« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

181127 キバシリ・マヒワ

今年も年に一度はと思い、強行軍で伊豆沼方面に行ってきました。写真は、たくさん撮り過ぎて整理がまだまだのため、先に帰りに寄った戦場ヶ原で出会った鳥を掲載です。

この時期の戦場ヶ原は初めてのような気がしますが、雪が全くなく周りを眺めても白根山の頂上付近に薄らと見えるぐらいでした。それでも出発の6時半頃はマイナス4度という気温で、草木や木道に霜が付きたぶん一番乗りの戦場ヶ原へ入って行きました。

最初は鳥は少なく、気温が上がってからやっとカラ類の混群が現われ、色々な鳥に出会うことができました。

181127_2キバシリ カラ類の混群に混じり楽しませてくれました。


181127_3

181127_4幹の裏側を器用に歩き回ります。

181127_5


181127_9距離は近かったのですが、暗すぎてISOが上がり過ぎました。

181127_11アリか蜘蛛のようなものを咥えています。


181127_14


181127_15隙間を覗きこむキバシリ


181127_1マヒワ


181127_4_2


181127_2_2肉眼では霜に光が当たりきれいに輝いているのですが、腕が悪く写真に撮るとうまく色が出てくれません。


181127_5_2

戦場ヶ原 6:30-12:00 181127

1マガモ 2キジバト 3トビ 4ノスリ 5コゲラ 6オオアカゲラ 

7アカゲラ 8アオゲラ 9カケス 10ハシボソガラス 

11ハシブトガラス 12コガラ 13ヒガラ 14シジュウカラ

15ヒヨドリ 16エナガ 17キバシリ 18ミソサザイ 19ツグミ

20アトリ 21マヒワ 22シメ 23カシラダカ




2018年11月29日 (木)

181124 トモエガモ・ハジロカイツブリ・コチョウゲンボウ

居るといわれながら見ることができなかったトモエガモに、1羽ですがやっと出会うことができました。印旛沼

181124_1_2トモエガモ 距離は今までになく近かったのですが、曇りできれいな色が出てくれませんでした。


181124_4やはりオナガガモの群と一緒でした。


181124_7


181124_8_2ずっと寝ていて、少しずつ近寄ってきたのですが、突然起きだし岸に近寄り過ぎたのがわかったのか沖に向かってまっしぐらです。


181124_9_2


181124_1_3ハジロカイツブリ 到着直後は大きな群れで行動していましたが、ここにきてバラバラになってきました。


181124_2


181119_3_3コチョウゲンボウ雄 11月19日の撮影です。


181119_7


181119_8


181119_10

2018年11月28日 (水)

181121 カワセミ・キセキレイ

近くの自然公園に久しぶりに行ってきました。毎年この時期に紅葉がきれいで、紅葉と鳥を狙っていくのですが、今年は望みどおりには行きませんでした。千葉市

181121_1カワセミ 何時ものことですが、止まりものばかりで、飛び込みはなしです。


181121_3


181121_5


181121_7ここまでで2回飛び込んでるのですが、全く動けず。


181121_9


181121_10水面に映る紅葉。


181121_1_2キセキレイ


181121_2


181121_5_2


181121_8


181121_4おまけ 真っ赤な紅葉もあったのですが、緑と赤を少し入れて、700mm換算で撮影です。


181121_6

2018年11月27日 (火)

181119 カイツブリ・カンムリカイツブリ・タゲリ・チョウゲンボウ

印旛沼~稲敷で撮れた鳥4種です。

181119_2カイツブリ


181119_1カンムリカイツブリ 顔に縞模様が残るので、今年生まれの若鳥。


181119_3タゲリ


181119_1_2チョウゲンボウ雌 きれいな個体でしたが、逆光と撮影位置が良くなかったです。


181119_3_2


181119_4見られているような。


181119_5


181119_9どうしても電線が邪魔をしてきます。


181119_11


181119_14


181119_18

2018年11月26日 (月)

181124 ハイタカ

何時もの印旛沼の土手の上から、灌木に止まる鳥を見ていると、そこに突然大きな鳥が突っこんで裏側の葦の中に入りました。この時点でハイタカと思い出てくるのを待つと、すぐに出てきて近くの木に止まってくれました。

