« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

170130 クロサギ

1月30日 クロサギ 銚子

鳥見の予定がなかったのですが、急きょ時間ができたため現地着12時になってしまいましたが、銚子方面に行ってきました。

しかし案の定鳥は少なく、風も強かったため車から外に出る元気もなく、あまりシャッターを押すことなく終わってしまいました。

そんな中で、今までになくクロサギだけが遊んでくれました。

170130_1クロサギ いつも見られる場所のクロサギですが、潮加減が良く岩から岩に飛び移りながらの移動をしてくれました。


170130_5


170130_11やっと撮れた飛翔写真です。


170130_15


170130_22今回は餌を捕る場面には遭遇できませんでした。


170130_25


170130_33


170130_36


170130_38


170130_44途中、羽繕でなく体をブルブルと膨らませて、初めてのポーズをしてくれました。


170130_45

170119-23 九州遠征No8 ハイイロチュウヒ

1月19日~23日 九州遠征No8 ハイイロチュウヒ

17011923_3ハイイロチュウヒ この日は天気が悪かったものの、適度に風があったためハイイロチュウヒには良かったらしく、一定の地域を飛んだり降りたりの連続でした。


17011923_9


17011923_10さかんに飛んでいましたが、今回は餌を捕ったところは見られませんでした。


17011923_15近くも飛んでくれるのですが、車の中からではやはり飛びものの撮影は苦しいです。


17011923_21


17011923_22


17011923_23飛び回る時の速度は早く、飛ぶ方向を予想し待っていてもあっという間に抜けて行ってしまいます。


17011923_27


17011923_30


17011923_34


17011923_35

2017年1月30日 (月)

170128 イカル・コイカル

1月28日 イカル・コイカル 愛知県

ある鳥に会いたくなり、関西方面に日帰りで約1,300km走り行ってきました。

教えていただいた4種のうち1種は時間が無くなり見られませんでしたが、初見を含め3種は達成でした。

最初の写真はコイカル雌です。

170129_3イカル コイカル♀と行動を共にしていたイカルです。


170129_4


170129_9大好きなひまわりの実を食事中。


170129_10


170129_11コイカル雌 関東でも出ているようですが、今回はついでになってしまったコイカルでした。


170129_12森を背景にバックがいい感じになりました。


170129_15


170129_17


170129カワセミ


170129_2シメ


170129_2_2シロハラ 部分白化のシロハラと思いますが。目の周りが白くなっています。

170119-23 九州遠征No7 カツオドリ・ツクシガモ

1月19日~23日 九州遠征No7 カツオドリ・ツクシガモ 

17011923_1カツオドリ 熊本から島原のフェリーで見たのですか、往復で5回見ましたのでかなりいるように感じます。この写真はフェリーの横の標識の上で近かったです。


17011923_3


17011923_2ツクシガモ 関東では珍鳥ですが、九州では普通に見られるかもです。


17011923_6海岸線の後背地の水田に満潮になってくると、この水田に集まってきました。


17011923_9飛出しは全て後ろからで残念でした。


17011923_12


17011923_14


17011923_19


17011923_22静かな水面に映りきれいです。


17011923_23

2017年1月29日 (日)

170119-23 九州遠征No6アカツクシガモ

1月19日~23日 九州遠征No6アカツクシガモ 諫早

思いがけず諫早でアカツクシガモを見ることができました。

地元のバーダーからの情報で、昔々京葉港の造成中に見て以来の出会いでした。

17011923_1アカツクシガモ


17011923_2_3少し遠かったですが嬉しい出会いです。


17011923_5_3きれいな姿です。


17011923_6


17011923_8_2調整池で風に流されるままでいたのですが、突然飛出し前方へ移動してくれました。


17011923_13_2


17011923_14_2


17011923_15白と黒、赤と目立つ色できれいです。


17011923_16_3


17011923_24


17011923_26

170119-23 九州遠征No5 マナヅル

1月19日~23日 九州遠征No5 マナヅル

今回でツル4種の終了です。

17011923_5_2マナヅル 


17011923_8通常日本で見られるツルの中では、一番ツルらしいと思っているマナヅルです。


17011923_11_2もう少し天気が良いときの緑の中で撮りたかったのですが、今回は望みどうりには行きませんでした。


17011923_16_2


17011923_28奥のネットは東干拓の餌場を囲っているもので、今回はほとんどが東干拓での撮影でした。


17011923_34


17011923_40この緑の草の中にどんな餌があるのか不思議です。


17011923_42


17011923_60塒入りの飛び立です。


17011923_65


17011923_67きれいに並んでくれました。

2017年1月28日 (土)

