« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

170224 ミツユビカモメ

2月24日 ミツユビカモメ 銚子

170224_2ミツユビカモメ1W 成鳥よりもこの模様が気に入っています。なんとなく珍鳥っぽい雰囲気。


170224_4

170224_12

170224_7ミツユビカモメ成鳥

170224_14


170224_19


170224_24


170224_29同じところを旋回するため撮りやすかったです。


170224_3ウミアイサ雄 後ろ向きのポーズ


170224_16漁港の最奥に群れで休憩中です。


170224_5ヒメウ

2017年2月27日 (月)

170219 カモ雑種(アカハジロ)

2月19日 カモ雑種(アカハジロ) 東京都

最近「雑種カモ」といわれるカモが良く出てきますが、情報をもらってのため何も気にせず撮影しています。実際は自分自身では情けないことに何と何のカモの雑種かとかは自信を持って述べるだけの探究心はありません。

今回のアカハジロも純粋種ではないということですが、私の記録では約40年前に九州の大濠公園で見た記録 1回だけの種で、再度純血種に出会いたいものです。

170219_1カモ雑種(アカハジロ) ホシハジロの群の中で休憩


170219_4今回は午後3時過ぎの現地着で、暫くは寝ていましたが、カモの習性か夕刻になると起き出して水浴びや羽繕をやり出す良い時間でした。


170219_12夕刻になり日陰となった場所から、日の当たる方へ移動です。カモにつられカメラマンも大移動です。


170219_17足ヒレは雑種色?かな。


170219_19


170219_40


170219_47


170219_51夕日を浴びると頭部の緑は出ませんが、胸の赤みはきれいです。


170219_58


170219_62


170219_69ホシハジロ

2017年2月26日 (日)

170221 ウミアイサ・カモメ・シロカモメ

2月21日 ウミアイサ・カモメ・シロカモメ 波崎・銚子

170221_2ウミアイサ雌


170221_3ウミアイサ雄 今年は漁港のいたる所でウミアイサに出会うことができます。


170221_5


170221_3_2カモメ 大型船から出る魚片を海面上を歩くようにして食べます。


170221_5_2見ていて面白くついつい撮ってしまいました。


170221_6歩いているようです。


170221_7


170221_8


170221_11集団でやる仕草は楽しく、たくさん撮ってしまいました。


170221_1シロカモメ  成鳥は久しぶりです。


170221_2_2

2017年2月25日 (土)

170224 トモエガモ・オナガガモ・マガモ他

2月24日 トモエガモ・オナガガモ・マガモ他  東庄町

170224_1トモエガモ ちょっと顔の模様が変ですが。


170224_3トモエガモ 堰の中心辺りに群れているトモエガモです。


170224_5約15羽写っています。


170224_9


170224_10


170224_1_2マガモとオナガガモ


170224_2群は常に少しずつ動いていて、目を離すと探し出すのが大変です。


170224_1_3チュウヒ


170224_2_2


170224_5_2ハマシギ


170224ミサゴ

2017年2月24日 (金)

170221 ウミスズメ・クロサギ・ハジロカイツブリ・ミツユビカモメ

2月21日 ウミスズメ・クロサギ・ハジロカイツブリ・ミツユビカモメ 銚子

170221_2ウミスズメ 今回は3羽見られましたが、岸から遠いところで潜水するばかりで、近寄ってくれませんでした。


170221_4


170221_7


170221クロサギ


170221_3ハジロカイツブリ ばらばらだったハジロカイツブリがうまく並んだところです。


170221_5体に対し羽が小さく、これでよく飛べるものです。


170221_10


170221_5_2ミツユビカモメ 今季初の出会いです。


170221_7_2


170221_9海面に浮いている船からの排出物を狙っています。


170221_13

2017年2月23日 (木)

