« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

180827 クロサギ・ハヤブサ・ミヤコドリ

8月27日 クロサギ・ハヤブサ・ミヤコドリ 九十九里浜

180827_12クロサギ 珍しく夏場に出会うことができました。


180827_3シギチを狙っていると、何時の間にかすぐ後ろにクロサギが来ていました。


180827_7餌取りに夢中で、目の前を行ったり来たり。


180827_8ボラを食べた後、嘴の掃除でしょうか。


180827_10


180827_13


180827_14ノートリです。


180827_19時過ぎに突然、ハヤブサ若が突っこんできて干潟のシギチは大混乱です。それでも何回も突っこんだのですが狩りは失敗でした。

180827_7_2集団で逃げ飛ぶミユビシギ


180827_2ミヤコドリ




2018年8月30日 (木)

180828 印旛沼で出会った鳥 アオアシシギ・エリマキシギ・コアオアシシギ他

8月28日 アオアシシギ・エリマキシギ・コアオアシシギ他 印旛沼

180828_1アオアシシギ・コアオアシシギ


180828_4_2午前中は逆光気味になるのですが、午後からは順光できれいに撮れます。


180828_5アオアシシギ1羽・コアオアシシギ2羽


180828_6_2


180828_7


180828_1_2エリマキシギとアオアシシギ


180828_4_3エリマキシギとコアオアシシギ


180828_3_2アオアシシギ・コアオアシシギ・エリマキシギ


180828_4_4


180828_5_2


180828_2_3コサギ・セイタカシギ 他にタシギ・クサシギ・コチドリが見られました。

2018年8月29日 (水)

180828 オオタカ・オジロトウネン・クサシギ・ヒバリシギ

8月28日 オオタカ・オジロトウネン・クサシギ・ヒバリシギ 稲敷・与田浦周辺

180828_6オオタカ 雌と思いますが、ちょうど換羽の時期でボロボロ状態です。


180828_10


180828_13後姿はどうにか見られます。


180828_16


180828_2オジロトウネン・コチドリ


180828_3オジロトウネン 遠いところでこれで精一杯。


180828クサシギ


180828_2_2ヒバリシギ 今回はこの2羽しか確認できませんでした。見られる場所がすぐ変わってしまいます。


180828_4ここも距離がありトリミングもここまでです。


180828_8少し近いヒバリシギ


180828_9

印旛沼・稲敷 8:00-14:30 180828

1カルガモ 2キジバト 3カワウ 4ゴイサギ 5アマサギ 

 6アオサギ 7ダイサギ 8チュウサギ 9コサギ 10バン 

11コチドリ 12セイタカシギ 13タシギ 14コアオアシシギ 

15アオアシシギ 16クサシギ 17タカブシギ 18イソシギ 

19トウネン 20オジロトウネン 21ヒバリシギ 

 22エリマキシギ 23トビ 24オオタカ 25ノスリ 26チョウゲンボウ

 27ハシボソガラス 28ヒバリ 29ツバメ 30セッカ 31ムクドリ

 32スズメ 33ハクセキレイ 34ホオジロ

 

2018年8月28日 (火)

180824 オオグンカンドリ

8月24日 オオグンカンドリ 銚子

稲敷に居る時に嬉しい情報をいただき、本当は昼までに帰宅しなければならなかったのですが、急きょ時間延長の許可をもらい雌の成鳥を堪能してから急いで帰宅しました。

このオオグンカンも前回の若鳥に続き、行徳のリハビリ施設へ入院しました。

180824_2オオグンカンドリ雌成鳥 何時も地元の方のおかげで見られていますが、何時かは喉の赤い雄を見たいものです。


180824_4空中で羽繕です。


180824_5


180824_16強風の上昇気流に乗り、羽ばたくことなく海岸線を行ったり来たり。


180824_17


180824_19


180824_20


180824_24霞がかかったような天気で、なかなかシャープに写らなかったのですが、近くに来たこの時はうまく目が写りました。見ると左右が別々の方向を向いています。


180824_27


180824_31


180824_37

2018年8月27日 (月)