170125 アカエリカイツブリ・ウミアイサ・コチョウゲンボウ・ハジロカイツブリ

1月25日 アカエリカイツブリ・ウミアイサ・コチョウゲンボウ・ハジロカイツブリ 波崎・銚子

170125_1アカエリカイツブリ もう少しで夏羽も見られるようになり楽しみです。


170125_4


170125_4_2ウミアイサ 今季は出会いが多くついつい撮りすぎてしまいます。脇の白黒の羽がきれいです。


170125_2


170125_4_3


170125_3コチョウゲンボウ 他の鳥を待っていると向こうから近くの電線に飛んできてくれたのですが、位置的に手前の電線が被ってしまいました。


170125_3_2ハジロカイツブリ 今回は水浴び編です。


170125_5可愛い仕草での水浴びです。


170125_6


170125_8


170125_10小さい羽で飛ぶ姿はあまり見たことがなく、羽ばたきがやっとです。

170119-23 九州遠征No4 ナベヅル

1月19日~23日 九州遠征No4 ナベヅル

17011923_2ナベヅル親子


17011923_3


17011923_4ナベヅルの淡色系でしょうか。


17011923_52羽並ぶとそう思えるのですが。


17011923_11


17011923_12緑の中がやはり映えますが、こちらの望み通りのところにはうまく来てくれません。


17011923_13


17011923_14


17011923_19

17011923_16ナベヅル若

2017年1月27日 (金)

170125 ハヤブサ

1月25日 ハヤブサ 神栖

今季はよく登場となるハヤブサです。

この場所では、若と成鳥が居るようですが、同じ時間で見られることはありません。

170125_2ハヤブサ


170125_7なぜか飛んでもすぐ近くに降りてくれました。食後でしょうか。


170125_8


170125_9食後の大欠伸?


170125_10


170125_13


170125_20ノスリがやってきて追い払うため飛び立ちましたが、またまた同じところに戻ってきました。 このハヤブサの毎日の定位置。


170125_23


170125_27なんだかわからない格好をちょっとの間してくれました。


170125_29立ち上がり何ともない姿ですが、目を見ていると近かったこちらを認識しているような視線を感じてしまいます。


170125_30

170119-23 九州遠征No3 カナダヅルと風景

1月19日~23日 九州遠征No3 カナダヅルと風景

17011923_5カナダヅル1羽とナベヅル


17011923_6ナベヅルの集団の中でちょっかいを出されているカナダヅル。


17011923_8


17011923_133羽のカナダヅル


17011923_152012年に土浦で見て以来のカナダヅルです。


17011923_16


17011923_8_2ツルのいる風景 塒入りの時で、この感じは40年前のものと変わらない、千葉にはない山をバックにしたもので、郷愁をそそります。


17011923_14


17011923_16_2遠いマナヅルの飛翔


17011923_19鉄塔が少し入ってしまいましたが、山を背景にしたツル

17011923_21

2017年1月26日 (木)

170125 ハイイロチュウヒ

1月25日 ハイイロチュウヒ 雌 利根川下流

170125_1ハイイロチュウヒ


170125_4遠くに飛んでいるハイイロチュウヒを発見し、移動できない場所のため、見守っていると珍しく車のほうに向かってきました。最後は車の前方を横切って行ってくれましたが、途中から速さについていけずです。


170125_7


170125_8


170125_9しぶりに目もきれいに写りました。


170125_10


170125_12


170125_13

170119-23 九州遠征No2 クロヅル

1月19日~23日 九州遠征No2 クロヅル

今回見られたツル4種の最初はクロヅルです。

一番最後まで見つけられず、監視員に聞いたりしながらの出会いとなりました。

17011923_2クロヅル どうにか自力で見つけたクロヅル1羽。


17011923_5餌場に居た6羽の群のうち4羽。幼鳥2羽と成鳥1羽、亜成鳥1羽です。


17011923_10頭頂が赤いのが成鳥。


17011923_13成鳥がマナヅルへの威嚇?です。


17011923_21

17011923_346羽の群 1列に並んでくれました。


17011923_26


17011923_38左の幼鳥1羽が隠れてしまいましたが、5羽がきれいに並んだところを撮ってみました。


17011923_461羽で居た個体の飛翔


17011923_53


17011923_635羽しか映ってませんが、6羽揃っての塒への飛び立です。

2017年1月25日 (水)

