« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

160425 オオハシシギ

4月25日 オオハシシギ 稲敷

160425_1オオハシシギ 夏羽 位置が悪く逆光となってしまい色がきれいに出ません。


160425_3一時期多いとき30羽近くいたのですが、それと同じ群なのでしょうか。


160425_5


160425_7ちょうど休憩タイムだったようです。

2016年4月29日 (金)

160424 オオミズナギドリ・オーストンウミツバメ

4月24日 オオミズナギドリ・オーストンウミツバメ  三宅島航路

160424_2_3オオミズナギドリ 初めて見る尾羽を開いたところです。


160424_4


160424_7_2天気が良ければ、青い空と青い海のオオミズナギドリだったのですが。


160424_10_2


160424_11


160424_1_3オーストンウミツバメ ピーク時には4~5羽に群れで出ました。 小さい鳥で遠かったので大トリミングをしているため画像は最悪ですが、初見の鳥ということで。


160424_5_32羽のオーストンウミツバメ


160424_14

2016年4月28日 (木)

160424 タネコマドリ・イイジマムシクイ・ツバメ

4月24日 タネコマドリ・イイジマムシクイ・ツバメ  三宅島

160424_1アオサギ  大路池のアオサギ


160424_7


160424_2イイジマムシクイ たくさんのイイジマムシクイが鳴いているのですが、シャッターチャンスが少なかったです。


160424_5ピントの甘いイイジマムシクイ


160424_1_2タネコマドリ 待ち伏せでやっと撮れたタネコマドリです。ISO12800 1/80の撮影です。


160424_2_2


160424_3


160424_5_2ツバメ  


160424_10大路池の横の1本の木にツバメが群れていました。

2016年4月27日 (水)

160424 クロアシアホウドリ

4月24日 クロアシアホウドリ  三宅島航路

航路での目的の1種であったクロアシアホウドリです。

160424_2クロアシアホウドリ  天気が悪く色がきれいに出ませんでしたが、やはりアホウドリ類の飛翔はかっこいいです。


160424_5反対側に回り込み近寄ってくれましたが、カメラが風で振られっぱなしで、その間に鳥は離れていくばかり。


160424_13一番近かった時です。


160424_16


160424_19真横からですがかっこいい形でした。


160424_21

2016年4月26日 (火)

160425 エリマキシギ

4月25日 エリマキシギ 稲敷

久しぶりに夏羽に移行中のきれいなエリマキシギに出会えました。

もう少しいてくれればもっと換羽が進むと思うのですが、いつまでいてくれるのでしょうか。

160425_10エリマキシギ♂ 頭部と首がかなり冠羽が進んでいます。


160425_16


160425_24


160425_28これで胸も変わり、首の羽毛が伸びてくれれば最高なのですが。


160425_34


160425_40今日見られた5羽


160425_46う1羽の♂も少し黒くなっています。


160425_48


160425_50


160425_53

2016年4月25日 (月)

160424 アカコッコ

4月24日 アカコッコ 三宅島

昨年は6月に行った三宅島ですが、今年はなんと娘と二人での観光と海鳥をメインに行ってきました。

天気は朝まで雨が残り、日中も曇りで島での探鳥は照葉樹林の下となるため、厳しいものとなってしまいました。

それでもアカコッコ、タネコマドリ、イイジマムシクイ、モスケミソサザイ、オーストンヤマガラなど固有種は目にすることができ、また帰りの船での海鳥の観察では、コアホウドリとオーストンウミツバメが目立ったところでした。

オーストンウミツバメ1種が初見でした。

160424_12アカコッコ 車で走っていると、飛んで発見ということが多く、今回やっとアカコッコ館でじっくり時間をかけ撮りました。

しかしアカコッコ館のアカコッコは足環付です。


160424_1餌取りに一生懸命


160424_3


160424_6


160424_8座っているとアカコッコからどんどん近寄ってきてくれます。


160424_11久しぶりにじっくりきれいなアカコッコに出会えました。

2016年4月24日 (日)