180826~27 コオバシギ

8月26日・27日 コオバシギ 九十九里浜

最近は九十九里浜の2ヵ所のポイントを回ることが多いのですが、順調に色々なシギチが次々入ってきます。

この二日間では、コオバシギとオオソリハシシギが新顔でした。

コオバシギは26日には1羽だったのですが、27日は2羽に増えていました。

今日は9時頃、ハヤブサ若が突っこんできて狩りには失敗しましたが、その後ミユビシギの大群は午後遅くまで戻って来てくれませんでした。

180826_3コオバシギ若 26日


180826_5


180826_8手前 コオバシギ 奥オバシギ若 ミユビシギ


180827_4右 コオバシギ 左 オバシギ 27日


180827_8コオバシギ2羽


180827_122羽のコオバシギ 赤味の強い個体と白味の強い個体です。


180827_15オバシギ2羽と行動を共にして、若だからか非常に警戒心が薄い4羽です。


180827_18やっとうまく4羽が固まってくれました。


180827_20


180827_23


180827_26


180827_31手前2羽がコオバシギですが、模様の感じがずいぶん違って見えます。普段見てきたのは右のタイプと思います。

九十九里浜 18082627

1キジ 2カルガモ 3キジバト 4オオミズナギドリ 

5カワウ 6アオサギ 7ダイサギ 8コサギ 9クロサギ

10ムナグロ 11ダイゼン 12コチドリ 13シロチドリ 

14メダイチドリ 15オオメダイチドリ 16ミヤコドリ 

17オオソリハシシギ 18チュウシャクシギ 19キアシシギ

20ソリハシシギ 21イソシギ 22キョウジョシギ 23オバシギ

24コオバシギ 25ミユビシギ 26トウネン 27ウミネコ 

28トビ 29ハヤブサ 30ハシボソガラス 31ハシブトガラス 

32ツバメ 33ムクドリ 34スズメ 35ハクセキレイ 36ホオジロ

2018年8月26日 (日)

180824 イソシギ・タマシギ・チュウジシギ?

8月24日 イソシギ・タマシギ・チュウジシギ? 与田浦周辺

180824_1イソシギ


180824_5この周辺では繁殖しているのか複数羽が常に見られます。


180824_6


180824_3タマシギ 今回は1羽だけでした。


180824_2


180824_4


180824_1_2チュウジシギ? 尾羽が確認できなかったのですが、チュウジでいいと思うのですが。 太いミミズをゲットです。


180824_4_2


180824_12嘴の先が少し変形しているようです。


180824_14


180824_16

2018年8月25日 (土)

180824 ヒバリシギ

8月24日 ヒバリシギ 稲敷

今回ヒバリシギを6羽見ましたが、かなりの羽数が今稲敷のハス田地帯に入っているようです。

180824_1_6ヒバリシギ 前回は遠いヒバリシギでしたが、今回この1羽だけは近くで撮ることができました。


180824_2_3


180824_3_2このヒバリシギも警戒心が強く、一定の距離に来るとすぐ奥に行ってしまいます。


180824_5_2


180824_6


180824_8


180824_9ヒバリシギも好きなシギ゙の1種です。


180824_11_2


180824_12


180824_13

2018年8月24日 (金)