170221 オオハム・シロエリオオハム

2月21日 オオハム・シロエリオオハム 波崎

170221_3オオハム 後脇の白色部が良く出ています。

170221_4

170221_8パタパタ


170221_10


170221_145羽のオオハムのうちの4羽 風が強い中、風を避けられる湾奥の一角に集まっていました。


170221_16


170221_19広角で5羽が入るように撮ってみました。


170221_7シロエリオオハム パタパタの時で首の黒線がはっきり見えます。


170221_8_2今年はシロエリオオハムが少なく、オオハムを見る機会が多いです。久しぶりのシロエリオオハムです。


170221_12


170221_15

170218 ヤマセミNo2

2月18日 ヤマセミNo2 神奈川県

雄・雌各々の単独写真です。

170218_19ヤマセミ雄


170218_21


170218_25こちらを少しは気にしているようですが、落ち着いています。


170218_26


170218_18ヤマセミ雌 お得意の尾を上げるポーズ


170218_78


170218_79


170218_87伸び


170218_91


170218_92エンゼルポーズまでは行きませんでしたが、それらしきポーズです。口の中も丸見え。


170218_98横目で確認しているようです。

2017年2月22日 (水)

170218 ハチジョウツグミ

2月18日 ハチジョウツグミ 横浜市

ヤマセミを撮りに行った帰りに、情報をいただいたきれいなハチジョウツグミを撮りに寄り道です。

170218_5_2ハチジョウツグミ 病気で枯れた桜の木を伐りとった急斜面を動き回っていました。


170218_7_2


170218_9_2きれいな色です。


170218_10_2


170218_11_2何かに驚いたのか、木の上に上がってくれましたが、一瞬のことでした。


170218_12_2ツグミとのバトルもあったのですが、速さに対応できず。


170218_17_2


170218_20_2


170218_26_2


170218_28_2枯れた桜の切株に乗ってくれました。

1612 ソデグロヅル

12月 ソデグロヅル

昨年12月に撮影したものですが、未掲載だった飛翔場面です。

161210_33ソデグロヅル 


161210_37仲良く家族での飛翔


161210_83


161210_106


161210_112


161228_18


161220_1朝早く鳥見に行ったときの日の出場面です。


161220_6望遠で撮影です。

2017年2月21日 (火)

170221 ヒバリシギ・ツクシガモ

2月21日  ヒバリシギ・ツクシガモ 稲敷

前回会えなかったツクシガモ2羽に今日は会うことができました。

また昨年秋以来のヒバリシギ5羽に出会いました。今までどこで越冬していたのでしょうか。

170221_1ツクシガモ ちょっと遠かったため解像感はありませんが、見られたということで満足。


170221_4


170221_7


170221_2ヒバリシギ 今までどこに居たのか不思議です。


170221_8


170221_93羽のヒバリシギ


170221_11


170221_12


170221_14越冬していることが分かり一安心です。


170221_15


170221_174羽写っています。

170214・16 九十九里と葛西で見られた鳥

2月14日九十九里海岸&16日葛西臨海公園で見られた鳥

170214_4アカエリカイツブリ 九十九里


170214


170216_6カンムリカイツブリの群 葛西 そろそろ北へ帰るための集結が始まっているようで、海には遠いですが一面カンムリカイツブリという感じです。


170214_11クロガモ 九十九里 


170214_14突堤から海越しに見ると浮島現象という蜃気楼の一種が見られました。


170216_3ズグロカモメ 葛西


170216_7スズガモ 葛西 湾内で休憩中


170216_2ミミカイツブリ 葛西


170216_9ユリカモメ 下に何か餌があるのか、ホバリングして狙っていましたが、突然1羽が頭から突っ込んでいきました。


170216_11


170216_12

2017年2月20日 (月)