160419 葛西臨海公園

4月19日 葛西臨海公園の鳥

160419_4_2モス 水田地帯ではよく見ますが、この時期に葛西臨海公園で出会うとは思っていなかったモズです。

160419_1_2

1604191_26葛西臨海公園からの景色です。


1604191_27羽田の沖の空港からの飛立ちですが、まるで海の中からの飛立ちに見えます。


160419_1カワラヒワ


160419_4クロツラヘラサギ


160419_5今回は多くのカメラマンが西渚に降りるのを期待したのですが、残念ながら東渚に飛んで行ってしまい、遠い飛翔場面で終わった日でした。

160419_5_2ヘラサギ


160419_7

2016年4月23日 (土)

160418 キャベツ畑の鳥

4月18日 キャベツ畑の鳥  神奈川県横須賀

160418_2コチドリ ここで繁殖をするのか鳴きながら何羽も飛び回っていました。


160418_1ハクセキレイ  普段と違った雰囲気です。


160418_2_2


160418_2_3キャベツの上で鳴くヒバリ


160418_1_3収穫の終わったキャベツを鋤き込んだ畑に集まったムナグロ  餌がたくさんあるのか驚くほどシギがやってきます。


160418_2_4千葉県の銚子のキャベツ畑にも、もしかしたら知らない鳥がいるかもと想像をしてしまいます。


160418_7

2016年4月22日 (金)

160419 オオソリハシシギ

4月19日 オオソリハシシギ 三番瀬

久しぶりに快晴の中、早朝の三番瀬に行ってきましたが、やはり朝早くの柔らかい光の中での撮影はいいものです。

160419_2オオソリハシシギ 冬羽 横からの光で、目もきれいに出ます。


160419_4夏羽のオオソリハシシギ


160419_6着地


160419_8羽の裏面もきれいな模様をしています。


160419_10きれいな個体です。


160419_28横からの光によりいい感じです。


160419_29ハマシギとオオソリハシシギ  好きな1枚


160419_33


160419_35何かに驚き飛び立った時の飛翔です。

2016年4月21日 (木)

160417 クサシギ・タヒバリ

4月17日 クサシギ・タヒバリ 稲敷

大風の中、何かを期待して回ったのですが、大きな収穫はなくドライブに終わった1日でした。

160417_4クサシギ 前回いろいろ見られたシギがまったくいませんでした。出会ったのはこのクサシギ1羽。


160417_5


160417_7きれいなクサシギでした。


160417_3タヒバリ やっと近くからのタヒバリに出会うことができました。今回は時間があったため、ちょっと待っていると寄ってきてくれました。夏羽のタヒバリです。


160417_4_2天気が良ければもう少し鮮やかな胸の色が出たのですが残念です。


160417_5_2


160417_10アブ類の幼虫が湧いているようで、それを食べています。


160417_14

2016年4月20日 (水)

160419 ホウロクシギ

4月19日 ホウロクシギ  谷津干潟

160419_1ホウロクシギ 最近ではここ谷津干潟でしか出会えなくなったホウロクシギです。カニに向かって疾走。

160419_21カニ穴に長い嘴を即効で突っこみます。


160419_31まで


160419_6カニをゲット

160419_9をすべて落とし口の中に放り込みます。


160419_13何時もの正面顔


160419_14


160419_15じ大型シギのダイシャクシギも、東京湾では見られるところが限定的でいつまで見られるか心配です。


160419_26




2016年4月19日 (火)

160417 シロエリオオハム

4月17日 シロエリオオハム 波崎

160417_1シロエリオオハム この冬に出会えなかったシロエリオオハムに4月になってやっと出会えました。


160417_3


160417_5怪我をしているようには見えませんでしたが漁港内でのんびりしていました。


160417_7


160417_11


160417_13南の風を避けるように船影にいましたが、時折吹く強風に難儀しているようです。

2016年4月18日 (月)