180816 オオグンカンドリ

8月16日 オオグンカンドリ 銚子

九十九里浜で鳥見をしている時に情報をいただき、急きょ予定を変更し銚子へ行って初見のオオグンカンドリに出会うことができました。

有難いことです。

追記:20日に溺れそうになり保護され行徳の施設に入りましたが、23 22日無事に放鳥されたそうです。

180816_1オオグンカンドリ


180816_4普段見えない足をやっと見ることができました。


180816_7浮いている小サバを捕りました。


180816_12


180816_14


180816_16


180816_20目の前でホバリングです。


180816_22尾羽も開かれると全く見た感じが違ってしまいます。


180816_23


180816_30短い足で飛びながらの掻き掻きです。


180816_33やっと全面の背が撮れました。


180816_39

180824 稲敷で出会ったシギチ アオアシシギ・コアオアシシギ他

8月24日 稲敷で出会ったシギチ アオアシシギ・コアオアシシギ他 

稲敷は最近では珍しくハス田に早くもシギチがいろいろ入ってきています。この先楽しみな年になりそうな予感がします。

ところがなぜか鳥の警戒心が強く、近くに寄ってこないし、チョット近づくとすぐ飛ばれてしまいます。

180824_2アオアシシギ 3羽確認です。


180824_1クサシギ


180824_1_2コアオアシシギ 4羽居ました。


180824_5


180824_7


180824_11


180824_1_3アオアシシギとタカブシギ


180824_2_2


180824_1_4タカブシギ


180824_3


180824_1_5タシギ 最近入って来たようで、色々な所で目にします。


180824_4

稲敷・銚子 7:00-12:30 180824

1カルガモ 2キジバト 3オオグンカンドリ 4カワウ 5アマサギ

6アオサギ 7ダイサギ 8チュウサギ 9コサギ 10バン 11ムナグロ

12コチドリ 13チュウジシギ 14タシギ 15コアオアシシギ

16アオアシシギ 17クサシギ 18タカブシギ 19イソシギ 

20トウネン 21ヒバリシギ 22タマシギ 23ウミネコ 24トビ

25ハシボソガラス 26ヒバリ 27ツバメ 28ムクドリ 29スズメ

30ハクセキレイ 31ホオジロ 32コジュリン

 

2018年8月23日 (木)

180820 イヌワシ・カモシカ・シカ

8月20日 イヌワシ・カモシカ・シカ 伊吹山

 17日から21日まで、徳島県へ行ってきました。娘が8月より徳島へ転勤になり業者が運ぶのを渋った荷物を届けに行き、その帰りに伊吹山だけ寄ってきました。

 伊吹山では、台風による湿った風が入り9時半頃目の前を飛んでくれましたが、その後は頂上付近だけ雲の中に入ってしまい真っ白景色で悲しくも終了です。

それでも居合わせたカメラマン3名の方と話ができ、楽しい鳥見でした。

 今回も最近の遠征時の通り、ほとんどを一般道で行ってきました。自宅を17日の10時に出て、途中睡眠も入りましたが、徳島到着は18日の11時頃でした。吉野川河口で鳥見も少ししましたので、ほぼ24時間かかったことになります。

途中、法隆寺横を通ることがわかり、時間調整をして朝5時頃40数年ぶりとなる法隆寺を眺めてきましたが、周りに家が増え外からは昔の面影が全くなくなってしまいました。

帰りは伊吹山により、そこからも一般道で帰る予定をしていましたが、さすがに疲れ静岡から高速に乗ってしまいました。途中足柄SAで休憩したのですが、熟睡してしまい気が付いたらなんと朝5時半で、渋滞を避けるはずの高速道が都内に入るまでが大渋滞の真っ最中で、何のために高速に乗ったのかがっかりです。

今回は、向こうで娘と岡山へ観光もしてきたため往復2,000kmの旅行でした。

180820_2イヌワシ この時、眠くて車の中で休憩中で、居合わせたカメラマンの声で飛び起きて行ったのですが、既に後姿でした。


180820_4どうにか顔が写ってくれました。


180820_5


180820_7


180820_8


180820カモシカ 初見です。いままでいろいろ行きましたが、なぜか縁のなかったカモシカに遠かったですがやっと出会えました。


180820_4_2シカ 


180820_6


180820_7_2


180820_9

2018年8月22日 (水)

180821 アオアシシギ・コアオアシシギ・クサシギ・セイタカシギ

8月21日 アオアシシギ・コアオアシシギ・クサシギ・セイタカシギ 印旛沼

ヒレアシシギが出ているということで、無理をして徳島からの帰りに印旛沼に寄ってみたのですが、残念ながら居ませんでした。それでも今季初のコアオアシシギに出会うことができ、確実に秋の渡りが始まってきています。

180821_1アオアシシギ・コアオアシシギ・セイタカシギ 左から


180821_3アオアシシギ


180821_4奥 アオアシシギ 手前 コアオアシシギ


180821_7この場所で見られた4種 左からアオアシ・セイタカ・クサシギ・コアオアシ


180821_9


180821_11セイタカ・コアオアシ


180821_12セイタカ・アオアシ


180821_13


180821_14コアオアシシギ


180821_16セイタカ・アオアシ

2018年8月21日 (火)

180815 タマシギ No2

8月15日 タマシギNo2 稲敷

180815_10タマシギ夫婦


180815_12残念な枯枝が1本


180815_23


180815_29雌はお尻を上げて準備万端なのですが、雄がなぜか寄り添うのですが繁殖行動はする気がないようです。


180815_38裏で万歳


180815_50草の後ろで万歳 今回は全てピンが手前に取られて残念な結果で終わってしまいました。少し横に居た人はきれいに撮れていて、羨ましい限り。


180815_93大きなアオサギが近くに飛んできて警戒態勢。


180815_99


180815_1022羽して羽を広げ警戒姿勢です。


180815_105正面から見たらきっともっと面白い形が見えたと思います。


180815_107警戒態勢解除後、羽毛が飛び出してしまいました。


180815_112

2018年8月20日 (月)