170218 ヤマセミ

2月18日 ヤマセミ 神奈川県

久しぶりの丹沢山中でしたが、今回のヤマセミは非常に愛想が良く飽きるほど目の前で遊んでくれました。

170218_3ヤマセミ雌 朝早く待っていると下流からやってきて目の前の木に止まってくれました。


170218_9次いで雄がやってきてやはり近くの木に止まってくれました。


170218_13


170218_33そのうちに2羽が目の前の電線に止まってポーズ、初めての光景に驚きと嬉しさがいっぱいです。


170218_34運よく私の前が、今回のお気に入りだったらしく思う存分の単独撮影会です。


170218_43左が雄、 右が雌です。


170218_46雄雌で鳴き合いです。


170218_58


170218_61伸びもやってくれました。


170218_62


170218_101

170215 散歩道の鳥

2月15日 散歩道の鳥 千葉市

170215_3アオジ


170215_1エナガ


170215_2カワセミ 歩いている時、近くに寄るまで気が付かず、カワセミも食事に夢中で逃げもしませんでした。大きなザリガニをゲットです。


170215_4尾からの丸呑みです。


170215_6


170215_8


170215_14食後の首振り  SSが1/250だったため面白い写り方をしました。


170215_1_2キジ 春が近づき、最近動きが活発になってきています。


170215_9ハシブトガラス めったに被写体にしないのですが、目の前で水浴びをしてくれたため、つい撮ってしまいました。


170215_10


170215_11羽の光沢も紫や青も入り、思ったよりいい感じです。

2017年2月19日 (日)

170216 ヘラサギ・クロツラヘラサギ

2月16日 ヘラサギ・クロツラヘラサギ 東京都 葛西臨海公園

葛西臨海公園では、ここ数年ヘラサギとクロツラヘラサギが越冬していますが、見ているとまるで夫婦であるような仲良しで、国内のどこかでハイブリットが生まれるのではと妄想をしてしまいます。

170216_2クロツラヘラサギ 今回は飛び立が遅く、干潮時間を過ぎた午後3時前でしたが、この後の撮影タイムを思うと寒さに耐え待ったたかいがありました。


170216_5着地です。


170216_7ヘラサギ クロツラの後続けての飛来です。


170216_9


170216_20ヘラサギの食事 エビのようなものを器用に食べています。


170216_34クロツラヘラサギ 目がルビー色できれいです。


170216_40


170216_43ヘラサギ


170216_83大欠伸をしたところで、大トリミングしてみました。


170216_89食事を終了すると、西渚の杭の上で休憩するのが最近のパターンだそうです。


170216_95クロツラを追い出し、ヘラサギが良いところに止まります。後ろはユリカモメ・ダイシャクシギ・カワウです。

170213 オシドリ・カワセミ・ハシビロガモ

2月13日 オシドリ・カワセミ・ハシビロガモ 成田市

170213_3オシドリ 池の一番奥 それも大きな木の葉影に居るため写すのが大変です。


170213_5場所を変え、上から狙う場所です。西日が池に差し込み水の色が明るくなってます。

170213_10


170213_1カルガモ ペアリングの儀式が始まっています。


170213_6カワセミ


170213_7_2カモを撮っているとすぐ横の柵に飛んできました。

170213_3_2ハシビロガモ 池の表面に餌があるのか、池中を水を独特な嘴で濾しながら泳ぎ回っていました。


170213_6_2

170213_3_3ホシハジロ マガモ


170213_3_4ミコアイサ雌


170213今回は雌ばかりで、雄は入っていませんでした。




2017年2月18日 (土)

170217 トモエガモ

2月17 27日 トモエガモ 東庄町

春一番の日、チョット期待して旭から銚子方面を回ってみましたが、何時もの鳥が見られただけでした。

それでも夏目の堰で大風の中、風の弱いところにカモが群れ、その中から散在するトモエガモを確認することができました。

今回はいつも見ていた印旛沼よりは近いところで撮影できました。

170217_1トモエガモ

170217_2


170217_3やっと近い2羽のトモエガモを見つけました。


170217_5


170217_6


170217_8


170217_11


170217_15ほとんどがオナガガモですが、その中にマガモ・ヒドリガモ・コガモ・カルガモ・トモエガモ等が混じっています。群れも時間とともにどんどん形を変えるため、一度目を離すと探すのが大変です。