こんなに近くでハイタカに会ったのは初めてで、手前の草陰の隙間からの撮影でしたが、久しぶりの緊張した撮影でした。 印旛沼

181124_1ハイタカ若 ここから飛んだのですが、運よく枝かぶりのない良いところに止まってくれました。


181124_6風が吹くと見えなくなってしまう場所でしたが、どうにか撮れました。


181124_8隠れるという意味では、草陰からの撮影のため近寄れたと思います。


181124_9


181124_10トリミングしていますが、ここからが一番近寄れたところです。


181124_11最初から見ていないと、こういう場所に居るハイタカを見つけ出すのは困難でしょう。


181124_12


181124_14


181124_15


181124_16この後草陰から顔を出したところで終了。

印旛沼 9:00-12:30 181124

1キジ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5ハシビロガモ

6オナガガモ 7トモエガモ 8コガモ 9ホシハジロ 10カイツブリ

11カンムリカイツブリ 12ハジロカイツブリ 13キジバト 14カワウ 

15アオサギ 16ダイサギ 17コサギ 18クイナ 19オオバン 20タゲリ

21ミサゴ 22トビ 23チュウヒ 24ハイタカ 25ノスリ 26カワセミ

27チョウゲンボウ 28モズ 29ハシボソガラス 30ハシブトガラス

31シジュウカラ 32ヒバリ 33ヒヨドリ 34ウグイス 35ムクドリ 

36シロハラ 37ツグミ 38ジョウビタキ 39スズメ 40ハクセキレイ

41タヒバリ 42カワラヒワ 43ホオジロ 44カシラダカ 45アオジ 

46オオジュリン

2018年11月25日 (日)

181012-17小笠原・西之島クルーズNo9 イソヒヨドリ・カツオドリ・ムナグロ 

在庫整理が続きますが、小笠原・西之島ツアーの最終回未掲載分です。

181014_3イソヒヨドリ


181014_6


181016_1道路わきの手が届きそうなところに来るイソヒヨドリ


181016_2


181015_2カツオドリ 薄いブルーの目がきれいなカツオドリ


181016_1_2月とカツオドリ


181016_14父島とカツオドリ


181016_20


181016_1_3ハシナガイルカ

181015_1ムナグロ 


181016_41ヶ月ぐらい前には未見の鳥がいたのですが、今回は少し足が長く見えるムナグロです。

181114~17 印旛沼で出会った鳥

最近猛禽類の掲載が多くなっていましたので、未掲載となっていた鳥の出番です。印旛沼

181117_3アオサギ


181117アオジ


181116_1カワラヒワ


181114_6かんたくん


181117_1カンムリカイツブリ


181114_1ケリ


181114_8夕刻で陽炎がなくどうにか見られるケリが撮れました。


181117_3_2シメ


181117_2ホオジロ


181117_2_2マガモ


181114_3ヨシガモ 


181114_4やっと換羽が進みきれいな姿を見られるようになりました。

2018年11月24日 (土)

181120 かんたくん・チュウヒ・ノスリ・ハヤブサ

朝、野田市の方にコクマルガラスを見に行き、すぐ見られてしまったので帰りがけに印旛沼によって撮れた鳥です。

181120_2かんたくん 何時もの通り橋の上で鳥の出を待っていると、珍しく右の方から飛んでくるかんたくんに出会いました。低空飛行ですが、ピンク色が良く目立ち優雅な飛行です。


181120_6休憩場所の近くに着水。


181120_3チュウヒ 顔がこちらを見ている感じです。


181120_4_2


181120_5チュウヒ(大陸型)  珍しく沼の土手際を飛行していたところ、そこからユーターンする形で、みなさんお待ちの橋の方へ飛んで来るという大サービスをしてくれました。


181120_7


181120_10まっすぐ向かってきます。


181120_11しかし腕が悪く近いところは追い切れず、沼の方へ戻って行ってしまいました。


181120_2_2ノスリ


181120_3_2


181120_1ハヤブサ 今年は3~4個体が同じような所を飛び回っているようです。

181109-11大洗~苫小牧航路No6  オオミズナギドリ・ミツユビカモメ他 

苫小牧航路 最終回です。

181109_4カマイルカ  餌でもあるのかミズナギドリやコアホウドリが付いています。


181109_2オオミズナギドリ


181109_5


181111_2ウミネコ 三陸海岸とウミネコの風景


181111_3山には雪が全くありません。


181111_7


181111_15セグロカモメ


181109_1ミツユビカモメ


181109_2_2


181110_2


181110_3

2018年11月23日 (金)

181120 コクマルガラス・ミヤマガラス

コクマルガラスの白黒と黒色がたくさん入った群がいると教えてもらい、野田市の水田地帯へ行ってきました。

情報通り、今までになくコクマルガラスが混じったミヤマガラスとの群で、聞こえるのは可愛いコクマルガラスの鳴き声だけというものでした。

鳥友に感謝です。

181120_4コクマルガラス・ミヤマガラス


181120_8


181120_15コクマルガラス白黒2羽と黒色2羽、ミヤマガラス


181120_18白黒3羽  6羽居るようですが、今回は4羽は一度に見ることができました。


181120_19


181120_24ミヤマガラス 1羽はザリガニの足を咥えています。


181120_27コクマルガラス黒色型


181120_32コクマルガラス白黒とミヤマガラス 大きさの違いが分かります。


181120_34電柱に白黒2羽と黒色11羽います。


181120_36ミヤマガラス 今までで一番近寄らしてくれたミヤマガラス。


181120_39上空を群れ飛ぶ群

千葉県北西部・印旛沼周辺 9:30-15:30 181120

1キジ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5オナガガモ

6コガモ 7ホシハジロ 8カイツブリ 9カンムリカイツブリ

10ハジロカイツブリ 11キジバト 12カワウ 13アオサギ 

14ダイサギ 15コサギ 16クイナ 17オオバン 18タゲリ

19ミサゴ 20トビ 21チュウヒ 22ノスリ 23カワセミ 

24チョウゲンボウ 25ハヤブサ 26モズ 27コクマルガラス 

28ミヤマガラス 29ハシボソガラス 30ハシブトガラス

31ヒバリ 32ヒヨドリ 33ウグイス 34ムクドリ 35ツグミ 

36ジョウビタキ 37スズメ 38ハクセキレイ 39セグロセキレイ

40タヒバリ 41カワラヒワ 42ホオジロ 43カシラダカ 44アオジ

 