1806 コアジサシ

6月下旬 コアジサシ 九十九里浜

アジサシ類の時期には、アジサシ、ベニアジサシ、クロハラ、ハジロ等ばかりを掲載し、コアジサシが残ってましたので、ここで掲載します。

180624_3コアジサシ 浜の砂山の上に止まるコアジサシ


180624_14水かきの付いた小さい足


180624_23他人の雛に餌をやろうとする個体が良くいますが、それを見つけた親が追い払ってます。


180624_25


180624_37波間に飛び込むコアジサシ  ピンが後ろに抜けてしまってますが、これで精一杯。


180624_38


180624_39


180624_40


180629_11アジサシ類が似合う青い海をバックに


180629_12


180629_23

2018年8月19日 (日)

180816 九十九里浜で出会った鳥 オオメダイ・オバシギ他

8月16日  九十九里浜で出会った鳥 オオメダイ・オバシギ他

今回は新顔オバシギが1羽やってきました。またオオメダイチドリが今までと違う場所で2羽見られました。

180816_2オオメダイチドリNo1


180816_7オオメダイチドリNo2 色が少し薄い個体


180816_92羽がやっと近づいてくれました。


180816_10


180816_6オバシギ  新顔です。大風のため風上に向かって踏ん張ってます。


180816_8


180816_5メダイチドリとトウネン


180816_7_2


180816_3ソリハシシギとメダイチドリ


180816_5_2


180816_1ダイゼン

 

片貝・銚子 10:00-14:30 180816

1カルガモ 2キジバト 3グンカンドリSP 4カワウ 5アオサギ

6ダイサギ 7コサギ 8ダイゼン 9コチドリ 10シロチドリ

11メダイチドリ 12オオメダイチドリ 13チュウシャクシギ 

14キアシシギ 15ソリハシシギ 16キョウジョシギ 17オバシギ

18ミユビシギ 19トウネン 20ウミネコ 21オオセグロカモメ 

22トビ 23ハシボソガラス 24ハシブトガラス 25ヒバリ 

26ツバメ 27ヒヨドリ 28ムクドリ 29スズメ 30ハクセキレイ

2018年8月18日 (土)

180809 オバシギ・メダイチドリ

8月9日 オバシギ・メダイチドリ 三番瀬

台風後に行った三番瀬で出会った今季初のオバシギです。

180809_1オバシギ若


180809_2今年の春に見逃してしまったオバシギです。


180809_5


180809_6


180809_7


180809_9


180809_4メダイチドリ 最近は正面顔に凝っているのですが、いざ狙うとピンなかなか来ないポーズで、特に飛行中はほとんどボツとなってしまいます。


180809_5_2


180809_6_2


180809_7_2

2018年8月17日 (金)

180815 オジロトウネン・ヒバリシギ

8月15日 オジロトウネン・ヒバリシギ 稲敷

シギがいろいろ入ったようですが、雨が降り水が増えたようで場所が変わってしまったようです。

やっとオジロトウネン2羽とヒバリシギ1羽に出会うことができました。

ハス田の奥から近づいてくれず、大トリミングです。

180815_4オジロトウネン


180815_8


180815_11


180815_13


180815_14


180815_7ヒバリシギ


180815_10


180815_11_2きれいな色で近くで撮りたいものです。


180815_17柔らかい土に足を取られ、羽を伸ばしてくれました。


180815_18


180815_20

2018年8月16日 (木)

180815 タマシギ

8月15日 タマシギ 稲敷

ハス田に新しいシギが入ったようなので、探しに行った最初のハス田で見たかったタマシギ夫婦に出会うことができました。この夫婦は翌日には居なかったようです。

非常にサービスの良かった夫婦でしたので、最初は水浴びと羽繕です。

180815_56タマシギ 左雌 右雄 水浴びに水の中に入っていきます。


180815_58この夫婦は仲が良く、何か動き出すとすぐに2羽が連れ添うように並びます。


180815_61雌が水浴びしているところに雄がやってきます。


180815_65


180815_67仲良く並びました。


180815_68先に雌が上がり、次は雄が水浴びです。


180815_73


180815_77羽繕


180815_81羽繕場所にも雄がやって来て、またもや並びます。


180815_85


180815_89


180815_91仲のいい夫婦でした。

稲敷  8:00-14:00  180815

1カルガモ 2キジバト 3カワウ 4アオサギ 5ダイサギ 

 6チュウサギ 7コサギ 8コチドリ 9オジロトウネン 

10ヒバリシギ 11タマシギ 12トビ 13ハシボソガラス 

14ヒバリ 15ツバメ 16ムクドリ 17スズメ 

18ハクセキレイ 19ホオジロ

 