170217_16

170213 オオタカ・ジョウビタキ・セッカ・トラツグミ・モズ・ルリビタキ

2月13日 オオタカ・ジョウビタキ・セッカ・トラツグミ・モズ・ルリビタキ 印旛沼周辺

170213_3オオタカ若 夕暮れ近い時間に沼の横の電柱で戯れていました。まさか若鳥が求愛行動ということはないと思うのですが。


170213_5


170213_1ジョウビタキ 開花した木に止まるのを待っていたのですが、この木がやっとでした。


170213_4セッカ 夕暮れ間際に沼側の葦原に居たセッカで、全く警戒することなく2~5m先を移動です。


170213_7


170213_13トラツグミ 伸びポーズです。


170213_17トラ模様がきれいですが、それ以上に尾羽や風切り羽の色もいいです。


170213_21


170213_2モズ


170213_1_2ルリビタキ トラツグミを撮っているとすぐ横にやってきました。


170213_3_2

2017年2月17日 (金)

170214 ウミスズメ・アビ




2月14日 ウミスズメ・アビ 九十九里浜

170214_1アビ 遠くに何羽ものアビはいるのですが、近くに寄ってくれるのは少なく、突堤の先でよく見ていないと潜られて一気に遠くに行かれてしまいます。


170214_2

170214_6

170214_82羽が初めて近寄ってくれました。


170214_10赤い目がきれいです。


170214_2_2ウミスズメ 大海原に1羽のウミスズメが羽繕のため浮きながら流れてきました。腹部の白が、蒼い海の中では目立ちます。


170214_3波の頂上部で足ヒレで掻いた時の水しぶきがきれいな形で写りました。


170214_6_2


170214_7最後にパタパタをして羽繕は終了です。


170214_8_2


170214_9


170211 ウグイス・シジュウカラ・ミヤマガラス

2月11日 ウグイス・シジュウカラ・ミヤマガラス 渡良瀬遊水地

170211_1ウグイス ベニマシコの居たセイタカアワダチソウと同じところで、餌が少ない時期なのか餌取りに夢中で長い間楽しませてくれました。


170211_3


170211_4


170211_6


170211_7


170211_10


170211_11葦に付くカイガラムシのようなものを探しては食べていました。


170211_2シジュウカラ シジュウカラも同じ餌を探しているようで、オオジュリンもそうですが、カイガラムシのようなものはこの時期いろいろな鳥に食べられているようです。


170211_3_2

170211_1_2ミヤマガラス 久しぶりに板倉町でミヤマガラスの大きな群れに出会いましたが、コクマルは入っていないようでした。


170211_3_3

2017年2月16日 (木)

170214 ビロードキンクロ

2月14日 ビロードキンクロ 九十九里海岸

ある鳥が来ている話もあり、午後から九十九里海岸へ行ってみましたが、目的の鳥は見られませんでしたが、ビロードキンクロの群に出会いました。

ビロードキンクロの群が入ってきているため、出会いそうな気がするため再度探索に行ってみようと思います。

今回は成鳥よりも若鳥が多く、雌雄の区別が不安な所ですので、間違っていたらよろしくお願いいたします。

170214_2ビロードキンクロ 成鳥と雄の若と思うのですが。


170214_3右は若雄 左は雌


170214_5ハマグリを捕ってきました。このまま丸呑みのようです。


170214_7


170214_13成鳥と若雄


170214_15


170214_18成鳥一歩手前や雌、若の混成部隊


170214_22成鳥雄 雌 若雄


170214_26


170214_29外洋での観察は、大きな波が付き物でタイミングを取らないと波間に隠れてしまいます。


170214_38今回の群は若主体の群のように見えます。

2017年2月15日 (水)

170213 トラツグミの食事

2月13日 トラツグミの食事 成田市

いろいろなブログに出てくる坂田ヶ池のトラツグミですが、個人的にはやっと巡り合えたというこの場所でのトラツグミです。

170213_39トラツグミ 大きなミミズをゲットです。


170213_43ちょっと大きすぎて食べるのも大変、見る方も大変かな?