160418 ツバメチドリ

4月18日 ツバメチドリ  神奈川県横須賀市

神奈川県まで、今までに見たことがないほど完全な夏羽のきれいなツバメチドリを見に行ってきました。

160418_16ツバメチドリ 今日は午後からの鳥見で、すぐ見られると思っていたら、到着時不在で珍しく粘っていると嬉しいことに戻ってきてくれました。


160418_19風が強かったため羽毛が荒れていますが、喉の模様もきれいです。


160418_23嘴の元の赤も鮮やか


160418_26


160418_30


160418_34突然の飛立ち 珍しく助走付です。


160418_35新型の500f4Ⅱは旧型に比べボケがきれいになりました。


160418_36真横に飛んでくれたため、どうにかピントが合ってくれました。


160418_37

2016年4月17日 (日)

160410-12 市川の遊水地・三番瀬

4月10日と12日 市川の遊水地・三番瀬

160410_1_3タシギ 後姿ですがきれいな形でしたので。


160410_6_2近くに相手はいないようでしたが、ディスプレイをしているようでした。


160410_2ハシビロガモ  ペアーで時々ディスプレイをしていました。


160410_6_3


160412_2_5三番瀬のハヤブサ シギチを逃がしてしまった、この日は憎まれ者のハヤブサ


160412_3_3


160412_3_4ミヤコドリ


160412_14好物のアサリを取り、取られないように群れから離れます。


160412_15威嚇のポーズ

160417 サシバ

4月17日 サシバ 印旛沼

この鳥枯れの時期、サシバを求め水田の山際を流していて、狙い通りの出会いがあると嬉しくなります。

160417_3サシバ 山際を走っていると突然目の前から飛び立ち、近くの木に止まってくれました。


160417_4この個体はまだペアーになっていない放浪中らしく、最後は山を越え遠くへ行ってしまいました。


160417_8


160417_13の写真の木から、すぐ近くのカキの木に飛んできてくれました。


160417_14


160417_15近くで見る黄色の目は鋭くきれいです。


160417_19の写真の後、水田でカエルを捕まえ(土手があったため残念ながら写真は撮れず)、食後の羽繕


160417_21


160417_24

2016年4月16日 (土)

160410 手賀沼の鳥

4月10日 手賀沼の鳥

160410_5オオジュリン ここのオオジュリンはなぜか近くまで寄ってきてくれます。


160410_6


160410_1コゲラ なかなか良いところに止まってくれません。


160410_10


160410_3_2


160410_1_2コブハクチョウ 大きな巣に驚きです。


160410_3モズ 雛はもう巣立っていて餌を与えているのですが、餌は♂が捕まえ♀に渡し餌やりは♀の仕事のようです。


160410_5_2

2016年4月15日 (金)

160412 水元公園

4月12日 水元公園  東京都

夏鳥が入ったということで行ってみたのですが、目的の鳥は声はすれど姿見えずで2時間ぐらいで諦めてしまいました。

160412_2シジュウカラ 巣作りに一生懸命でコケを集めていました。


160412_3


160412_2_2シメ まだ群れで居残っています。


160412_1シロハラ


160412_2_3


160412_2_4ツグミ 桜の木の中なのですが、枝が少し大きすぎました。イメージはもう少し桜色が出る予定だったのですが。


160412_3_2


160412_4

2016年4月14日 (木)

160412 オオソリハシシギ他

4月12日 オオソリハシシギ他 三番瀬

久しぶりの三番瀬だったのですが、鳥が少なく、潮が引いても干潟になかなか下りず、更にハヤブサが現われ目的のシギチを追いやるはで残念な一日となってしまいました。

160412_1オオソリハシシギ いつも思うのですが、シギ類の嘴は柔らかく写真のように自在に動かせるようです。


160412_5ハヤブサが来た後はこの1羽だけが残ってくれました。


160412_8


160412_11


160412_14


160412_7ネットの上で待機中


160412_9ハマシギ


160412_11_2左の大きいのは今季初のチュウシャクシギです


160412_9_3ハマシギ

2016年4月13日 (水)