2018年8月15日 (水)

180806 キアシシギ・ソリハシシギ・チュウシャクシギ・トウネン

8月6日 キアシシギ・ソリハシシギ・チュウシャクシギ・トウネン 九十九里浜

今回も2ヵ所のでの撮影です。

180806_1キアシシギ


180806_2ここは朝早いと逆光になるため、バックが砂地になるとどうにか色が出ます。水面が入ると苦労します。


180806_4


180806_1_2ソリハシシギ


180806_2_2


180806_3


180806_5何時見ても元気のよいソリハシです。


180806チュウシャクシギ 


180806_3_2トウネンとメダイチドリ


180806_6ようやく近くに来てくれ、きれいに撮影できました。


180806_7


180806_10

2018年8月14日 (火)

180812 オオジシギ

8月12日 オオジシギ3羽 与田浦周辺

ジシギ類の識別には何時も悩まされますが、今年は今までになく出会う機会も多く、尾羽とか判断できるものが見られればいいのですが、そうもいかずいつもいつも一人悩むばかりです。

Sp180812_1オオジシギ この日は、この3羽の他に2羽に出会いました。


Sp180812_2


Sp180812_5最初2羽と思っていたら、鳥友がもう一羽居るということで、今までになく1画面に3羽を入れることができました。


Sp180812_6


Sp180812_8


Sp180812_11


Sp180812_13


Sp180812_18F10まで絞ってみました。

2018年8月13日 (月)

180812 アマサギ・イソシギ・オジロトウネン・タカブシギ

8月12日 アマサギ・イソシギ・オジロトウネン・タカブシギ 稲敷他

久しぶりに稲敷のハス田巡りをしてきましたが、どうにか秋の渡りの走りと思えるオジロトウネン2羽とタカブシギの群に出会うことができました。

180812_2アマサギ


180812_2_2イソシギ


180812_2_3クサシギとオジロトウネン まだ夏羽を残すオジロトウネンでした。

180812_3ハス田の奥で採餌中で、2羽とも近くに寄ってきませんでした。


180812_4


180812_7


180812_8オジロトウネンとコチドリ幼鳥


180812_1タカブシギ 10羽ぐらいの群で1枚のハス田に居ました。久しぶりのハス田でのシギチで、これからが楽しみな出会いです。


180812_4_2


180812_6


180812_7_2

稲敷・印旛沼・香取 8:00-14:00 180812

1カルガモ 2カイツブリ 3キジバト 4カワウ 

5アマサギ 6アオサギ 7ダイサギ 8チュウサギ 9コサギ 

10バン 11コチドリ 12オオジシギ 13クサシギ 14タカブシギ

15イソシギ 16オジロトウネン 17コアジサシ 18トビ 

19カワセミ 20チョウゲンボウ 21ハシボソガラス 

22シジュウカラ 23ヒバリ 24ツバメ 25ヒヨドリ 26オオセッカ

27オオヨシキリ 28セッカ 29ムクドリ 30スズメ 31ハクセキレイ

32セグロセキレイ 33カワラヒワ 34ホオジロ 35コジュリン

 

2018年8月12日 (日)

180810 九十九里浜で出会ったシギチドリ




8月10日 九十九里浜で出会ったシギチドリ  オオメダイチドリ・キアシシギ・コアジサシ・ミユビシギ・ダイゼン・メダイチドリ

九十九里浜2ヵ所へ今回も足早に回ってきましたが、新顔は居ませんでしたが数は増えてきています。

最近は、台風の大波により行くたびに砂浜の形が変わってしまい、餌となる小さな虫も流されてしまっているようです。

種名を記載漏れでした。追記します。21:00

180810_2オオメダイチドリ


180810_3


180810_7


180810_1キアシシギ


180810_1_2コアジサシ

180810_2_2


180810_2_3ミユビシギ


180810_5ミユビシギ・ダイゼン・メダイチドリ


180810_7_2キアシシギ・ミユビシギ・メダイチドリ


180810_1_3ミユビシギ


180810_2_4

九十九里浜 9:00-12:00 180810

1カルガモ 2キジバト 3カワウ 4アオサギ 5ダイサギ

6コサギ 7ダイゼン 8コチドリ 9シロチドリ 10メダイチドリ

11オオメダイチドリ 12ミヤコドリ 13キアシシギ 14ソリハシシギ

15イソシギ 16キョウジョシギ 17ミユビシギ 18トウネン 

19ウミネコ 20コアジサシ 21トビ 22ハシボソガラス

23ヒバリ 24ツバメ 25ムクドリ 26スズメ 27ハクセキレイ

 