181109-11大洗~苫小牧航路No5 コアホウドリ・カマイルカ・コビレゴンドウ 

今までいろんな航路を乗ってきましたが、やっとコビレゴンドウを撮ることができ、またカマイルカのジャンプも撮ることができました。

181111_7カマイルカ 初めてのジャンプ撮影で。

181111_13

181109_7コアホウドリ アホウドリ類は体が大きく、海上から飛ぶのに長い助走が必要で、その姿は見ていて微笑ましいものがあります。


181109_22長い助走の跡が分かります。


181109_1コアホウドリ コアホウドリの下面模様は、個体によりまちまちで、それを見るのも楽しみです。 この個体はほぼ黒色。


181109_5


181109_8この形が多いようです。


181109_15


181109_25同じような所に黒色が入りますが、大きさが違い、見た感じがずいぶん違います。


181111_1コビレゴンドウ 小型の鯨ですが、やっと撮れました。


181111_3




2018年11月22日 (木)

181109-11大洗~苫小牧航路No4 カンムリカイツブリ・フルマカモメ 

フルマカモメも今回数多く見られ、ひそかに期待した淡色型には出会うことはありませんでした。

181110_3_2カンムリカイツブリ 八戸港の外洋側に群れていました。


181110_5_2


181110_7


181110_1_2フルマカモメ暗色型


181110_2_2


181110_4フルマカモメも遠くで見ると、真っ黒いミズナギドリに見え、最初の内は期待した鳥に見えてしまい焦りました。


181110_5_3グレーのフルマカモメ


181110_8


181110_9今までになく飛んでくれ識別は分かったつもりですが、次回会った時にはまた迷いそうな感じがします。


181110_10


181110_11

181119 オオタカ

久しぶりに近かったオオタカですが、今回も調査協力中の個体でした。稲敷

181119_1オオタカ雌


181119_2


181119_8別の電柱に移動。この電柱は色々な鳥に利用されているようで糞が一杯です。


181119_9


181119_9_2


181119_11大回りして前側に移動。


181119_12


181119_13


181119_18 左足に足環が見えます。


181119_20


181119_21

稲敷・印旛沼周辺 9:30-16:30 181119

1キジ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5オナガガモ

6コガモ 7カイツブリ 8カンムリカイツブリ 9キジバト 

10カワウ 11アオサギ 12コサギ 13オオバン 14タゲリ 

15ケリ 16ユリカモメ 17セグロカモメ 18ミサゴ 19トビ 

20チュウヒ 21オオタカ 22ノスリ 23チョウゲンボウ 

24コチョウゲンボウ 25ハヤブサ 26モズ 27ハシボソガラス

28ヒバリ 29ヒヨドリ 30ムクドリ 31ツグミ 32スズメ

33ハクセキレイ 34セグロセキレイ 35タヒバリ

36カワラヒワ 37シメ 38ホオジロ 39アオジ

 

2018年11月21日 (水)

181109-11大洗~苫小牧航路No3 クロアシアホウドリ・トウゾクカモメ 

少しブログネタが溜まってきたため古くならないうちに掲載です。

今回やっとトウゾクカモメの長い尾羽をどうにか撮ることができましたが、イマイチで次回に期待です。

181110_1クロアシアホウドリ


181110_5


181111_1三陸海岸をバックに大きくソアリングするクロアシアホウドリ。


181111_2


181110_2トウゾクカモメ


181110_3数は多かったのですが、船の横を飛んでくれず、横切るのが多いためどうしても後ろ向きが多くなってしまいます。


181111_2_2随一近くの横を飛んでくれたもので、尾羽もどうにか写ってくれました。


181111_3


181111_4


181111_5


181111_6

181106 チュウヒ

何回も出会いはあるものの、何時も陽炎でどうしようもなかったのですが、今回は小雨の条件でしたが、帰りがけにやっとタイミング良く撮影できたチュウヒ(大陸型)です。千葉県

181106_17チュウヒ  最近の獲物はカエルです。


181106_20捕まえると少し移動です。


181106_22


181106_7小さいカエルが獲物ですので、食べるのは早く、すぐ次の狩りに動き出してしまいます。

181106_8


181106_10小雨の中、力強い飛び立で翼と尾羽から水しぶきが上がってます。


181106_11


181106_12


181106_13


181106_15


181106_23

2018年11月20日 (火)

