないです。


150802_84


150802_88


150802_89木に降りるため急減速です。ちょっとピンボケが残念です。

2015年8月 6日 (木)

150802 イヌワシ

8月2日 イヌワシ 滋賀県

有名なポイントへ昨年に続き訪れました。

昨年は出会いがありませんでしたが、今年は暑い中約12時間待ってやっと出会うことができました。

それも目の前をしばらく飛び回ってくれるという大サービスでした。

イヌワシとの出会いは、30数年前に栃木の山奥のダム湖にそそぐ川の河原を悠然と飛ぶのを見て以来です。

もちろん撮影は初めてでした。

最初は若♂です。

150802_25イヌワシ 若♂ このポイントで見られる夫婦の♂です。まだ若く繁殖はできていないようです。


150802_29霞がかかってしまい青みが強くなってしまいます。


150802_34目の前の少し下を飛んでくれました。


150802_37悠然と飛んでいるようですが、スピードは速く結構撮影は大変でした。


150802_40近くを飛んでくれ、どうにかやっと目がきれいに撮れました。


150802_42手前に入り込み過ぎで、草が被ってしまいました。


150802_44木に降りるところです。


150802_45木に少しかぶっていますが、気に入っている1枚です。

2015年8月 5日 (水)

150801 ハリオアマツバメ No2

8月1日 ハリオアマツバメ 岐阜県

150801_6ハリオアマツバメ


150801_38きな口を開けて水を飲む準備です。


150801_45


150801_65口を水面につけて滑空 水しぶきの中のハリオアマツバメ


150801_67真正面から 大型飛行機の翼の格好です。


150801_75きな口にうまくピンが来ました。


150801_79


150801_84一番近かった場面でうまく合いました。顔の幅が口です。


150801_85


150801_1116羽のハリオアマツバメ 

2015年8月 4日 (火)

150801 ハリオアマツバメ

8月1日 ハリオアマツバメ 岐阜県

1年前に続き、2度目の岐阜県の高原に、ハリオアマツバメを撮りに行ってきました。

昨年は天気が悪く、朝から待って夕刻に現れた1羽のみの撮影でしたが、今年は天気に恵まれ、大群が押し寄せ驚きの中での撮影でした。

150801_1ハリオアマツバメ バックの森にピントが取られることなく写せた3枚です。


150801_3


150801_34


150801_6大群のハリオアマツバメ この1枚に50羽います。この1枚に写せないものもいますので全体では200羽近くいたのではと思います。どこにこれだけのハリオアマツバメが居るのか不思議なくらいです。


150801_20サシバのように回転しながらため池の上を飛んでいました。


150801_13_2群で飛び込んできたときには、800mm換算でも複数羽が写せます。


150801_14


150801_20_2水を飲んだ後の面白顔


150801_21きれいな個体です。この時期早いものでは換羽が始まってしまって風切羽が不ぞろいの個体が居ます。


150801_312羽がきれいに並んでくれました。

2015年8月 3日 (月)

150801 イワヒバリ

8月1日 イワヒバリ 長野県

7月31日の夜から8月2日まで、長野県・岐阜県・滋賀県と約1100kmを走りとおしてきました。

平地はすごい暑さでしたが、行ったところは何処も高地で平地よりは過ごしやすかったで。

しかし高地でも直射日光に当たっている時は何処でも同じ暑さでです。

目標としていた鳥はライチョウを除き全て達成で、満足の行く鳥見でした。

乗鞍岳ではご来光号に乗ることができ、朝4時20分頃には2700m地点に到着し、気温は11度と少し肌寒いものでしたが、雲一つないきれいな朝日が見られよかったです。

150801_2_2イワヒバリ 乗鞍岳のイワヒバリです。時期が少し遅かったのか、出は悪かったです。


150801_4畳平の近くにいたイワヒバリ この時期にしてはきれいでした。


150801_11


150801_13バックは畳平駐車場です


150801_19


150801_27


150801_30魔王岳山頂のイワヒバリ 約2760mの別天地

150801_32足環が3つ付いているのが残念ですが。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30