170213_45このミミズを引っ張り出す面白い場面もあったのですが、なぜかピンが後ろに行ってしまい使い物になりませんでした。残念


170213_46


170213_52やっとのことでここまで飲み込みました。


170213_55


170213_57白目をむいて苦しそうです。たぶん口から胃まで大きなミミズで塞がっているのでは。


170213_58


170213_64最後の一飲み 苦しそうです。餅が喉に痞えた時の状態でしょうか。


170213_66


170213_67やっとの思いで飲み込みです。食べごたえとしては大満足でしょう。

2017年2月14日 (火)

170213 雑種カモ

2月13日 雑種カモ 成田市

今まであまり見ていませんでしたが、今年の坂田ヶ池はいろいろなカモが入り楽しみな場所となっています。

170213_1雑種のカモ 右側です。 左2羽はホシハジロ。見た感じの色が違います。


170213_3ホシハジロとメジロガモの雑種と言われています。(自分では判断できません)


170213_6雑種のカモ 右側ですが、眼はまだ見たことがないメジロガモと同じ白です。


170213_9


170213_10胸と頭が同じようなこげ茶系のカモということで探しやっと見つけることができました。


170213_12何時かは片割れのメジロガモに出会いたいものです。


170213_17


170213_19


170213_20


170213_21

2017年2月13日 (月)

170211 ベニマシコ

2月11日 ベニマシコ 栃木県

目的3種を駆け足で見て回ろうと目論んだのですが、初めての全て振られる結果となりました。

仕方なく確実と思った渡良瀬のベニマシコに腰を据えて撮ってきました。

170211_21ベニマシコ雄 うまい具合に2羽の雄が来てくれました。願わくば順光で撮りたかった。


170211_23近すぎたため、すぐ近くに居る2羽のベニマシコの左のベニマシコにピンを合わせているのですが、F6.3では右のベニマシコにはピンが来てくれませんでした。


170211_24


170211_28ちょっと色の薄かった個体ですが、桜色のきれいなベニマシコでした。


170211_30


170211_12ベニマシコ雌 この草のある場所でかなりの時間動かずに居てくれました。


170211_14枝かぶりも多かったのですが、辛抱強く待ったかいがありました。


170211_15


170211_18


170211_19久しぶりに堪能したベニマシコの撮影でした。

2017年2月12日 (日)

1612 ソデグロヅル

昨年12月 ソデグロヅル 千葉県

今現在、宮城県に居るようですが、昨年から東日本を飛び回っているソデグロヅルです。

写真は、昨年12月に千葉県に立ち寄ってくれた時のものです。

161220_1ソデグロヅル 親子3羽

161220_8相当離れて撮っていますが、かなり警戒心が強くなっています。

161220_10


161220_30最近の水田は、冬には乾いてしまいドジョウなどの生き物を食する鳥にとっては餌場の確保が大変です。


161220_34


161220_35


161228_2近寄ったバーダーが車から出てしまったため、飛出しのポーズを取りました。

161228_3飛出し


161228_27飛び降りた別の居場所での3羽です。


161228_293羽仲良くの歩行です。


161228_32

2017年2月11日 (土)

170208 散歩道の鳥

2月8日 散歩道の鳥 千葉市

170208アオサギ


170208_6アオジ


170208_2オカヨシガモ この川ではじめて見ることができました。


170208_1カワセミ 下流域に居る雌


170208_12最上流部に居るカワセミ雄


170208_2_2コガモ


170208_3シロハラ 珍しく開けたところに出てきました。


170208_3_2セグロセキレイ 今季狭い同じ範囲で生活をしているセグロセキレイです。


170208_1_2ノスリ 今季1羽が居ついていますが、カラスにモビングされ難儀しているようです。今回も民家の屋根に緊急避難ですが、周りにはカラスが4羽居ます。


170208_1_3モズ雄 モズの繁殖は早く、最近になり雄の囀りが聞こえるようになりました。


170208_2_3モズ雌

2017年2月10日 (金)