170125 オオハム・シロエリオオハム

1月25日 オオハム・シロエリオオハム 波崎

今シーズンはアビ類の漁港内への出現が早いようです。

今回はオオハムとシロエリオオハムが見られました。

170125_1オオハム 一つの漁港に3羽見られました。


170125_6


170125_12目が合うと飛び立つわけではありませんが、こちらを見ながら徐々に遠ざかっていきます。


170125_13頭が少しのっぺりしている個体です。


170125_14


170125_1_2シロエリオオハム 別の漁港で怪我をしているようで逃げる気配がまったくなかったシロエリオオハム。


170125_5チンストラップが見えます。


170125_7


170125_8


170125_9釣糸が絡まっているようです。


170125_13_2

170119-23 九州遠征No1 ナベコウ

1月19日~23日 九州遠征No1 ナベコウ

九州の出水・諫早へは学生の時に仲間と出かけて以来、約40年ぶりの再訪です。

その時は千葉から車で行ったのですが、高速はまだ中国道の三次までしか出来ていなくて、そこからは延々と一般道を走った記憶があります。

今回は飛行機で熊本に入り、レンタカーで約900kmの移動距離でした。

訪問先は、宮崎の御池、鹿児島の出水・さつま町・薩摩川内、熊本の八代、長崎県諫早のコースです。

全行程で105種と今までの最高記録となりましたが、初見はナベコウの1種のみで、予定したもう1種イワミセキレイが見られなかったのは残念でした。

今回簡単な下調べはしていったのですが、やはり現地に行くと広大さに手も足も出ない状況でしたが、現地の親切なバーダーに大変お世話になり楽しい鳥見ができました。

あらためてこのブログ上ですが、大変ありがとうございました。

最初の掲載は初見のナベコウです。

17011923_24ナベコウ 2羽で行動していることが多かったです。朝水路の中での餌取りです。


17011923_32飛翔場面 ノートリで頭上近くを飛んでいきました。


17011923_60


17011923_75


17011923_79随一 太陽が出た時の撮影です。金属光沢色がきれいでしたが、突然の太陽光で設定がうまくいきませんでした。。今回は全行程で曇りや雨が多く撮影条件としては良くありませんでした。


17011923_89


17011923_92


17011923_98少し明るくなると色がまったく変わってきます。


17011923_100


17011923_102水路への飛び降り


17011923_103

2017年1月24日 (火)

170117 アネハヅル

1月17日 アネハヅル 茨城県

遅ればせながら、アネハヅルの掲載です。

昨年秋に一度近県に現れ、行方不明となっていた個体と同一と思いますが、久しぶりの初見1種です。

170117_2アネハアヅル 雨覆の羽毛が少し痛んでいるように見えますが、飛翔には問題ないようです。


170117_3正面顔を見ると頬の白い羽毛により、他の鶴にはない特徴的な顔立ちです。


170117_7眼は赤い色で透き通るような感じです。


170117_15


170117_25


170117_32チョットお遊びのジャンプだけでした。


170117_33


170117_63


170117_79警戒して空を見ています。


170117_91飛翔


170117_98

2017年1月23日 (月)

170115 アメリカコハクチョウ・ウミアイサ・ハヤブサ

1月15日 アメリカコハクチョウ・ウミアイサ・ハヤブサ 銚子市・旭市

170115_3_3アメリカコハクチョウ・コハクチョウ


170115_2_3ウミアイサ


170115_3_4大きなカレイを捕まえましたが飲み込むのに苦労していました。


170115_4_3普通は鱗が引っかからないように頭から飲み込むと思っていたら、ウミアイサは関係ないのか、大きかったからか尾からの飲み込みです。


170115_7


170115_9この後カモメが襲ってきたため、一度水中にもぐり込み、浮き上がった時が下の写真ですが、食べたのか逃がしたのかは顔を見ても分かりません。


170115_10


170115_16


170115_17


170115_3_5白鳥の食事中の場所に突っこんできましたが、白鳥は小さいハヤブサには無関心でした。


170115_6横の水田に着地して思案顔

170112 ダイゼン・ミヤコドリ

1月12日 ダイゼン・ミヤコドリ 三番瀬

170112_3_4ダイゼン 干潟に降りる前の杭の奪い合い


170112_6_5


170112_10_2ダイゼンの着地


170112_12_2今の三番瀬はアオサの絨毯です。


170112_19


170112_10_3ミヤコドリ


170112_17この時期は落ち着いてミヤコドリに近づくことができます。


170112_25


170112_28


170112_2_3堤防上で干潟が出るのを待つミヤコドリ


170112_12_3富士とミヤコドリ  換算800mmではちょっと無理がありました。

2017年1月22日 (日)

170112 オオジュリン・オオバン・オナガガモ・ハジロカイツブリ・スズガモ・ホシハジロ

1月12日 オオジュリン・オオバン・オナガガモ・ハジロカイツブリ・スズガモ・ホシハジロ 三番瀬

170112_1_2オオジュリン 三番瀬にある小さな葦原にやってくるオオジュリン


170112_3_2


170112_5_2


170112_6_4オオバン 今干潟で一番目立つオオバンです。


170112何かに驚き逃げるオオバン


170112_3_3オナガガモ


170112_12スズガモ


170112_2_2ハジロカイツブリ


170112_4_5このシーン 空中に浮いた感じを撮ろうとするのですが、この位置ぐらいがやっとです。


170112_5_3頭掻きかきのポーズ


170112_4_6ホシハジロ

170112 シロチドリ・トウネン

1月12日 シロチドリ・トウネン 三番瀬

170112_3シロチドリ 今広い三番瀬の干潟をチョコチョコ動き回る人気者。


170112_4カニを捕まえカモメに取られないよう警戒して素早い食事です。


170112_8


170112_9


170112_10


170112_4_2トウネン 越冬中で3~4羽居るようです。


170112_5夏羽の色とは全く違ったグレーの鳥です。


170112_6


170112_7


2017年1月21日 (土)