181117 オオタカ・チュウヒ・ハイイロチュウヒ・ハイタカ

冬に渡ってくる猛禽が、ここにきてやっと出揃ってきました。霞ヶ浦周辺

181117_2_2オオタカとカラス


181117_3これだけのカラスに囲まれて騒がれては、さすがに嫌になってしまいそうですが、このオオタカはカラスが去ってからも残っていました。


181117_1チュウヒ チュウヒは良く飛んでくれるのですが、如何せん距離がありどうしようもありません。近くに来た一瞬の一コマです。


181117_2_3


181117_9_2


181117_5ハイイロチュウヒ雌 この日が初認のようです。


181117_6_3遠いところを飛び回るだけで、そのまま降りてしまいました。


181117_7


181117_8_2


181117_9_3


181117ハイタカ まっすぐ通過して行ったハイタカで、後姿だけでした。

2018年11月19日 (月)

181116 印旛沼周辺で出会った鳥

今回は公園にも足を延ばし、久しぶりの50種越えの出会いがありました。印旛沼周辺181116_1アオジ


181116_3


181116_1_2アリスイ


181116_3_2


181116_1_3オオジュリン


181116_2


181116_1_4シジュウカラ


181116_1_5ツグミ やっと今シーズン初撮りです。


181116_1_6ビンズイ 林の中のビンズイです。


181116_3_3


181116_3_4ルリビタキ 居ると聞いてやってきましたが、なかなか見つからず、やっと木の上の方に居た雌を撮れました。

印旛沼周辺 7:00-14:30 181116

1キジ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5オナガガモ

6コガモ 7ホシハジロ 8キンクロハジロ 9カイツブリ 

10カンムリカイツブリ 11ハジロカイツブリ 12キジバト 

13カワウ 14アオサギ 15ダイサギ 16コサギ 17オオバン 

18タゲリ 19ユリカモメ 20ミサゴ 21トビ 22チュウヒ

23ハイタカ 24ノスリ 25カワセミ 26アリスイ 27コゲラ

28チョウゲンボウ 29コチョウゲンボウ 30モズ 31ハシボソガラス

32ハシブトガラス 33ヤマガラ 34シジュウカラ 35ヒバリ 

36ヒヨドリ 37ウグイス 38メジロ 39ムクドリ 40シロハラ 

41ツグミ 42ルリビタキ 43ジョウビタキ 44スズメ

45ハクセキレイ 46ビンズイ 47タヒバリ 48カワラヒワ

49シメ 50ホオジロ 51カシラダカ 52アオジ 53オオジュリン

 

2018年11月18日 (日)

181117 猛禽3種

最近は、いつも行くポイントでは猛禽類との出会いが多く、今回もコチョウゲンボウ・チュウヒ・偶然のハイチュウの3種です。 印旛沼周辺

181117_4コチョウゲンボウ雌タイプ 


181117_6チョット露出オーバー、補正が間に合わず。


181117_8この個体目が大きいような感じです。


181117_9


181117_10畦道


181117_11


181117_12


181117_4_2チュウヒ


181117_6_2


181117_2ハイイロチュウヒ コチョウゲンボウ撮影中に、上を飛んで行った一瞬の出会いでした。


181117_4_3渡って来たばかりで、定住地を探しウロウロかな。たまにはここを選んでくれればいいのですが。

 

稲敷・印旛沼周辺 8:00-16:30 181117  久しぶりの50種越えです。

1キジ 2ヨシガモ 3ヒドリガモ 4マガモ 5カルガモ

6オナガガモ 7コガモ 8ホシハジロ 9キンクロハジロ 

10カイツブリ 11カンムリカイツブリ 12ハジロカイツブリ

13キジバト 14カワウ 15アオサギ 16ダイサギ 17コサギ 

18オオバン 19タゲリ 20ケリ 21ユリカモメ 22セグロカモメ

 23ミサゴ 24トビ 25チュウヒ 26ハイイロチュウヒ 27ハイタカ

28オオタカ 29ノスリ 30コゲラ 31チョウゲンボウ 

32コチョウゲンボウ 33ハヤブサ 34モズ 35ミヤマガラス 

36ハシボソガラス 37ハシブトガラス 38シジュウカラ 39ヒバリ 

40ヒヨドリ 41ウグイス 42セッカ 43ムクドリ 44ツグミ 

45ジョウビタキ 46スズメ 47ハクセキレイ 48タヒバリ

49カワラヒワ 50シメ 51ホオジロ 52カシラダカ 53アオジ

54オオジュリン

2018年11月17日 (土)

181113 カシラダカ・キジ・タゲリ・チュウヒ

今季最初のチュウヒの塒入りを見てきましたが、チュウヒ以外にもコチョウゲンボウ・ハヤブサ・ハイタカが見られました。印旛沼・稲敷

181113_2カシラダカ


181113_3


181113_3_2キジ


181113_4雌・雄


181113_4_2タゲリ


181113_6正面顔の模様が何とも言えません。


181113_10


181113_18冠羽が風になびき、立つ感じが良く何時もついつい撮ってしまいます。


181113_2_2チュウヒ

181113_8何時ものことですが、近くには来てくれません。


181113_9

2018年11月16日 (金)

