« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

160529 アカモズ




5月29日 アカモズ 静岡県

特定な地域でしか見られなくなったアカモズに今年も出会うことができました。

160529_6アカモズ 青空の下きれいなアカモズでした。


160529_7初めて500mmにテレコン1.4を付けてAPS-C機で撮ってみました。換算1120mmです。なんとか行けそうで、これからも使ってみようと思います。


160529_8♀を呼んでいるのか、盛んに鳴いていました。


160529_14さな虫を捕まえてきました。


160529_32こちらでは蜂を捕まえてきたようです。


160529_37


160529_42こちらも小さな蜂のようです。写真で見ると止まっているアカモズの周りに黒い点がたくさんあり結構虫が飛んでいます。


160529_57

160529_60今回はなかなか背中側を撮れなかったのですが、随一背側を撮れた1枚です。きれいな赤です。


160529_70モズのペリットを吐き出すところが撮れました


160529_73飛出しも狙ったのですが、どうにか撮れた1枚。

2016年5月30日 (月)

160528 九十九里で出会った鳥

5月28日九十九里浜で出会った鳥

160528_2アジサシ 今回も珍し系のアジサシには出会えず。


160528_3


160528_4波とアジサシ


160528_8


160528_8_2コアジサシノ求愛 今回は1週間前と比べコアジサシの数が急増したように感じました。


160528_14九十九里海岸という感じのコアジサシの抱卵でハマヒルガオとともに。


160528_25


160528_1シロチドリも抱卵中のようです。

2016年5月29日 (日)

1605 飛島の鳥 No7

4月30日~5月3日 飛島の鳥No7  山形県

160503_3ウトウ 初見です。


160502_5コマドリ なかなか姿を見せないコマドリですが、やっと開けたところで見ることができました。


160503_6い谷底でしたが、新しいカメラのおかげで普通に撮れました。


160501_4ノゴマ 学校に校庭でたくさんの人を楽しませたノゴマです。


160501_6


160501_7


160501_8偶然輪の中にちょうど顔が入りました。


160502_2


160502_3ハチジョウツグミ


160501_1ホオアカ

2016年5月28日 (土)

160528 ハシボソミズナギドリ

5月28日 ハシボソミズナギドリ 銚子

今、銚子漁港ではマイワシの水揚げ中で、そのおこぼれを狙って北上中のハシボソミズナギドリが大挙してやってきています。

普段沖を飛んでいる鳥がすぐ目の前を飛び回っています。

情報をいただき行ってみたのですが、初めての光景でした。

160528_2ハシボソミズナギドリ 今日は残念なことに、天気が曇り空で色が出ずモノトーン気味になってしまいました。


160528_4着水


160528_7何時ものパタパタ


160528_11目の前を横切っていきます


160528_22


160528_30真正面から向かってきたところで、顔を抜き取ってみました。


160528_33


160528_42が出てくれれば良かったのですが、


160528_43


160528_44

2016年5月27日 (金)

160523 フクロウ巣立ち雛

5月23日 フクロウ巣立ち雛 千葉県

160523_3フクロウ雛 


160523_13_2つぶらな瞳に引き寄せられます


160523_20


160523_21


160523_31


160523_32は大人顔負けで太く爪も大きいです。


160523_43


160523_45愛嬌のある姿です。顔の形は可愛く見えるアザラシ類にも似ています。


160523_47・嘴・肢は既に一人前です。


160523_55最後にやっと動きが出たあくび

2016年5月26日 (木)

160523 印旛沼の鳥

5月23日 印旛沼の鳥

160523_1_2サシバ 最近目にすることが減ってきたサシバですが、久しぶりに電柱の上ですが出会うことができました。


160523_2


160523_3


160410_8ツミ 4月初めのツミですが、未掲載分がありましたので遅まきながら掲載です。


160523_2_2ユリカモメ 遅い渡りの集団が南から北へ一直線に飛んでいきました。


160523_11ヨシゴイ 今回は近い場所に顔を出してくれました。


160523_18


160523_21_2まだ腕がなく飛出しについていけません。


160523_23


160523_24

2016年5月25日 (水)