170112 ハジロコチドリ・ハマシギ・ミユビシギ

1月12日 ハジロコチドリ・ハマシギ・ミユビシギ 三番瀬

170112_6_2ハジロコチドリ 1羽が越冬中です。久しぶりの出会い。


170112_7_2


170112_8_2


170112_1ハマシギ 杭の上から潮が引きできた干潟に向かってくるところ。水面ギリギリに飛んできます。

170112_2

170112_8_3ハマシギ


170112_9_2


170112_4_4ミユビシギ


170112_6_3ミユビシギ


170112_11

170112 アトリ・ウソ・オナガ・シロハラ・ヤマガラ

1月12日 アトリ・ウソ・オナガ・シロハラ・ヤマガラ 習志野市

170112_1_3アトリ


170112_5_5


170112_4_7ウソ ここではどういう訳か雌しかいませんでした。


170112_5_6カエデの実を盛んに食べていました。


170112_6_6


170112_2_4オナガ


170112_3_5


170112_3_6シロハラ よくなれている感じのシロハラ


170112_4_8


170112_3_7ヤマガラ


170112_5_7

2017年1月20日 (金)

170115 アカエリカイツブリ・イソヒヨドリ・ハジロカイツブリ・ヒメウ

1月15日 アカエリカイツブリ・イソヒヨドリ・ハジロカイツブリ・ヒメウ 銚子

170115_1アカエリカイツブリ成鳥


170115_2アカエリカイツブリ若 顔に縞模様が残っています。


170115_3イソヒヨドリ


170115_4


170115_1_2ハジロカイツブリ ふわっとしたお尻の羽毛と目が印象的です。


170115_2_2


170115_5


170115_1_3ヒメウ 光の加減によりきれいな色を出すのですが、いいタイミングでなかなか押せません。


170115_3_2舵にでも使うのか長い尾羽です。


170115_4_2


170115_5_2

170110 ヨシガモ

1月10日 ヨシガモ・アカハラ・キジ・シジュウカラ 印旛沼

170110_1ヨシガモ この時期カモにとっては大事なペアリングの時期で、いろいろな場所で踊りまくる姿を目にします。


170110_4お尻を上げ、頭を前に低くと色のついているところを盛んにアピールです。


170110_5


170110_8


170110_9


170110_10


170110_11


170111_1アカハラ


170110_2キジ雌


170110_2_2シジュウカラ 森林性の鳥ですが結構葦原でも目にします。

2017年1月19日 (木)

170116 ズグロカモメ

1月16日 ズグロカモメ 東京都葛西臨海公園

170116_7ズグロカモメ まだ干潮まで時間があるため、西渚にはやってきてくれず、東渚内を回っていました。


170116_10時々水路まで来てくれましたがここまでです。


170116_25ディズニーランドをバックに。


170116_27


170116_37水路でのカニ捕り


170116_46


170116_51


170116_52干潟でカニを捕るものとばかり思っていたら、コアジサシのように頭から突っ込んでの捕獲です。


170116_53浅いところでは岩場に付くカニを水中でも捕りに行くようです。


170116_57


170116_58

170109 カワセミ

1月9日 近くの公園のカワセミ 千葉市

今日から南のほうに遠征に行っていますので、今年に入ってから撮影した写真の掲載となります。

170109_1カワセミ雄 雨上がりの公園で人が少なく警戒心の少なかったカワセミ。


170109_2餌を捕獲しましたが、こちらはまたもや全く反応できず。


170109_5


170109_8バックは距離があるためボケてすっきりです。


170109_9


170109_12


170109_13


170109_15またもや無反応だったカメラマン。というか追い切れていない。


170109_16あっという間に飲み込みです。今回も5回ぐらい飛び込みましたが全く写真はなしです。


170109_18


170109_20

2017年1月18日 (水)

170117 ヒクイナ・エナガ

1月17日 ヒクイナ・エナガ 手賀沼

プチ遠征した帰りにヒクイナが見たくなり手賀沼に寄ってみました。

ポイントでは先客がいましたが、まだ出てきていないようでした。

今回はヒクイナ1本の目的でしたので、同じところで約2時間粘り待っていると、やっと姿を見せてくれ3回ほど手前側に出てきてくれました。

170117_1ヒクイナ 時間的に真逆光となる場所ですが、やっと出てきてくれました。


170117_21度だけ奥のほうで2羽見られました。


170117_6一番近いところですが、逆光で補正をしてやっとです。


170117_7赤い目がきれいです。


170117_9


170117_14


170117_19


170117_2_2エナガ 葦原で餌取り中のエナガ


170117_3食べ物は葦の葉の下に居るカイガラムシのようなものでした。


170117_5


170117_12

2017年1月17日 (火)