2018年8月11日 (土)

180807 イソシギ・オオジシギ

8月7日 イソシギ・オオジシギ 与田浦周辺

今回は、探し回りやっと2羽のオオジシギに出会うことができました。

180807_2_3イソシギ


180807_3


180807_1_3オオジシギ 今までになく近くに居てくれましたが、やはり気になるらしく徐々に奥に行ってしまいました。


180807_2_4今回もきれいに尾羽を広げてくれません。


180807_3_2


180807_6_3


180807_7


180807_8


180807_9脇羽は黒縞模様です。

180807_17別の場所のオオジシギ


180807_18

2018年8月10日 (金)

180807 オオタカ

8月7日 オオタカ 与田浦周辺

180807_3_3オオタカ 発見時に最初に止まってくれた交通量の良い道路の近くでした。


180807_4


180807_6_4別の場所に止まったオオタカ


180807_15風が強く不安定らしく、ふらふらしてました。


180807_17_2


180807_21


180807_24向きを変え狙いを絞ったようです。

180807_25

180807_27糞をしたので待つこと1~2秒。

180807_28飛出しです。

180807_29獲物に向かって行きました。

2018年8月 9日 (木)

180809 サルハマシギ・アカアシアジサシ

8月9日 サルハマシギ・アカアシアジサシ 三番瀬

今日一日台風の影響があるとの予報からゆっくり起きたのですが、起きると風も雨もなく近場の三番瀬に行くことにしました。

珍し系は居ませんでしたが、今年の初見サルハマシギとオバシギに出会うことができました。

180809_9サルハマシギ まだ夏羽が残る個体でした。


180809_10春は色々な所で見られていたサルハマですが、なぜか巡り合わせが悪く見ることができませんでしたが、どうにか夏羽を見ることができました。


180809_12


180809_13今日は1羽で居たり、メダイチドリと居たりでした。


180809_14


180809_15


180809_1アカアシアジサシ


180809_2サルハマを撮っているとすぐ横に降りてきてくれましたが、さすがに驚いたらしくすぐに飛び立ちました。


180809_4


180809_5嘴の赤がきれいです。


180809_7


180809_8

三番瀬 9:30-11:30 180809

1キジバト 2カワウ 3アオサギ 4ダイサギ 5ダイゼン 

6シロチドリ 7メダイチドリ 8ミヤコドリ 9キアシシギ 

10ソリハシシギ 11キョウジョシギ 12オバシギ 13ミユビシギ

14サルハマシギ 15ハマシギ 16ウミネコ 17コアジサシ 

18アジサシ 19 (アカアシアジサシ)    20ハシボソガラス 21ムクドリ

22スズメ 23ハクセキレイ

2018年8月 8日 (水)

180807 オオタカ・ショウドウツバメ・ツバメ・バン

8月7日 オオタカ・ショウドウツバメ・ツバメ・バン 与田浦周辺

時々小雨が降る天気でしたが、台風前に何時もの場所を足早に回ってきました。

今回は、新顔というかこの時期に会いたい、帰りのショウドウツバメ1羽に出会うことができました。また今年生まれのオオタカ若もタイミングよく目の前に飛んできてくれ、楽しませてくれました。

180807_11オオタカ若 成鳥と違い全身茶色ですが、やはりかっこいい鳥です。


180807_12獲物に向かって行った先で見つけたのですが、狩りは失敗のようでした。


180807_13


180807_14きれいなタカ模様です。


180807_1ショウドウツバメとツバメ


180807_5強い北風を避け道路で休憩中でした。


180807_6


180807_1_2ツバメ 


180807_2


180807_6_2北風に向かいゆっくりと飛んでくれたのですが、腕が悪くツバメにピンが合わせられずボツ写真ばかりでした。


180807_2_2バン若

 