160523 九十九里浜の鳥

5月23日 九十九里浜の鳥

160523_1アジサシ 2週続けて珍し系のアジサシを求め行ったのですが、何時もの顔ぶれだけでした。


160523_12コアジサシ 2羽のペアーと思われますが、まだ愛は熟していないようでした。


160523_19今回は干潮時間できれいな砂浜での撮影となりました。


160523_21


160523_25押し寄せる波の中での水浴びですが、波乗りのように引き波時はかなり流されていました。

160523_29面白い恰好の水浴び姿を1枚


160523_13ミユビシギ 引き潮で平らな所を波が来るため、先端が泡状になって押し寄せてきます。


160523_22


160523_26


160523_31じっとして待っているとどんどん近寄ってきますが、顔を上げ目が合うと一目散で離れていきます。楽しいひと時です。

2016年5月24日 (火)

160523 フクロウ親

5月23日 フクロウ親 佐倉市

今まで出会いが少なかったフクロウですが、今年は2ヶ所で出会うことが叶いました。

1ヶ所は自宅から1~2分の神社で灯台下暗しのそのものでしたが、残念ながら撮影には不向きな環境です。

160523_1フクロウ やっとそれなりのフクロウの撮影ができました。


160523_2下のほうを警戒中です


160523_3きな透き通るような目です。


160523_10


160523_11


160523_16


160523_21


160523_22顔面が本当に大きなパラボラアンテナのようです(23日のBSTVでやっていました)


160523_26い爪です。

2016年5月23日 (月)

160522 印旛沼周辺で出会った鳥

5月22日 印旛沼周辺で出会った鳥

160522_3アオバズク 今年も何時ものところにやってきました。


160522_8


160522_3_2オオヨシキリ 今印旛沼の葦原で一番元気な鳥です。


160522_4光線の強い今はやや逆光のほうが色が出るようです。


160522_9


160522_9_2ツミ♀ 抱卵中ですが、休憩で巣を離れて羽繕です。


160522_13を広げての伸び


160522_20左右を伸ばして運動


160522_35ツミ♂


160522_9_3フクロウの雛 自宅近くの神社のフクロウです。枝の多い木の中での発見で枝かぶりだけです。

2016年5月22日 (日)

160522 ヨシゴイ

5月22日 ヨシゴイ 印旛沼

今年も印旛沼にヨシゴイがやってきました。

これから暑い湖畔で楽しませてくれることでしょう。

160522_2ヨシゴイ 毎年撮影には苦労していますが、今年も遠いときにはどうにかピンが来るのですが、突然飛び上がる目の前ではまったく追い切れません。今年は何とか近くの飛翔を撮ってみたいです。


160522_4の切れ目を飛ぶヨシゴイ


160522_7やっと姿を見せてくれたヨシゴイです。


160522_11


160522_12


160522_14


160522_16


160522_18どうにか見られるかという飛び上がりです。

2016年5月21日 (土)

1605 房総の山で出会った生き物

5月9日~20日 房総で出会った生き物

160520_3カジカカエル ちょっとした渓流でよく見られいい声で鳴いていました。


160520_3_2カルガモ


160520_5さな池で見られたカワセミ


160509_2キセキレイ 


160516_2登山道横に巣があるため、登山者が通るたびに近くの電線上で警戒です。


160514_3フクロウ これは自宅近くの神社のフクロウで、まだ巣立ちは先のようです。


160520_1モンシロチョウ


160520_1_2ヤマセミ


160520_10


160520_13

2016年5月20日 (金)

160513 ミソサザイ

5月13日 ミソサザイ 戸隠

160513_12ミソサザイ 森の中でバックが明るい枯れ木の上で鳴くミソサザイ


160513_14


160513_19距離3~4mのミソサザイ 近すぎです。


160513_20


160513_24


160513_25さい体からは想像できない大きな声で囀ります。


160513_29


160513_32

2016年5月19日 (木)