170115 アビ

1月15日 アビ 銚子

オオハムと同じところに居たアビです。

一緒に出てくるのではなく、片方づつ出てくれるという有難い演出をしてくれました。

とにかく一度潜水をすると、結構移動距離が長くどこに出てくるか先回りしての撮影でした。

170115_1アビ 下嘴が少し反っているように見えることと、背中に白い斑点上の模様があります。


170115_4アビも赤い目です。


170115_6


170115_8背中からのパタパタ


170115_9


170115_12オオハムと同じく頭もフリフリです。


170115_13


170115_15正面顔 愛嬌のある顔です。


170115_18


170115_19

1701 自宅回りで出会った鳥

1月 自宅回りで出会った鳥 千葉市

散歩道と自宅近くで出会った鳥です。珍しくコムクドリの雌が見られました。

170107アオサギ


170107_3アオジ


170107_4エナガ


170107_2カイツブリ


170107_4_2コゲラ


170107_10コムクドリ雌 南の国に帰りそびれたのでしょうか。


170103_2ジョウビタキ雌


170103_4


170107_5ツグミ


170103_10自宅の梅の木のメジロ


170107_9散歩道で葉の間に居る虫をどう取ろうか思案中のメジロです。

2017年1月16日 (月)

170115 オオハム

1月15日 オオハム 銚子

170115_1オオハム 今年はアビ類が順調です。今回は岸壁のすぐ下を左右に移動してくれたため車の中からでも撮りやすかったです。


170115_4


170115_7ウミアイサもそうでしたが、パタパタの時に首も大きく振り回します。


170115_8


170115_9見た感じでは今回の個体は怪我などはしていないようです。


170115_10


170115_13


170115_17


170115_27目の前正面顔


170115_28見返り 首の感じが違い別物のようです。


170115_29

170112 ウミアイサ・カンムリカイツブリ

1月12日 ウミアイサ・カンムリカイツブリ 三番瀬

今年は、色々な所でウミアイサに出会っていますが、三番瀬の冬の定番ウミアイサにもやっと出会うことができました。

170112_5ウミアイサ雌の飛翔

170112_6ウミアイサ雄


170112_7雄の飛翔


170112_13右の2羽のカップルに1羽の雄がちょっかいを出していました。


170112_14前の雄が付いてくる左の雄を睨むと、左の雄はそっぽを向いていました。


170112_15あまりにしつこいため威嚇し出しました。


170112_17口を開けての威嚇を続けていました。


170112_19ちょっかいを出している雄は悠然としています。見ていると面白いです。


170112_3カンムリカイツブリ 着地態勢


170112_4


170112_7_2ウミアイサとカンムリカイツブリ


2017年1月15日 (日)

170112 トラツグミ

1月12日 トラツグミ 習志野市

教えていただいた場所の初めての公園で、出会ったトラツグミです。

良く通っている場所ですが、こんなに豊かな環境になっているとは思いもよらなかったです。

170112_1トラツグミ


170112_4教えていただいた暗い場所とは違い、明るいところにも出てくるようになったようです。


170112_8枯葉の下に何かの幼虫が群れでいるらしくかなり食べていました。


170112_10やっと木止まりが撮れました。


170112_11肉色の葦が目立ちます。


170112_14


170112_15


170112_21ここでは2羽のトラツグミが居るそうです。喉の下に黒点が入る個体A


170112_24


170112_27喉の下が白っぽい個体B


170112_28

170108-10 チュウヒ・ハクガン・オオハクチョウ・コハクチョウ・イタチ

1月8日と10日 チュウヒ・ハクガン・オオハクチョウ・コハクチョウ・イタチ 印旛沼・稲敷

撮りためた写真が溜まってきてしまったため、少しまとめて出していきます。

170108_4イタチ 水路沿いを丸見えで動いていました。


170108_5


170108_3オオタカ 本埜のハクチョウの郷の近くを飛んでいったオオタカですが、背中に通信機を付けていました。


170108_2オオハクチョウ


170108_3_2コハクチョウ ここでは主力の鳥です。


170110_3チュウヒ ズグロチュウヒと言われるチュウヒですが、暗くなってからの帰還でした。


170110_4


170110_7


170108_2_2ハクガン 到着時にはコハクチョウの後ろに居たため隙間からどうにか撮影です。


170108_8やっと見通しの良いところに来てくれました。

170108_11水の中に移動しましたが、このあと10時になっても飛び立ってくれず、諦め移動をしました。

2017年1月14日 (土)