170207 緩衝林で出会った鳥

2月7日 緩衝林で出会った鳥 習志野市

人工的に作られてから20~30年で立派な林が出来上がっていて、京葉港造成中に中を走り回っていた時を見比べると別世界のようです。

そこに林で見られる鳥がこんなに見られるようになっていて、今まで見向きもしなかったことに恥ずかしい限りです。

170207_1アトリ


170207_2


170207_1_2ウソ


170207_7


170207_1_3オナガ


170207_4


170207_4_2シジュウカラ


170207_2_2シロハラ


170207_1_4ツグミ


170207_4_3ヤマガラ


170207モズ

170204 近くの公園 カイツブリ・マガモ・モズ

2月4日 近くの公園 カイツブリ・マガモ・モズ 千葉市

この1週間ほどリフォーム中で、鳥見に行けないため貯金からの掲載が続いています。

来週には何時もの鳥見に戻れそうです。

170204_1_5カイツブリ


170204_2_5


170204_3_6マガモの水浴び  水しぶきが羽ばたきにより動く様子がうまく撮れました。

170204_4_2


170204_5_4ISOを上げずに暗いところのマガモを撮ってしまったのに、偶然SSが良い具合になりました。


170204_7_3


170204_2_6モズ


170204_3_7

2017年2月 9日 (木)

170204 近くの公園 エナガ・シロハラ・ビンズイ

2月4日 近くの公園 エナガ・シロハラ・ビンズイ 千葉市

170204_1エナガ 何時見ても撮りたくなってしまう鳥です。


170204_3


170204_5


170204_6葉の影がなければと思ってしまいます。

170204_1_3シロハラ この公園では、以前はアカハラも多かったのですが、最近は何処に行ったのやらです。

170204_3_2

170204_2_2ビンズイ

170204_3_3今まで見られていた場所と違う場所での出会いでした。

170204_5_2歩き回る後をついていき、やっと上に上がったくれたところ撮影です。

170204_7

170204_11

2017年2月 8日 (水)

170205 オオハム・カンムリカイツブリ

2月5日 オオハム・カンムリカイツブリ 波崎

170205_1_3オオハム この日は波崎新港に5羽のオオハムが入っていましたが、近くに寄ってきてくれたのは2羽だけで、それも潜水を繰り返し、一度潜ると移動距離が長く苦労した撮影です。


170205_2_3


170205_3_2もう少しすると夏羽に移行中の個体も見られるようになると思われ楽しみです。


170205_4_2


170205_1_4カンムリカイツブリ 漁港の一角にボラが群れており、盛んに潜水をしていましたが、今回の獲物は少し大きすぎたようで、最後は諦めたようです。

170205_2_4

2017年2月 7日 (火)

170205 稲敷で出会った鳥

2月5日 稲敷で出会った鳥

最近鳥の種類、数が少なくちょっと寂しい稲敷の水田地帯で出会った鳥達です。

170205_2アオアシシギ いつも同じ水路に1羽で越冬中のアオアシシギ。


170205_4


170205_1イソシギ


170205ハマシギ


170205_3クサシギ


170205_1_2タカブシギ


170205_2_3


170205_1_3タゲリ

170205_2_4タシギ


170205_1_4チョウゲンボウ


170205_4_2

2017年2月 6日 (月)

170129 ケリ

1月29日 ケリ 愛知県

170129_4ケリ オガワコマドリのいたすぐ横で楽しませてくれました。


170129_6印旛沼のケリは警戒心が強くなかなか近寄れませんが、ここでは堤防の上からすぐ下で見られます。


170129_7ゴカイのようなものを狙っているようです。


170129_9狙いを定めて突っこみです。


170129_10


170129_11獲物をゲット


170129_12振り回して水切り?