160515 ミユビシギ

5月15日 ミユビシギ 九十九里

160515_5ミユビシギ いろいろなシギを期待したのですが、遅かったのかミユビシギとキョウジョシギだけでした。


160515_11ミユビシギも波との撮影を狙ったのですが、陽炎がひどくシャープに写りません。


160515_20三番瀬とは違った雰囲気で砂浜がきれいです。


160515_25_2


160515_30


160515_35

2016年5月18日 (水)

160515 アジサシ

5月15日 アジサシ 九十九里

160515_3アジサシ 少し早いかなとも思いましたが、九十九里海岸に珍し系のアジサシ類が居ないかと行ってみましたが、アジサシの大群が休んでいるだけでした。


160515_4今回は波とアジサシを狙ってみましたが、ピンがバックの波のほうに行ってしまいどうしてもうまくいきません。


160515_9波打ち際に休むアジサシ 天気が良すぎて陽炎がひどかったです。


160515_14次々に沖から休むためにやってくるのですが、うまくいきません。


160515_15


160515_16


160515_25今日は風上側に顔が向いてしまうため、狙った側からはこの形しか撮れませんでした。


160515_26

2016年5月17日 (火)

160513 アカゲラ

5月13日 アカゲラ 戸隠

160513_3アカゲラ 目の前の小さな穴に虫でもいるのか、盛んに首をかしげながら伺っていました。


160513_4きれいな♂です。


160513_7_2


160513_11


160513_16


160513_17バックが緑だと鳥が映えます


160513_23珍しく普通の鳥のような止まり方をしてくれました。


160513_26

2016年5月16日 (月)

1605飛島No6 コホオアカ

飛島No6 コホオアカ

160501_1_2コホオアカ 今季関東でも出ましたが、見に行けずやっと見ることができました。


160501_2_2


160501_17コホオアカ1Wのようです。


160501_21_2

160501_23成鳥コホオアカ


160501_29夕方人が少なくなるとすぐ近くまで来てくれました。


160501_30


160501_32


160501_37校庭に生えている草の実を盛んに食べ、これからのまだまだ長い渡りに備えています。

160513 オオアカゲラ

5月13日 オオアカゲラ 戸隠

160513_1オオアカゲラ ♀が侵入し警戒しています。


160513_7最初、♂が侵入したと思っていましたが、写真を見ると頭が赤い♂1羽 黒い♀が2羽でした。左の個体が侵入者らしいです。


160513_13餌を捕っているのか、穴の中を突いていました。


160513_15


160513_18からの飛出しです。


160513_22アリのようなものを運んでいます。


160513_29カミキリムシの幼虫と思うのですが。


160513_32を与えると、巣穴に入って雛の糞を回収し、外敵に見つからないように遠いところで捨てるようです。

2016年5月15日 (日)

160501・0513 クロツグミ

5月1日飛島と5月13日戸隠のクロツグミ

今年はなぜかクロツグミに良く出会います。

タイミングというかこんな年もあっていいのでは、嬉しい限りです。

160501_8クロツグミ飛島


160502_1キヅタの実を食べに来たクロツグミ


160503_4クロツグミの♀


160503_7キヅタの大きな実を丸呑みです。


160513_7戸隠のクロツグミ ちょうど頭掻きをするところで、うまく撮れました。

160513_9天気がいいとやはり色もきれいに出ます。


160513_12囀りも見せてくれました


160513_14

2016年5月14日 (土)

160513 マミジロ

5月13日 マミジロ 戸隠

やっと出会いを待っていたマミジロに会えました。

高い木の頂上付近のマミジロのため、大トリミングをしていますが撮影も出来ました。

160513_1マミジロ 声はすれど姿がなかなか見えなかったのですが、やっと発見しての出会いでした。


160513_12眉斑の白が目立ちます


160513_14


160513_17盛んに鳴いてくれたおかげでの発見です。


160513_19


160513_20最後は、もう一羽が襲ってきて飛び去ってしまいましたので、ここには2羽居たことになります。

2016年5月13日 (金)