170112 ホオジロガモ

1月12日 ホオジロガモ 三番瀬

昨年の後半からしばらく遠のいていた三番瀬に行ってきました。

ビロキンは見られなかったのですが、嬉しいホオジロガモに出会えました。

170112_4ホオジロガモ雄 最初遠いところで餌取りをしていましたが、1時間ぐらい見ていたら徐々に近寄ってきてくれました。


170112_6


170112_7雄と雌


170112_11何時ものパタパタです。


170112_14カモは今がペアリングの時期なのか、いろいろなカモがディスプレイを仕出しています。


170112_15雌は姿勢を低くして、雄は伸びをして頭部の誇示。


170112_16顎の羽毛を広げ面白い形をしてくれます。


170112_17偶然撮れたボラのジャンプです。


170112_19


170112_22ミコアイサの時もそうでしたが、雌のこの姿勢は交尾を待っているようです。


170112_24最後はまたパタパタです。

170110 イソシギ

1月10日 イソシギ 稲敷

珍しい場所でイソシギに出会いました。

170110_2イソシギ 畔の雑草の花が咲いた中に居ました。


170110_3


170110_4緑の横でうまく水面に姿が写りました。


170110_5


170110_7


170110_9


170110_12イソシギらしからぬ姿です。


170110_14ツグミとイソシギ


170110ツグミの伸びです。

2017年1月13日 (金)

170110 ハイイロチュウヒ雌

1月10日 ハイイロチュウヒ雌 稲敷

最近、帰還時間がどんどん遅くなり、撮影の条件は悪くなるばかりのハイイロチュウヒです。

この日も♀は良く出てくれたのですが、雄は日が落ちても帰ってきてくれませんでした。

170110_2ハイイロチュウヒ雌


170110_4他のチュウヒに比べ近くを飛んでくれるのですが、如何せん光が足りません。


170110_6


170110_8


170110_10雄も最低でもこのぐらいの時間に帰って来てくれればいいのですが。


170110_11


170110_13


170110_18塒入り寸前です。


170110_19


170110_22細い黄色い足が印象的です。

170109 近くの公園 エナガ・シメ・ジョウビタキ・シロハラ

1月9日 近くの公園 エナガ・シメ・ジョウビタキ・シロハラ

ルリビタキの居た公園ですが、例年みられるクロジやトラツグミに今季はまだ出会えていません。

他の場所では、いろいろなブログに出ているのですが、探す場所が悪いのか、きれいになりすぎた公園の環境が一因なのか等考えているのですが、定期的に巡回です。

170109_5エナガ モミの木だと思うのですが、いいところにやってきてくれました。


170109_6今回は割と一ヶ所で留まることが多く、うまくいきました。


170109_8


170109_15


170109_16


170109_19


170109_2シメ 駐車場に落ちた木の実を探しています。


170109_3


170109_2_2ジョウビタキ 雨の後の明るい光のおかげで自然な色が出ました。


170109_1シロハラ


170109_3_2

2017年1月12日 (木)

170110 カワアイサ(訂正後ウミアイサ)・ミコアイサ

1月10日 カワアイサ ウミアイサ・ミコアイサ 印旛沼

170110_1カワアイサ ウミアイサ 印旛沼ではじめて見ました。近くに居たのですが、気付いて目が合うと同時に飛ばれてしまいました。


170110_2_2


170110_5ミコアイサ どういう訳か7羽のミコアイサが近くで遊んでいました。


170110_9_2その内2羽はペアリング中らしく、♀がいろいろポーズを作っていましたが、最後は疑似交尾までしていました。


170110_13背中に乗っています。


170110_15


170110_17


170110_18

170110_24ミコアイサ♀


170110_28順光側からのため、何時もは目に光が入りにくいのですが、きれいに入ってくれました。



170110_32

170110 コチョウゲンボウ・チョウゲンボウ

1月10日 コチョウゲンボウ・チョウゲンボウ 稲敷

170110_2コチョウゲンボウ♀ 電線止まりですが今季一の近さでした。


170110_3


170110_8ちょっと離れて背中側から。


170110_9順光でうまくいきました。


170110_11


170110_4チョウゲンボウ♀ このチョウゲンボウは大サービスで、伸びのやり放題 右から左からエンゼルポーズ一歩手前までです。


170110_8_2


170110_12


170110_14両翼をもっと上にあげてくれたら最高だったのですが。


170110_19


170110_20

2017年1月11日 (水)

170109 ルリビタキ

1月9日 ルリビタキ 近くの公園

雨の後、近くの公園に何かいないかなと行ってみました。

鳥は少なく歩いている時に突然横から飛び出してくれたのが、まだ未熟なルリビタキ♂ですが、愛想が良く近くで撮らせてくれました。

170109_1ルリビタキ 出だしは苔むした地上でした。


170109_2


170109_5枝に止まりしばらくポーズ。


170109_6


170109_11別の枝に移動 


170109_14回り込んで枝かぶりなしのところから撮影。


170109_16


170109_18朽ち果てた趣のあるテーブルに移動。

170109_20バックは、コケの緑と赤い通路です。


170109_23


170109_24最後はまた木止まりで終了。次回はもう少し色の濃い個体に会いたいものです。


2017年1月10日 (火)