181109-11大洗~苫小牧航路No2 ハジロミズナギドリ 

今回の航路鳥見で随一のライファーとなったハジロミズナギドリです。

少し荒れ気味であった9日(大洗~苫小牧)と10日(八戸~苫小牧)によく言うお祭り状態で見ることができました。

ところが復路の苫小牧~大洗では1羽も見ることができず、海鳥の鳥見の難しさを感じたところです。

181109_4ハジロミズナギドリ 悪天候ほど見やすくなりますが、撮影には逆に厳しくなります。


181109_9冠羽が始まっていない個体ですが、中には風切りの換羽が始まっている個体も居て、上面も白く抜けて見え混乱してしまいます。


181110_2上面は真っ黒でなく、少しグレーがかります。


181110_4


181110_7嘴の基部が白く抜けます。


181110_9


181110_132羽が並んでくれました。


181110_14


181110_15


181110_16


181110_172今回の中ではこれが一番でしょうか。

2018年11月15日 (木)

1811 コチョウゲンボウ

昨年はコチョウゲンボウの雄に、色々な所で何回も出会うことができましたが、今年はやっと胸の赤が薄い個体と濃い個体に会うことができました。千葉県

181106_21コチョウゲンボウ雄 胸の赤が薄い個体で小雨降る中での撮影でした。


181106_37今回はサービスが良くエンジェルポーズや伸びもしてくれました。

181106_40


181107_11コチョウゲンボウ雄 胸の赤が濃い個体


181107_13


181107_16胸の赤がやっと見えました。


181107_18


181107_23飛行姿は早すぎてピンボケでした。


181107_25木止まり


181107_38


181107_43

2018年11月14日 (水)

181113 オジロトウネン・ハイタカ・ホシムクドリ

最近印旛沼通いが多かったので、久しぶりの稲敷方面への鳥見です。

181113_3オジロトウネン 8羽の群でした。目的の鳥は出会えませんでした。


181113_5


181113_7


181113_6ハイタカ 若鳥だと思います。ハイタカ独特の飛行姿勢です。


181113_7_2


181113_8近かったのですが、出遅れてしまいこの後は後ろ向きになってしまいました。


181113_9


181113_1ホシムクドリ 今年もやってきました。確認は2羽でしたが、鳥友は4羽確認してます。


181113_4


181113_5_2


181113_8_3上と下にいます。

稲敷・印旛沼周辺 8:30-16:00 181113

1キジ 2マガモ 3カルガモ 4コガモ 5カイツブリ

 6カンムリカイツブリ 7キジバト 8カワウ 9アオサギ 

10ダイサギ 11コサギ 12オオバン 13タゲリ 14クサシギ

15タカブシギ 16オジロトウネン 17ユリカモメ 

18セグロカモメ 19ミサゴ 20トビ 21チュウヒ 22ハイタカ

23ノスリ 24コゲラ 25チョウゲンボウ 26コチョウゲンボウ

27ハヤブサ 28モズ 29コクマルガラス 30ミヤマガラス 

31ハシボソガラス 32ハシブトガラス 33ヒバリ 34ヒヨドリ 

35セッカ 36ムクドリ 37ホシムクドリ 38ツグミ 

39ジョウビタキ 40スズメ 41ハクセキレイ 42セグロセキレイ

43タヒバリ 44カワラヒワ 45ホオジロ 46カシラダカ

47アオジ 48オオジュリン

2018年11月13日 (火)

181109-11大洗~苫小牧航路No1 アホウドリ

A社のツアーに参加して、大洗~苫小牧~八戸~苫小牧~大洗航路での鳥見に行ってきました。

目的はミナミオナガでしたが、残念ながら出会いはありませんでした。それでも私にとってのライファー1種 ハジロミズナギドリをお祭り状態で見ることができ、結果的には充実した楽しい鳥見となりました。

最初は、嬉しい出会いのアホウドリです。期間通して3日間見ることができ、その内1羽は今まで見た中で一番成鳥らしい個体でした。

181109_1A アホウドリ 成鳥と言えるのではと思います。頭部も黄金色です。


181109_7


181109_8


181109_10


181109_11


181109_12B アホウドリ 亜成鳥


181109_15


181109_18


181110_3C アホウドリ亜成鳥 一番若い個体。もう一羽幼鳥らしい個体が最終日に出たのですが、撮影できませんでした。


181110_6次列に白い部分が出ています。


181110_7

大洗~苫小牧・苫小牧~八戸・八戸~苫小牧

・苫小牧~大洗181109-11

1(マガモ2(シノリガモ) 3カンムリカイツブリ

4シロエリオオハム5コアホウドリ 6クロアシアホウドリ

 7アホウド8フルマカモメ 9ハジロミズナギドリ 

10オオミズナギドリ 11(ヒメウ12(ウミウ) 