170129_14


170129_18飲み込み終了 あっという間です。


170129_21


170129_22もう一羽のケリ

170119-23 九州遠征最終回 アトリ・クロツラヘラサギ・ズグロカモメ

1月19日~23日 九州遠征最終回 アトリ・クロツラヘラサギ・ズグロカモメ

17011923_3アトリ 調整池との境界辺りで見られたアトリで、地元で見られる環境との差に不思議な感じがしてしまいました。


17011923_7


17011923_8


17011923_4クロツラヘラサギとアオサギ 八代で見られた遠い遠いクロツラヘラサギです。5羽いました。


17011923_6


17011923_6_2ズグロカモメ 若鳥 模様があったほうが珍しい気がしてしまいます。


17011923_8_2九州ではユリカモメも多いですが、ズグロカモメも普通種で干潟で、ハマシギやシロチドリが捕った餌を奪い取るために追い掛け回していました。


17011923_10


17011923_11


17011923水田の水溜りに集まるズグロカモメ  満潮になり出すと後背地の水田に集まり出しました。


17011923_4_2諫早湾経ヶ岳(と思うのですが)をバックに飛ぶナベヅルです。

2017年2月 5日 (日)

170205 ハジロコチドリ

2月5日 ハジロコチドリ 稲敷

越冬中と言われていたハジロコチドリにやっと出会うことができました。

3羽で仲良く行動をしていました。

170205_3ハジロコチドリ 泥沼のところで肢と嘴が泥で分かりません。


170205_5


170205_92羽のハジロコチドリ


170205_12


170205_15ハス田から隣の水田に移動 一瞬のことで2枚がやっとでしたが、どうにか羽の白い線が写りました。

170205_16


170205_20


170205_22これも一瞬の体勢を崩した時に羽を広げてくれたところです。


170205_23


170205_262羽


170205_383羽のハジロコチドリ 左に2羽 右に1羽居ます。ズームに持ち替えどうにか入りました。

2017年2月 4日 (土)

170204 近くの公園 ルリビタキ

2月4日 近くの公園 ルリビタキ 千葉市

近くの公園に、朝2~3時間の鳥見です。

170204_2ルリビタキ いつも行く公園ですが、撮影ポイントは初めての場所でしたが、この日は約1時間に1回の出番だったらしく、着いてからしばらくしてからの登場です。


170204_4きれいなルリビタキ雄です。


170204_7


170204_12


170204_14驚くほどの近さに来てくれます。


170204_16


170204_20


170204_21


170204_1何時ものカワセミ雄


170204_3今回は珍しくかなり高いところの撮影でした。


170204_4_2この後、よそ見をしている間に飛び込まれてしまい、そのまま飛び去られて終了。

170119-23 九州遠征No11 御池の鳥

1月19日~23日 九州遠征No11 御池の鳥 宮崎県

狙っていた鳥は居るらしいのですが、姿を出してはくれませんでした。

17011923_3アオゲラ


17011923_5


17011923カルガモ 雨が降りそうな天気で幻想的な御池でした。


17011923_2キセキレイ 


17011923_2_2クロジ


17011923_3_2シジュウカラ コオロギみたいな昆虫の足を咥えています。


17011923_1ジョウビタキ


17011923_2_3ソウシチョウ 一番元気に森の中を飛び回っていました。


17011923_7


17011923_5_2ビンズイ


17011923_6

2017年2月 3日 (金)

170203 印旛沼の鳥

2月3日 印旛沼の鳥 

2月から壁紙のリフォーム中で、なかなか鳥見に行けない状態です。

それでも時間を見つけ、やっと午前中3時間ほど近くの印旛沼に行ってきました。

170203_1コハクチョウ 本埜のハクチョウの郷からやってきたコハクチョウですが、この場所で見るのは初めてでした。残念ながらハクガンは見られず。


170203_5


170203_9アメリカコハクチョウらしきものが1羽居ました。


170203_6タシギ 今季は水田に水がなくタシギを見る機会が減っていますが、今回は水路の中で久々に1羽居ました。


170203_4ヒシクイの群 何時もいる水田では見られませんでしたが、沼を見ている時に突然後ろから20羽の群でやってきました。


170203_5_2真逆光で補正が間に合わず。


170203_8


170203_11沼の中央付近に着水です。


170203_2ホシハジロ 北印旛沼では種別に居る場所が決まっているようで、この場所はホシハジロとキンクロハジロの場所なのですが、今日はホシハジロがメインでキンクロは2羽のみでした。