香取・印旛沼 9:30-13:00 180807

1カルガモ 2カイツブリ 3キジバト 4カワウ 5アマサギ

6アオサギ 7ダイサギ 8チュウサギ 9コサギ 10ヒクイナ

11バン 12オオジシギ 13イソシギ 14コアジサシ 

15トビ 16オオタカ 17ハシボソガラス 18ヒバリ

19ショウドウツバメ 20ツバメ 21オオヨシキリ 22セッカ 

23ムクドリ 24スズメ 25ハクセキレイ 26ホオジロ 27コジュリン



2018年8月 7日 (火)

180806 九十九里浜で出会った鳥 オオメダイチドリ他

8月6日 九十九里浜で出会った鳥 オオメダイチドリ他

天気が崩れる前にと、今年のMF2ヵ所を回ってきました。

180806アオサギ 朝早い時間は天気が良かったのですが、その内厚い雲に覆われてしまい色がきれいに出てくれません。


180806_1オオミズナギドリ 波は高くオオミズナギドリが岸近くを飛び回っていました。


180806_4オオメダイチドリ 最初に見てから10日以上経ち、長期滞在中です。

180806_3_3メダイチドリ・オオメダイチドリ・キアシシギ


180806_6飛翔場面


180806_7左メダイチドリ 右オオメダイチドリ


180806_1_2コチドリとトウネン  コチドリはなぜか石の上でポーズ(実は警戒中かな?)


180806_4_2


180806_2シギの飛翔


180806_3


180806_3_2ミヤコドリ


180806_5ミヤコドリとサーファー

九十九里浜 7:00-11:30 180806

1カルガモ 2キジバト 3オオミズナギドリ 4カワウ 5アオサギ 

 6ダイサギ 7コサギ 8ムナグロ 9ダイゼン 10コチドリ 

11メダイチドリ 12オオメダイチドリ 13ミヤコドリ 

14チュウシャクシギ 15キアシシギ 16ソリハシシギ 17イソシギ 

18キョウジョシギ 19ミユビシギ 20トウネン 21ウミネコ 

22トビ 23ハシボソガラス 24ツバメ 25ヒヨドリ 

26ムクドリ 27スズメ 28ハクセキレイ

2018年8月 6日 (月)

180725 コチドリ・ソリハシシギ・トウネン

7月25日 コチドリ・ソリハシシギ・トウネン 九十九里浜

最近使用私用が多く、チョット鳥見回数が減っているため、在庫からの掲載です。

180725_1コチドリ  この時は雛が居たようなのですが、台風12号により流されたらしく最近行った時には親2羽が波打ち際で餌取りをしていました。


180725_4


180725_7ソリハシシギ 座って待っていると、目の前を横切って行きました。


180725_8


180725_9


180725_10キアシシギとソリハシシギ


180725_11


180725_14キョウジョシギ・ソリハシシギ・キアシシギ


180725_1_2トウネン まだ胸の赤いトウネンです。大きな餌を捕り安全な場所へ一目散です。


180725_3


180725_5

2018年8月 5日 (日)

180803 オオジシギ・カルガモ・セッカ・バン

8月3日 オオジシギ・カルガモ・セッカ・バン 香取市

水田地帯の畦道巡回の続きです。

180803_2_3オオジシギ 今回はこの1羽だけの出会いでした。


180803_5_4


180803_6_3何時ものことですが。近くには来てくれません。


180803_13


180803_2_4カルガモ 親と大きな子供たち。


180803_2_5セッカ 車で待っている真横に餌取りに降りてきてくれました。

180803_3


180803_7


180803_10


180803_3_2バン この辺りにはバンが多く、雛から大きな幼鳥までいろいろです。


180803_6_4子供は一羽だけでした。


180803_8_2羽繕している親の傍らで休憩です。

2018年8月 4日 (土)

180803 アマサギ・タマシギ・ヒクイナ

8月3日 アマサギ・タマシギ・ヒクイナ 香取市

久しぶりに日の出前後に水田地帯に行ってみましたが、やはりこの時間の方が鳥はゆっくりしていて良いのです。だけど退職した後時間はいくらでもあるということで、軟弱化してしまい早起きが出来なくなってきています。