170107 ホオアカ・ウソ他

1月6日 ホオアカ・ウソ他 筑波山・稲敷

170106_3ウソ 筑波山 しばらくぶりのウソとの出会いでした。


170106_6山の中でも良く通る口笛のような鳴き声で探しやすいです。


170106_12


170106_15


170106_2カモメ 最近稲敷の水田地帯を走っていると良く目にします。田起しした後出てくるいろいろなご馳走目当てでしょうか。


170106_3_2ハヤブサ若 稲敷


170106_5ホオアカ 稲敷 葦原の中の木に止まり目立っていました。


170106_6_2


170106_1ヤマガラ 筑波山


170106_3_3


170106_1_2ルリビタキ 筑波山

2017年1月 9日 (月)

170104 利根川下流域から稲敷の鳥

1月4日 利根川下流域から稲敷の鳥  千葉県・茨城県

4日の初撮りで残っていたシギチ以外の鳥です。

170104_2カシラダカ 何時も近寄る前に逃げられてしまうのですが今回はお年玉気分で撮らせてくれました。


170104_3カワラヒワ この鳥もやっと近くから撮れました。


170104_4


170104_5


170104_4_2コチョウゲンボウ♂ 背中側は成鳥の色をしていますが、胸はまだ若鳥の色でした。


170104_8初めて何時もここに止まってくれればという河川敷の木に止まっていてくれました。


170104_10別に場所のコチョウゲンボウ 


170104_2_2シメ 珍しく稲敷で撮影のシメです。


170104_8_2チュウヒの塒入り


170104_2_3ハイイロチュウヒ♀の塒入り 遅い時間でどうにか撮れました。


170104_3_2

2017年1月 8日 (日)

170106 ミヤマホオジロ

1月6日 ミヤマホオジロ 茨城県

この場所での、もう一つ撮りたい鳥のミヤマホオジロです。

170106_3ミヤマホオジロ♂ きれいな♂で換羽の黄色の部分がフンワリとしていい感じです。


170106_5


170106_6暗い日陰で草の実を盛んに食べていますが、写しているほうは寒くて仕方がなかったです。


170106_7


170106_12♀がいい感じの草の実を食べてくれました。


170106_13


170106_16


170106_19


170106_20♀もシックで好きな色です。


170106_22


170106_23最後は近すぎた♂です。

2017年1月 7日 (土)

170106 ハギマシコ

1月6日 ハギマシコ  茨城県

筑波山へハギマシコを見に行ってきました。

早い時間は近すぎるぐらいの場所で長い時間相手をしてくれたのですが、11時を過ぎたころ突然飛び立ってしまい、行方不明状態が続きましたので昼ごろには下山です。

追記:本日自宅前の廃止となった保育園の裏庭にトラツグミが居ました。たまたま土手の状況を見るために覗いたら飛び立って横の竹やぶに入ってしまいましたが驚きでした。

170106_5ハギマシコ 今回は地上での採餌がほとんどでした。


170106_9♀と思われます。


170106_14


170106_18今回は近い場所での撮影だったため胸とか色が潰れずにきれいに出てくれました。


170106_21


170106_32


170106_36今までになく近かったため、逆に被写界深度が取れずちょっとした動きでピントのずれも出てしまいました。近すぎても遠すぎてもだめでどうしたらいいのか?です。


170106_44今回見られた3羽のハギマシコ


170106_47随一 木止まり(と言っても20cmぐらい上だけです)でエンジェルポーズもしてくれたのですが、みな早すぎて対応ができずこの1枚のみ。


170106_50


170106_51

2017年1月 6日 (金)

170105 九十九里浜で出会った鳥

1月5日 九十九里浜で出会った鳥  千葉県

何か変わった鳥が居ないかと久しぶりに九十九里浜に行ってみました。

しかし思ったより鳥が少なくビロキンの群も見られませんでしたが、アビの群が見られたのが随一の成果でした。

帰ってきてから画像確認の中で、ウミスズメも2羽写っていました。

170105_3アビの群 イワシの群だと思うのですが、沖に一度見られその時にカモメやアビなどが一斉に集まってきました。


170105_8すごく遠かったです。


170105_9


170105_13それでも1羽だけ近くに寄ってきてくれどうにか撮れました。


170105_15


170105_17


170105_2カワウ 沖を一直線に飛ぶカワウですが、広い海の中では絵になります。


170105_3_2


170105_2_2スズガモ  カモ類はこの他にマガモ・カルガモ・クロガモ♀が見られただけでした。


170105_4空を飛ぶスズガモです。


170105_5

2017年1月 5日 (木)