13ミツユビカモメ 14ユリカモメ15ウミネコ 

16セグロカモメ 17オオセグロカモメ18トウゾクカモメ

19ウミスズメ 20ウトウ 21ハヤブサ 22(ハシブトガラス) 

23(イソヒヨドリ) 24(ハクセキレイ) 

 番外カマイルカ 番外コビレゴンドウ

 

2018年11月12日 (月)

181020-22 オグロシギ・オオタカ・オオバン・セグロセキレイ

少し前の写真ですが、印旛沼から稲敷方面で出会った鳥です。

181022_2オオタカ 


181022_3前から見るときれいな成鳥だったのですが、飛び立つ背中にはアンテナが出ていました。


181022_2_2オオバン


181020_1オグロシギ


181020_2


181020_3


181020_4オグロシギぐらいの大型になると水浴びも豪快で水しぶきがすごいです。


181020_6


181020_8


181022_1セグロセキレイ 欄干に2羽が並んでくれましたが、なぜか互いに気にしながらそっぽを向いているようです。


181022_2_3

2018年11月11日 (日)

181012-17小笠原・西之島クルーズNo8 シロハラミズナギドリ・ノスリ 

小笠原と言えばシロハラミズナギドリ、昨年初めて小笠原へ来るまで翼下面にはっきりした白黒模様のあるミズナギドリを見たことがなく、まだつい最近ですがわくわくして見ていた記憶がよみがえります。

181013_1シロハラミズナギドリ


181013_2きれいな模様でついつい撮ってしまいます。


181013_3


181013_4


181013_8来年は八丈島航路で見たいと思います。


181013_11

181013_12


181013_13


181016_1ノスリ 集落周辺で良く目にした個体です。


181016_2


181016_3

2018年11月10日 (土)

181012-17小笠原・西之島クルーズNo7 オナガミズナギドリ 

この海域では無いと勝手に思っていたことを見てしまいました。釣糸に絡まり、それを取ろうとするオナガミズナギドリです。

181015_3オナガミズナギドリ  


181015_5今回は珍しくオオミズナギドリも小笠原海域で多数出てきて驚きましたが、同じところで比較できるとオオミズナギドリの頭の白さが良くわかります。


181015_6


181015_7


181015_8


181015_10ここからは釣糸をはずそうとしているところです。


181015_11写真を撮っている時は、なんか面白い動きをしているなと思ったぐらいでしたが、ガイドより釣糸が写ってるとい声があり、よく確認すると写っている場面があります。


181015_12嘴に釣糸が見えます。


181015_13


181015_14足にも絡みついています。


181015_15

2018年11月 9日 (金)

181107 ハヤブサ

冬の猛禽が揃ってきましたが、あと1種 ハイイロチュウヒが待ち遠しいです。

181107_29ハヤブサ お腹が一杯なのか休憩時間が長かったです。


181107_34


181107_37赤とんぼが2つつながって飛んできて、不思議そうに見てました。風切り羽の下あたりに薄らと赤い色がそうですが?


181107_38


181107_39


181107_40お腹の前に。この写真が一番よくわかるのでは。


181107_42前に居るようですが。これは見えません。


181107_43


181107_44


181107_46

181107 クロハラアジサシ・チョウゲンボウ・ハジロカイツブリ

今回は風向きに助けられクロハラアジサシが近くを飛んでくれたのですが、撮影はなぜかうまく行かず近くのものは全滅に近かったです。印旛沼周辺

181107_1クロハラアジサシ幼鳥 近かったのにコントラストが弱いためかどうにかこの2枚ぐらいでした。


181107_2


181107_3_3


181107_4


181107_8杭の上で休むクロハラアジサシ


181107_1_2チョウゲンボウ雄 この場所にはいつも居るのですが、残念なことに尾羽がボロボロです。


181107_1_3ハジロカイツブリ 前回より少しは近かったです。


181107_2_2

印旛沼周辺 8:00-15:00 181107

1コハクチョウ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5オナガガモ

6コガモ 7ホシハジロ 8カイツブリ 9カンムリカイツブリ

10キジバト 11カワウ 12アオサギ 13ダイサギ 14コサギ

15オオバン 16タゲリ 17ユリカモメ 18クロハラアジサシ

19ミサゴ 20トビ 21チュウヒ 22オオタカ 23ノスリ 

 24チョウゲンボウ 25コチョウゲンボウ 26ハヤブサ 

 27モズ 28ハシボソガラス 29ハシブトガラス 

 30シジュウカラ 31ヒバリ 32ヒヨドリ 33ウグイス

 34ムクドリ 35シロハラ 36ジョウビタキ 37スズメ 

38ハクセキレイ 39セグロセキレイ 40タヒバリ 41カワラヒワ

42ホオジロ 43ホオアカ 44アオジ 45オオジュリン

2018年11月 8日 (木)