180803_1アマサギ そろそろイナゴも増えてきてサギ類が水田に集結です。


180803_2


180803_5換羽中が多くきれいな色は少なくなっていますが、黄金色の中を飛ぶ姿はいい感じです。


180803_6


180803_5_2タマシギ 遠く暗い時間ではっきりわかりませんが、若い3個体と思います。


180803_6_2明るい時にいつも見ている場所ですが、初めての出会いです。明るくなってからは今回も出てきてくれませんでした。


180803_8今回は、本当は雌が目的だったのですが、雌には会えず、少し離れた場所で3個体と遭遇。


180803_9


180803_1_2ヒクイナ 止まっていると暑いので、少しウロウロしてきたらヒクイナに遭遇。2羽がいました。


180803_2_2


180803_5_3

香取 4:30-14;00 180803

1カルガモ 2キジバト 3カワウ 4ゴイサギ 5アマサギ

6アオサギ 7ダイサギ 8チュウサギ 9コサギ 10バン 

11オオジシギ 12タマシギ 13トビ 14ハシボソガラス 15ヒバリ

16ツバメ 17セッカ 18ムクドリ 19スズメ 20ハクセキレイ 21ホオジロ

22ヒクイナ

2018年8月 3日 (金)

7月6日~9日 小笠原・硫黄島クルーズ No13 最終回 アナドリ・オオミズナギドリ・オナガミズナギドリ

7月6日~9日 小笠原・硫黄島クルーズ No13  最終回 アナドリ・オオミズナギドリ・オナガミズナギドリ

小笠原・硫黄島シリーズも最終回になりました。

180706_2アナドリ この鳥は、小さく真っ黒で動きも変速でいざ撮ろうとするとなかなか手こずる鳥です。


180706_3


180706_4遠いところを飛ぶ黒い鳥を、またアナドリかと侮っていると、ウミツバメ類を見逃すことになります。常に確認が必要で、結構疲れる海鳥観察です。


180709_1オオミズナギドリ


180709_2


180706_3_2オナガミズナギドリ 左上アナドリ 右下シロハラミズナギドリ


180706_5オオミズナギは頭が白く見えますが、オナガは頭が黒くなります。


180706_6近くを飛んだ時で、飛ぶ方向を確認しているような仕草です。


180706_7


180707_1


180706_3_3アカオネッタイチョウ 未掲載分です。


180706_25シラオネッタイチョウもこのぐらいで撮りたいものです。

2018年8月 2日 (木)

180718 イワツバメ・カヤクグリ・ツキノワグマ・ホシガラス・ルリビタキ

7月18日 イワツバメ・カヤクグリ・ツキノワグマ・ホシガラス・ルリビタキ 乗鞍岳

180718_2イワツバメ 飛翔場面は撮れなかったため止まってる雛です。

180718_4


180718_5


180718_1カヤクグリ


180718_6


180718_5_2ツキノワグマ 今年は良く出てくるそうです。横にレンジャーの方が居て教えてくれました。


180718_7


180717_4ホシガラス 近くで撮っている方が居て羨ましく思いながら、山の上から無理むりの撮影でした。


180718_3


180718_1_2ルリビタキ 警戒心が強く、ソングポストは遠い所ばかり。


180718_6_2

2018年8月 1日 (水)

180731 九十九里浜で出会ったシギチ アオアシシギ他

7月31日 九十九里浜で出会ったシギチ アオアシシギ他

九十九里浜の2ヵ所を回り、この日の新顔は、チュウシャクシギとアオアシシギでした。

180731_2アオアシシギ 警戒心が強く近寄らせてくれません。


180731_3


180731_4


180731_1オオメダイチドリ ここにしばらく居ついているオオメダイです。


180731_2_2


180731_2_3キアシシギ


180731_1_2メダイチドリ・キアシシギ・ムナグロ・イソシギ


180731_3_2メダイチドリ・ソリハシシギ


180731_1_3ダイゼン


180731_5チュウシャクシギ 3羽でいました。


180731_3_3ミヤコドリ4羽・ウミネコ


180731_2_4メダイチドリ

 

九十九里浜 8:00-11:30 180731

1カルガモ 2キジバト 3カワウ 4アオサギ 5ダイサギ

6コサギ 7ムナグロ 8ダイゼン 9コチドリ 10シロチドリ

11メダイチドリ 12オオメダイチドリ 13ミヤコドリ

14チュウシャクシギ 15アオアシシギ 16キアシシギ

17ソリハシシギ 18イソシギ 19キョウジョシギ 20トウネン

21ウミネコ 22トビ 23ハシボソガラス 24シジュウカラ

25ヒバリ 26ツバメ 27ムクドリ 28スズメ

29ハクセキレイ 30ホオジロ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31