1605 飛島No5 キマユホオジロ

飛島No5 キマユホオジロ

160501_1キマユホオジロ 今回飛島ではずっと群れで居て最後は「なんだ」となってしまったキマユホオジロです。


160501_4_3校庭にいたキマユホオジロ


160501_7


160501_14_2


160501_16


160502_12桜の木のキマユホオジロ


160502_13


160502_14まだ桜が一部残っておりちょうどいいところに止まってくれたキマユホオジロ

2016年5月12日 (木)

160501 飛島No4 カラフトムシクイ

5月1日 飛島No4 カラフトムシクイ

160501_2カラフトムシクイ 2度目の出会いです。


160501_4_2新緑の木の中をちょこちょこ動いていたのですが、いいところで止まってくれました。


160501_5


160501_10腰の黄色が目立ちます。


160501_14頭央線もどうにか見えます。


160501_15


160501_21

2016年5月11日 (水)

160507 印旛沼の鳥

5月7日印旛沼で出会った鳥

160507_1サシバ

160507_2


160507_6ツバメとサシバ ツバメが電柱に止まるサシバにモビングを盛んにしていましたが、うまくその場面を撮れました。サシバは無関心です。


160507_4風が強い日だったため、水田のシギ類は畔を風よけにしていました。


160507_7ザリガニを捕えたチュウシャクシギ


160507_14


160507_1_2最近の水田地帯はムナグロとチュウシャクシギ、キョウジョシギが良く見られます。


160507_3


160507_9水田を飛び回るムナグロとキョウジョシギ


160507_2_2竹やぶの中のモズ 竹の枝に獲物を引っかけてうまい具合に食べています。


 



2016年5月10日 (火)

190505 稲敷の鳥

5月5日の稲敷の鳥

160505_6エリマキシギ♀


160505_1オオハシシギ


160505_1_2ムナグロとキョウジョシギ


160505_6_2水浴び後の飛び上がり


160505_5夏羽のムナグロ ムナグロの夏羽はこのような苗が植えられた水田が似合う気がします。


160505_7


160505_11


160505_35に乗ったムナグロの群


160505_38ムナグロ・キョウジョシギとトウネンが1羽います。

2016年5月 9日 (月)

190501飛島No3 ヤツガシラ

5月1日 飛島No3 ヤツガシラ

160501_4ヤツガシラ 飛島では見る確率が高い人気種です。


160501_6今回も森の中の一定の探索路に出ていましたが、カーブが多く出会いは突然で大概飛ばしてしまいます。


160502_1


160502_6探索路のすぐ横で餌取


160502_10


160502_11


160502_32一回だけ開いてくれた冠羽


160502_34


160502_42探索路を大勢の観客から離れていきます。

2016年5月 8日 (日)

160505 アジサシ・アカエリカイツブリ

5月5日 アジサシ・アカエリカイツブリ 銚子・波崎

160505_1アカエリカイツブリ 夏羽に変わってきたアカエリカイツブリ


160505_3


160505_4


160505_5頭部がスマートな感じのするアカエリカイツブリ


160505_3_2アジサシ 今年もアジサシの季節がやってきました。


160505_5_2今年はどんな珍し系に出会えるのか楽しみです。


160505_11銚子漁港の一角で小魚を狙い飛び回っていました。


160505_12


160505_15

2016年5月 7日 (土)

160505 シロエリオオハム

5月5日 シロエリオオハム 波崎

160505_40シロエリオオハム 前日の大風で避難してきたのか漁港内には7~8羽のシロエリオオハムが見られました。

160505_41

160505_42残念ながら夏羽はいませんでした。居合わせたバーダーの話では早い時間には夏羽個体やオオハムも居たそうです。

160505_1岸壁近くのため、釣り人の投げた仕掛けの黄色い釣糸が顔のところに見えます。

160505_113羽のシロエリオオハム

160505_12こんなにまとまって見られるのは初めてです

160505_16何時ものパタパタです。

160505_21

2016年5月 6日 (金)