181030 チュウヒ

最近各地で目にするようになった大陸型と言われるチュウヒです。千葉県

181030_1チュウヒ


181030_4二番穂の中で、この状態なら遠くからでも見つけやすいのですが、伏せられてしまうとお手上げです。


181030_5


181030_9


181030_16この時期はカエルが主食のようです。


181030_17


181030_18降りて食べだしてもカエルだとすぐ終わって飛び出してしまいます。


181030_23上昇気流に乗って円を描いて上昇。


181030_29


181030_35

2018年11月 7日 (水)

181106 印旛沼周辺で出会った鳥

朝のうちは日も出ていたのですが、時間が経つほどに雲が厚くなり最後は雨の中の撮影となってしまいました。

それでも今季初見のベニマシコやシメに出会うことができ、冬鳥が次々来ています。

181106_2オオジュリン やっと撮ることができました。


181106_2_2カンムリカイツブリ 顔に黒い線があるので今年生まれのようです。


181106_1ケリ この群は3羽でした。


181106_2_3シメ 


181106_4ハジロカイツブリ・ユリカモメ・クロハラアジサシ


181106_8少し前からクロハラアジサシの群が入ったようです。


181106_10距離があってトリミングもこれが精一杯。


181106_12


181106_1_2ベニマシコ 渡ってきたと聞いて、探したところ雄雌を確認です。しかし撮影はすぐ飛ばれ遠いのを1枚。


181106_2_4ホシハジロ


181106_1_3マガモ きれいになってきました。


181106_3モズ

 

印旛沼周辺 8:00-13:30 181106

1ヨシガモ 2マガモ 3カルガモ 4オナガガモ 5コガモ

6ホシハジロ 7キンクロハジロ 8カイツブリ 

9カンムリカイツブリ 10ハジロカイツブリ 11キジバト

12カワウ   13アオサギ 14ダイサギ 15コサギ 16オオバン

17タゲリ 18ケリ 19ユリカモメ 20クロハラアジサシ

21ミサゴ 22トビ 23チュウヒ 24オオタカ 25ノスリ 

26アリスイ 27チョウゲンボウ 28コチョウゲンボウ 

29ハヤブサ 30モズ 31ハシボソガラス 32ハシブトガラス 

 33シジュウカラ 34ヒバリ 35ヒヨドリ 36ウグイス 

 37ムクドリ 38ジョウビタキ 39スズメ 40ハクセキレイ

 41セグロセキレイ 42タヒバリ 43カワラヒワ 

 44ベニマシコ 45シメ 46ホオジロ 47アオジ 48オオジュリン



2018年11月 6日 (火)

181020 オオハシシギ・ハクセキレイ

ここ3日間鳥見に行っていないため、過去の稲敷のシギチがピークだったころの写真の掲載です。

181020_3オオハシシギ 稲敷のピークだったころで、1枚のハス田でいろいろなシギが撮れました。


181020_4


181020_6羽繕 脂腺から油を嘴につけ、羽にこすり付けます。鳥にとって大事な作業です。


181020_9面白いタイミングで撮れました。


181022_1シギチの群 こういうのに出会えると嬉しくなります。


181022_4


181022_6チョット横長にトリミングしてみました。


181020_3_2ハクセキレイ 顔がほんのり黄色がかっています。


181020_4_2ハス田の鉄線に止まっていて、つい撮ってしまいました。


181020_5

2018年11月 5日 (月)

181012-17小笠原・西之島クルーズNo6 ウグイス・メジロ 

最初の小笠原の時にはやっと見つけたハシナガウグイスですが、最近は色々な所で目にすることができるようになりました。

最初は目の色変えて、初めての小笠原で見たかった鳥を探していたので、鳥に警戒されたのかもしれません。最近は余裕の鳥見ができるようになりました。

181013_1ハシナガウグイス 出会いは多くてもきれいな写真はなかなかです。


181013_3


181015_1


181015_2


181013_2メジロ 階段に落ちた実を食べに降りてきます。


181013_3_2


181015_5ハイビスカスの蜜を吸いに来ます。


181015_6蜜は、ガクと花弁の隙間から吸い取るようです。


181015_8長い時間狙っているともっと良いのがと思うのですが、同じものを長時間狙うのは苦手なので、それなりの絵で終わってしまいます。で、


181015_10


181015_11

2018年11月 4日 (日)