170203_2_2この手前側はヨシガモ主体の群となります。


170203_4_2きれいなカモです。

170119-23 九州遠征No10 コクマルガラス

1月19日~23日 九州遠征No10 コクマルガラス 出水

17011923_1キセキレイ 葦が生える水路をある鳥を求めて走っていると、一番奥でキセキレイに出会いました。ツメナガならよかったのですが叶いませんでした。目的の鳥にも出会えず。


17011923_5


17011923_3コクマルガラス 淡色型と黒色型


17011923_4ミヤマガラス 関東では見たことがないミヤマガラスの大きな群れに混じって淡色型は3羽でした。


17011923_8


17011923_11


17011923_15天気が悪い中でどうにか目が写ったところ。

17011923_16


17011923_2東干拓内のツルの餌場


17011923_3_2


17011923_6ニュウナイスズメ 電線に鈴なりになっているのは関東ではスズメですが、ここ出水ではニュウナイスズメでした。

2017年2月 2日 (木)

170129 カラアカハラ

1月29日 カラアカハラ 大阪府

今まで飛島で何回か出会うチャンスがあったのですが、何時も振られ続けていたカラアカハラが、少し遠い大阪に滞在中ということで意を決して行ってきました。

170129_10カラアカハラ雌 聞いていた通りのきれいなカラアカハラでした。


170129_14


170129_16何時か今度は♂に遭遇したいものです。今年の飛島か、舳倉島か。


170129_18


170129_20ピラカンサの実が好物のようです。餌を食べては、後ろのツツジの植え込みの中でしばし休憩しての繰り返しです。


170129_23


170129_27


170129_30


170129_35


170129_39


170129_41

2017年2月 1日 (水)

170129 オガワコマドリ

1月29日 オガワコマドリ 愛知県

いろいろなブログに出ていた色がきれいなオガワコマドリに、やっとという気持ちで行ってしまいました。

印旛沼で見て以来ですが、色が最初からきれいで驚きです。

170129_2オガワコマドリ  2012年印旛沼の4月には喉の下が全てブルーになりましたので、まだこれから色が付いてくると思われます。


170129_7後姿は何ともない目立たな鳥なのですが。


170129_19オジロビタキと同じく、尾を上げるポーズ。


170129_20訳のわからないものを食べていました。


170129_23


170129_25高いところから見下ろす形での撮影のため、横からの撮影は大変です。


170129_30


170129_35


170129_39


170129_40ちょっとましな背景でのオガワコマドリ


170129_41

170119-23 九州遠征No9 コミミズク

1月19日~23日 九州遠征No9 コミミズク  諫早

17011923_1コミミズク 有明川河口部に近い水路のようなところを飛び回っていました。残念なことに近かったのですが、最終日で合ったため既に三脚、手持ち用カメラはカバンの中で、仕方がなく500mmを手持ちでやったのですが、軽くなったとはいえやはりもう振り回すのは無理なようです。


17011923_2連射した中にどうにかピンが来ているものがあり、一安心です。


17011923_3近すぎて速さに付いていけないという撮影です。


17011923_4


17011923_9有明川と名前は大きいのですが、川としては川幅の狭い小さな川で調整池に流れ込んでいます。


17011923_11

17011923_13

17011923_14

17011923_23ちょっとマンマル気味のコミミズクです。

17011923_1_2調整池の風景 葦が拡大中のようです。一応真ん中の白いのは、クロツラヘラサギです。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30