160501 飛島No2 ムジセッカ

5月1日飛島No2 ムジセッカ

今年の春、関東で出た時にまともに撮れなかったムジセッカをやっと撮ることができました。

今回も姿を見たのはこれ1回で、うまく藪の隙間覗けるところに止まってくれた時の撮影でした。

160501_1ムジセッカ ノートリ画像です。近くでうまい具合に隙間からの撮影です。


160501_2


160501_5ほんの少し止まってくれた時に連射


160501_6


160501_7


160501_10


160501_13に出た一瞬の1枚だけ

2016年5月 5日 (木)

160505 サルハマシギ

5月5日 サルハマシギ 稲敷

今日はゆっくりと出発して稲敷から銚子をぐるっと回ってきました。

エリマキシギの夏羽換羽中の♂は見られませんでしたが、代わりにきれいなサルハマシギに出会うことができました。

160505_159サルハマシギ、ムナグロ、キョウジョシギ  


160505_167突然のサルハマシギの伸びで、どうにか撮れました


160505_178


160505_184今までで一番の色と思います


160505_188


160505_198


160505_225


160505_242

2016年5月 4日 (水)

160501 シロハラホオジロ

5月1日 シロハラホオジロ 飛島

連休の前半は4月30日から5月3日まで恒例の飛島へ行ってきました。

天気予報では、1日以外は天気が良かった予報だったのですが、太陽をきれいに見たのは最後の3日だけで、後は曇りや雨ということで撮影条件としては非常に厳しいものでした。

行きの船では、波が高かったため2度、3度と空中遊泳をしているような状況となり、怪我人も出てしまうような状況でした。

しかしながら天気が悪かった分、今までになく種類は多く冬鳥、夏鳥と入り交ざり85種と一番多くなりましたが、初見は、キマユムシクイとウトウの2種だけでした。これでやっと371種となりました。

160501_6シロハラホオジロ 最悪の撮影条件でしたが見たかった夏羽のシロハラホオジロの♂にやっと出会えました。ISO16000 SS 1/320の撮影です。


160501_85本の白線が特徴です。


160501_10疲れているのか、ある距離まで近寄っても逃げようともしません。


160501_12


160501_17


160501_19


160501_20真正面顔が特徴的で、ホオジロと違い頭央線が一本多くなります。

2016年5月 3日 (火)

160419 ミヤコドリ

4月19日 ミヤコドリ 三番瀬

160419_4ミヤコドリ ベストタイムの朝日の中でのミヤコドリです。


160419_13_2水浴び後もいつものパタパタです。


160419_14


160419_15


160419_16真正面からの飛翔


160419_22


160419_24嘴の赤がきれいですが、よく言われる人参そのものです。


160419_32

2016年5月 2日 (月)

160419 ダイゼン

4月19日 ダイゼン 三番瀬

160419_2ダイゼン 朝早くの光できれいに目も出てくれます。


160419_5


160419_7最初に干潟に降りてくると、よく水浴びをしてくれ、その時がシャッターチャンスと写すのですが、なかなか思うような形のポーズが撮れません。

160419_13


160419_17


160419_21から海面すれすれに飛んできてくれました。初めての場面です。


160419_26着地


160419_28

2016年5月 1日 (日)

160425 チュウシャクシギ・コジュリン

4月25日 チュウシャクシギ・コジュリン 成田市・稲敷

160425_3_2コジュリン 稲敷 繁殖準備中で盛んに鳴いていました。この近くで♀がウロウロしていましたので、期待できそうです。


160425_4


160425_5_2い顔のため目がなかなか出ません。


160425_10


160425_6チュウシャクシギ 成田市


160425_8何時も広い水田で探すのですが、今回は道路際の狭い水田にいて逆に見逃すところでした。


160425_9


160425_11今回も残念なことに斜光でうまくいきません。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30