160411 稲敷の鳥

4月11日 稲敷の鳥

160411_1エリマキシギ 越冬のエリマキは2羽だったはずで、今回は7羽と渡りの群が入ったと思いますが、残念なことに夏羽への移行のものはいないよいうでした。


160411_4


160411_2ダイサギ 夏羽できれいです。


160411_1_2タカブシギ・コアオアシシギ コアオアシシギ2羽は越冬個体と思われます。


160411_3


160411_3_2


160411_2_2チュウサギ 今季初のチュウサギです。


160411_3_3

2016年4月12日 (火)

160410 ツミ

4月10日 ツミ 千葉県

160410_2_2ツミ♂


160410_3_2見返り 頭に白いものが付いていてしまっていますが。


160410_5_2


160410_23新緑の中の♂


160410_25

2016年4月11日 (月)

160410サシバ

4月10日 サシバ 印旛沼

今年も何時もの場所でサシバに出会うことができました。

160410_3サシバ 1ヵ所目のサシバ♂


160410_81ヵ所目のサシバ♀


160410_12杉の天頂に止まるサシバ


160410_2


160410_52ヵ所目のサシバ♂


160410_7


160410_13杉の天頂で交尾ですが、この後カラスがモビングに来て残念。


160410_14両翼をきれいに広げてくれました。

2016年4月10日 (日)

160409 カワガラス巣立ち雛

4月9日 カワガラスの巣立ち雛  神奈川県

3羽巣立ったという内の2羽が見られました。

160409_36カワガラス巣立ち雛 一番小さい雛らしく親から餌を盛んにもらっていました。


160409_70い尾をピント上げかわいいもんです。オジロトウネンよりも直角に上がります。


160409_74


160409_82から餌をもらうところ。 大きな黄色の口の中を見せます。


160409_85


160409_86きな口の中に親の頭がほとんど入るくらい入れてます。


160409_89が離そうとすると、雛はやだとばかりに押さえ込んでいるようです


160409_91雛が親に比べ大きいように感じます。今回はあまり餌を持ってこずに、2回目の巣作りに一生懸命なカワガラス夫婦でした。

2016年4月 9日 (土)

160409 カワガラス

4月9日 カワガラス 神奈川県

有名なカワガラスポイントに、情報を得て初めて行ってきました。

よくTVで見る滝の裏側の巣に飛び込む様子を初めて目にして感動ものです。

雛が3羽巣立ったということですが、今日は2羽が見られただけでした。

また滝の裏によく飛び込むので、まだ雛が居て餌やりかなと思っていたのですが、よく見るとコケ類を咥えていました。

巣立ち雛に餌をやりながら、次の繁殖の準備のようです。

160409_7カワガラス ピント位置を見つけるために、何十枚も撮り、やっとピント位置が決まった時です。しかし滝の白が強く露出も+2前後でした。


160409_12結構強い流れの中を飛び込んでいきますが、見ている時に連続3回しっぱして滝つぼに落とされることもありました。


160409_13カメラを変えたことによる連射の賜物です。


160409_14きなコケの固まりを運んでいます。


160409_15


160409_19


160409_21う見ると激しい流れです。


160409_27それでも流れの薄いところに穴があります。

2016年4月 8日 (金)

160403 オオジュリン・チョウゲンボウ・ノスリ

4月3日 オオジュリン・チョウゲンボウ・ノスリ 印旛沼

160403_1オオジュリン 雨覆が夏羽に変わってきているようです。


160403_3


160403_4


160403_1_2チョウゲンボウ 獲物を狙っています。この後ネズミを捕まえ食べているところの写真もあるのですが、出すに忍びなく探す画像だけにします。


160403_2


160403_1_3ノスリ そろそろ会えなくなりそうなノスリ


160403_4_2

2016年4月 7日 (木)

160403 遊水地

4月3日 市川 遊水地

160403_1_3カワラヒワ


160403_1_4別の場所 霊園のシジュウカラ


160403_2


160403_2_2ツグミ 今色々な所で一番で会います。


160403_3_3


160403_1_5い出会いでしたが、今季初認です。既に巣作り中です。


160403_2_3


160403_1_6モズ

2016年4月 6日 (水)