181102 コハクチョウ・ハヤブサ・ビンズイ他

久しぶりの千葉県北東部から利根川下流域方面を一気に回ってきました。

今回は地元のYさんにいいろいろ教えてもらいました。ありがとうございます。

181102_2オオタカ  電線を避けられる場所がありませんでした。


181102_3


181102_2_2コハクチョウ  今季やっとの初出会いです。


181102_3_210羽で数家族の混群のようです。


181102_1タゲリ 色々な所で見るようになりましたが、まだ近寄りがたいです。

181102_2_3チョウゲンボウ 高圧鉄塔から獲物を狙い、何回も飛び出しましたが見ている中では獲物は捕れず。


181102_3_3ハヤブサ 初めての場所のハヤブサです。


181102_4


181102_5


181102_2_4ビンズイ 今季初の出会い。ちょっと暗かったです。


181102_2_5マガモ やっと換羽が進みきれいになってきました。

千葉県北東部 9:00-14:00 181102

1コハクチョウ 2オカヨシガモ 3マガモ 4カルガモ

5ハシビロガモ 6オナガガモ 7コガモ 8ホシハジロ

9キンクロハジロ 10スズガモ 11カンムリカイツブリ 

12キジバト 13オオミズナギドリ 14カワウ 15アオサギ 

16ダイサギ 17コサギ 18オオバン 19イソシギ 20ユリカモメ 

21ウミネコ 22セグロカモメ 23ミサゴ 24トビ 25チュウヒ

26オオタカ 27ノスリ 28コゲラ 29チョウゲンボウ 

30ハヤブサ 31モズ 32ハシボソガラス 33ハシブトガラス

34シジュウカラ 35ヒバリ 36ヒヨドリ 37ウグイス 38メジロ 

39ムクドリ 40イソヒヨドリ 41スズメ 42ハクセキレイ

43セグロセキレイ 44ビンズイ 45タヒバリ 46アトリ 

47カワラヒワ 48ホオジロ 49アオジ

 

2018年11月 3日 (土)

181030 アリスイ・セグロカモメ・タゲリ他

珍しく3日連続の印旛沼方面へ出動です。

181030_1アリスイ 29日のアリスイとは別の場所です。

181030_3


181030_4セグロカモメ  お腹がパンパンに見えます。


181030_62羽で仲良くなのか飛び回っていました。


181030_7


181030_2タゲリ  沼を渡るタゲリ


181030_5別の場所でハヤブサに追われ飛び立った群。


181030_2_2チュウヒ


181030_1_2モズ


181030_2_3

印旛沼周辺 8:30-14:30 181030

1キジ 2ヨシガモ 3マガモ 4カルガモ 5ハシビロガモ

6オナガガモ 7コガモ 8ホシハジロ 9カイツブリ

10カンムリカイツブリ 11キジバト 12カワウ 13アオサギ 

14ダイサギ 15コサギ 16バン 17オオバン 18タゲリ 19タシギ 

20イソシギ 21ユリカモメ 22セグロカモメ 23クロハラアジサシ 

24ミサゴ 25トビ 26チュウヒ 27ノスリ 28アリスイ

29チョウゲンボウ 30ハヤブサ 31モズ 32ハシボソガラス 

33シジュウカラ 34ヒバリ 35ヒヨドリ 36ウグイス 37ムクドリ 

38ジョウビタキ 39スズメ 40ハクセキレイ 41タヒバリ 

42カワラヒワ 43ホオジロ 44アオジ 45オオジュリン

2018年11月 2日 (金)

181012-17小笠原・西之島クルーズNo5 アカアシカツオドリ・カルガモ・オナガガモ・アオサギ・トウゾクカモメ・シロハラトウゾクカモメ 

小笠原・西之島クルーズNo4から空いてしまいましたので、この辺でNo5の掲載です。

181013_1アカアシカツオドリとオナガミズナギドリ 2日目の13日は、今までならカツオドリやアカアシが船に付いて楽しませてくれるのですが、今回はこの遠いアカアシカツオドリ1羽で終わってしまいました。


181017_1アカアシカツオドリ幼鳥 小笠原海域で見られず、最終日17日の八丈島を過ぎたあたりで出てくれた貴重な1羽の幼鳥です。


181017_3カルガモ・オナガガモ 最終日大島に近づいてから海上を飛ぶカルガモとオナガガモの群 船と同じ北向きに飛行です。


181017_5


181017_8アオサギ 千葉県側?から大島方向へ飛ぶアオサギ3羽。どこへ行くのでしょうか。


181014_2シロハラトウゾクカモメ非生殖羽 西之島航路で出てくれました。横から船の上を抜けるという大サービスでしたが、最後は近すぎてピンが合いませんでした。 


181014_3


181014_4


181014_6


181014_3_2トウゾクカモメ非生殖羽 西之島航路


181014_4_2

2018年11月 1日 (木)

181029 アリスイ・ヨシゴイ他

最近見られている帰り遅れているヨシゴイにやっと出会うことができました。また今シーズン初のアリスイ・アオジにも出会うことができました。印旛沼周辺

181029_3アオジ 急に鳴き声を色々な所で聞くようになりました。


181029_1_2アリスイ

181029_2_2画像は悪いですが、舌を出しているところがやっと撮れました。


181029_7_2


181029_2_3オオバン 波紋がうまく写りました。


181029_2_4キジ 初めての飛翔場面です。


181029_5クロハラアジサシ 今回は1羽だけでした。


181029_6


181029_2_5ヨシゴイ


181029_9この沼生まれなのか、渡り途中なのか分かりませんが、お早い旅立を!!


181029_13_2素晴らしい反り。


181029_16_2

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31