170104 ハヤブサ

1月4日 ハヤブサ 稲敷

昨年に続きしばらくは猛禽の出番が多くなりそうです。

今日の写真は、ハヤブサの♂♀のじゃれ合い場面です。

170104_6ハヤブサ 左♂ 右♀


170104_8右の♀のほうが体は大きいです。


170104_13突然♂が地面に飛び降りました。


170104_15


170104_17虫と遊んでいるような仕草で動き回っていました。


170104_25


170104_28そのうち2羽で追いかけっこです。


170104_30地上すれすれに飛びかっこが良いです。


170104_32上が♂ 下が♀


170104_40


170104_41最後は2羽で追いかけっこをしながら霞ヶ浦方面へ空高く飛んでいきました。無事今季の子育てが成功することを祈るばかりです。

2017年1月 4日 (水)

170104 稲敷の鳥 アオアシシギ・イソシギ・オオハシシギ・クサシギ・タカブシギ・タシギ

1月4日 アオアシシギ・イソシギ・オオハシシギ・クサシギ・タカブシギ・タシギ 稲敷

平成29年の初鳥見は、いつも通う利根川下流域から稲敷の目ぼしいポイントの巡回です。

今日の掲載は、越冬シギです。

170104_2アオアシシギ ハス田でなく大きな水路で餌取りをしていました。


170104_4


170104_1イソシギ 細い水路の反対側5mぐらいの近さでした、


170104_2_2オオハシシギ たった1羽でタシギ・タカブシギといました。


170104_6


170104_7


170104_2_3クサシギ アオアシシギと同じ水路にいたイソシギ


170104_1_2タカブシギ 静かな水面にきれいな姿が写っています。


170104


170104_9タシギ 今季はあまり会うことがなかったタシギですが、今日は2ヶ所で多くのタシギと合うことができました。


170104_3

161223散歩道で出会った鳥

12月23日 散歩道で出会った鳥 千葉県

何時も散歩する小川です。

この川には時々思いもよらない鳥たちがやってくる面白い散歩道です。

161223_2アオサギ


161223_2_2アオジ 


161223_5色がきれいなアオジです。


161223_1エナガ 川の葦の中で餌取りで3mぐらいまで近寄ってきました。


161223_2_3バックがもう少しすっきりすれば最高なのですが。


161223_3


161223_4


161223_6


161223_7


161223_2_4コガモ


161223_3_2

2017年1月 3日 (火)

1612 チュウヒ・ヒシクイ・ムナグロ

12月20日・28日 チュウヒ・ヒシクイ・ムナグロ 千葉県・茨城県

161220_2チュウヒ 稲敷


161220_7チュウヒ 稲敷 塒入り前に何時もの木で休憩です。


161220_10


161220_116羽のチュウヒ 時間によっては10羽以上が群れ飛びます。


161228_3チュウヒ 印旛沼の何時ものチュウヒです。この場所では、夕方の時間でないと目に光が入らないようです。


161228_4_3


161228_7


161228_3_2ヒシクイ 寝ているように見えるヒシクイも警戒してか、目は開いているものもいます。


161228_6


161228_7_21羽は何時も見張り役です。


161220_1ムナグロ この時期にムナグロ。越冬組でしょうか。

2017年1月 2日 (月)

161228 ウミアイサ・ミミカイツブリ・シノリガモ・シジュウカラガン・コハクチョウ

12月28日 ウミアイサ・ミミカイツブリ・シノリガモ・シジュウカラガン・コハクチョウ 千葉県・茨城県

161228_2ウミアイサ ♀


161228_4シジュウカラガン 前から見られているシジュウカラガンですがやっと見ることができました。


161228_5


161228_1シノリガモ まだきれいな色に変わっていない♂と♀。


161228_2_2


161228_4_2ミミカイツブリ 今季は早い時期からの出会いとなっています。


161228_5_2


161228_1_2コハクチョウと富士山 ここから富士山が見られるとは思いませんでした。


161228_5_3カモの群


161228_13コハクチョウ

2017年1月 1日 (日)

161225 コミミズク

12月25日 コミミズク 栃木県

今回は大勢いるところから少し離れて、イメージの中では逆光と順光で撮れる位置に決めました。

回数は少なかったのですがイメージ通り現れてくれて、いろいろな形で撮影ができ満足な一日となりました。

161225_1帰りに高台から葦原越しに見た富士山です。


161225_7コミミズク 逆光からの透けた羽を狙いました。


161225_20飛び立ですが、羽毛に包まれた足が猛禽です。


161225_26反対側の土手を飛ぶ2羽のコミミズク


161225_30


161225_33逆光の中を飛ぶコミミズク


161225_34夕暮れ土手すれすれに飛び獲物を狙っています。


161225_39


161225_40


161225_46


161225_48土手を飛ぶ小さな虫とコミミズク

平成29年 明けましておめでとうございます。

平成29年 明けましておめでとうございます。

161210_104


161210_38


161210_100

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30