160403 三番瀬

4月3日 三番瀬

シギチの渡りを期待して行ったのですが、雨に降られるは、暗い曇り空で鳥は居ないという4月最初の鳥見としては悲しいものでした。

160403_6_3ウミアイサ まだ多数が残っていたウミアイサですが、色がまったく出ません。


160403_8_2♂♀ペアーでしょうか。


160403_10ミサゴに驚き飛んだところ 


160403_1_2シギ ミユビシギとハマシギにダイゼン1羽の子の群のみでした。 


160403_3_2グレー一色の世界です。


160403_4_2ミヤコドリ 静かなグレーの中で随一目立つミヤコドリ


160403_5_3


160403_7


160403_18頸に白い模様が入るミヤコドリです

2016年4月 5日 (火)

160403 ホオジロ

4月3日 ホオジロ 印旛沼

印旛沼を車で走っていても、この時期なかなか鳥に出会いません。

何時もの場所で、サンカノゴイの声をやっと聴いたぐらいですが、常連のホオジロが、珍しく水田の雑草の花畑にいるところに出会い撮ってみました。

160403_1ホオジロ


160403_4


160403_5_2い花はタネツケバナと思うのですが、その種を一生懸命食べています。


160403_6_2

2016年4月 4日 (月)

160403 ハヤブサ

 4月3日 ハヤブサ 印旛沼

160403_3ハヤブサ この時期に初めて見る場所での出会いでした。


160403_5い個体ですので、繁殖に入れない放浪中かな。


160403_6小雨降る中での撮影で曇り空のため+3でも苦しいです。


160403_8


160403_9

2016年4月 3日 (日)

160403 オジロビタキ

4月3日 オジロビタキ 千葉県

4月に入り初めての鳥見ですが、良い被写体が居ません。

いろいろ動き回り撮ってきたオジロビタキです。

160403_2オジロビタキ そろそろ旅立つ時期と思いますが、最後にどうにか合うことができました。


160403_3出会いはワンチャンスで、この枝に止まった時だけでした。


160403_5喉の部分が薄く色づいてきているようです


160403_6


160403_8


160403_10何時撮っても愛嬌のあるオジロビタキです。


160403_13

2016年4月 2日 (土)

庭の草花の芽吹き

4月2日 今日も用があり鳥見に行けなかったため鳥の写真の貯金もなく、仕方なく自宅の庭に植えられている草花の芽吹きをマクロで撮った写真の掲載です。

ちょっと変わったところを撮ってみました。

160402_7名前を忘れてしまったのですが、何年も種を落としながら毎年花を咲かしています。 


160402_1オダマキ


160402_2カエデの芽吹き 


160402_4クロマツの松ぼっくりの子供です。まだまだ硬い状態です。


160402_2_2スカシユリ


160402_2_3スノーフレーク 可憐な花です


160402_2_4いチュウリップのメシベ


160402_4_2ツルニチニチソウの雌しべ、雄しべ


160402_2_5まだまだ硬い藤のつぼみ


160402_3ブルーベリーの芽吹き やっと動き出しました。

2016年4月 1日 (金)

過去の写真 カモメ・スズガモ

い過去の写真 3月 カモメ・スズガモ 葛西

私事ですが、待ちに待った定年を迎えました。

37年間のサラリーマン生活の中ではいろいろありましたが、無事全うすることができ自分でも感慨深いものがあります。

趣味も最初はフィッシングでしたが、年を取るにつれて船に乗る体力が無くなり、小さいころから好きであった鳥の世界に7年前より戻ってきました。

しかし、3月31日に定年となりましたが、事情があって3ヶ月だけ週3日の勤務で仕事をすることになってしまいました。

仕事を一気にやめると、精神的にも負担が大きいので、3ヶ月のクールダウン期間としてちょうどいいかもしれません。

それでも時間には余裕ができますので、これから何をしようかと思いますが、やりたいことがあまりにも多くて嬉しい悩みを抱えています。

これで皆様からの貴重な情報にすぐ反応できるのが嬉しいと思うとともに、自分なりに発見もしていきたいと思っています。


160312_2カモメ  優雅に飛ぶカモメです。


160312_4


160312_5


160312_2_2スズガモの群


160312_4_2


160312_5_2

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30