長野県

2018年5月14日 (月)

180504-05 カケス・キバシリ・コサメビタキ・ゴジュウカラ

5月4日~5日 カケス・キバシリ・コサメビタキ・ゴジュウカラ  戸隠

1805045_2_5カケス


1805045_4キバシリ


1805045_1_2コサメビタキ


1805045_3_2池の中の切株に止まり、フライングキャッチをしてい尾ました。


1805045_7_3


1805045_10巣作りの最中


1805045_11巣材の受渡し


1805045_15_2ちょっと離れて見つめ合い


1805045_2_6ゴジュウカラ 巣穴を探しているようで、オオアカゲラの入っている巣穴を覗きこみましたが、すぐ分かったのか立ち去って行きました。


1805045_4_2こちらは既に子供が居るようで餌捕り最中。


1805045_5_2


1805045

2018年5月12日 (土)

180504-05 オオアカゲラ・ノジコ

5月4日~5日 オオアカゲラ・ノジコ

1805045_6オオアカゲラ 戸隠の定番ですが、今年も営巣です。


1805045_9_3


1805045_12


1805045_15まだ子供が小さいらしく、片親は巣内に居ることが多く、交代するところ。


1805045_17


1805045_21カミキリムシの幼虫です。


1805045_25


1805045_2_3ノジコ 最近は離島以外では、ここ戸隠でしか見たことがありません。


1805045_6_2


1805045_7_2


1805045_8_3池の中の小さな島に移動です。


1805045_9_4




2018年5月10日 (木)

180504-05 カルガモ・キビタキ・ミソサザイ

5月4日~5日 カルガモ・キビタキ・ミソサザイ 戸隠

1805045_2カルガモ 花畑にカルガモが食事にやってきました。


1805045_2_2キビタキ


1805045_3


1805045_8キビタキも花畑に降りてきてくれました。


1805045_9


1805045_1ミソサザイ


1805045_5松が根こそぎ倒れたいい感じのところに出てきてくれました。


1805045_7


1805045_8_2羽を広げて、踊ってくれました。


1805045_9_2


1805045_16この枝が定位置のようです。


1805045_18


1805045_19

2018年5月 7日 (月)

180504-05 コガラ・コルリ・サンショウクイ

5月4日~5日 コガラ・コルリ・サンショウクイ 戸隠

舳倉島に戸隠経由で行こうと1日早く出発し、戸隠で鳥見をしていたのですが、いくら天気予報を見ても翌日からしばらくの船は欠航予想のため、舳倉島行は中止にして戸隠探鳥で帰ってきました。

戸隠も二日間とも朝は雨で、4日は雹が降り、5日も朝起きると駐車場横の法面には雪がうっすらと積もっていました。

それでも鳥の出は思いのほかよく、楽しむことができました。

1805045_2コガラ まだ芽吹きは始まったばかりで、撮影にはいい時期でした。


1805045_3桜とコゲラ


1805045_4


1805045_6なぜか4日の午後からはみどりが池の周りにいろいろな鳥が集まり、撮影大会となりました。ちょうど池周りに桜の花も咲いていて今までにない戸隠です。翌日にはこのフィーバーはありませんでした。


1805045_1コルリ 一瞬の出会いで10カットで終わってしまいました。


1805045_2_2水芭蕉やリュウキンカの咲く場所ですが、なかなか手前には降りてきてくれないようです。


1805045_3_2


1805045_4_2


1805045_3_3サンショウクイ この鳥も4日のメインで、普段は見上げる鳥ですが、この時は目の高さぐらいで飛び回ってくれました。


1805045_4_3


1805045_6_2


1805045_11


1805045_12

戸隠 5:30-16:30 180504-05

1カルガモ 2コガモ 3カイツブリ 4キジバト 5ツツドリ 6トビ 

7ノスリ 8コゲラ 9オオアカゲラ 10アカゲラ 11アオゲラ

12サンショウクイ 13カケス 14ハシブトガラス 15コガラ 

16ヒガラ 17シジュウカラ 18ヒヨドリ 19ウグイス 20ヤブサメ

21エナガ 22センダイムシクイ 23ゴジュウカラ 24キバシリ

25ミソサザイ  26クロツグミ 27アカハラ 28コルリ 

29コサメビタキ 30キビタキ 31オオルリ

32ニュウナイスズメ 33キセキレイ 34カワラヒワ 35イカル 

36ホオジロ 37ノジコ 38アオジ

 

2017年10月10日 (火)

170919 白樺峠 ツミ・ノスリ

9月19日 白樺峠 ツミ・ノスリ 長野県

白樺峠 最後の掲載です。

170919_1ツミ 雄


170919_3


170919_4


170919_1_2ノスリ


170919_3_2


170919_4_2


170919_1_3タカ渡り風景


170919_2サシバ


170919_3_3


170919_4_3タカ柱


170919_5

2017年9月30日 (土)

170919 サシバ

9月19日 サシバ 白樺峠

台風後を狙っていった白樺峠ですが、昨日現在今季一番の2000羽越えのサシバが飛んでくれました。

170919_2サシバ


170919_3サシバ若


170919_4成鳥


170919_11


170919_12成鳥


170919_18ピーク時には目の前を次々横切って行って、どれを撮っていいのか迷うほどです。


170919_21


170919_23


170919_24


170919_25


170919_28


 

2017年9月22日 (金)

170919 ハチクマのバリエーションNo2

9月19日 ハチクマのバリエーションNo2 白樺峠

たくさん撮影しましたのでNo2を同日掲載です。

図鑑を見比べて区分したのですが、間違いがあればご容赦ください。

170919_19_2中間型♂


170919_24中間型♂


170919_25中間型♂


170919_28中間型♂


170919_31中間型♂


170919_32中間型♂


170919_47中間型♂


170919_50中間型♂


170919_52中間型♂


170919_4中間型幼鳥


170919_15中間型幼鳥

170919 ハチクマのバリエーションNo1

9月19日 ハチクマのバリエーションNo1 白樺峠

ハチクマの楽しさは模様のバリエーションにあると思うのですが、今回撮影したものを並べてみました。

図鑑を見比べて区分したのですが、間違いがあればご容赦ください。

たくさん撮影したためNo2を同日掲載します。

170919_2ハチクマ


170919_29暗色型♂

170919_3淡色型♀


170919_5淡色型♀


170919_20中間型♀


170919_21中間型♀


170919_22中間型♀


170919_37中間型♀


170919_38中間型♀


170919_44中間型♀ これのみノートリです。正面から向かってきて右へ曲がって行ったときのもので、今までで一番近いものです。


170919_7中間型♂

2017年9月21日 (木)

170919 白樺峠鷹の渡り

8月19日 白樺峠鷹の渡り 長野県

台風後の渡りを狙って初めての白樺峠に行ってきました。

狙いはものの見事に当たり、午前中は少なく心配しましたが、午後の1時過ぎから3時頃までサシバが群れで渡ってきました。

カウントの結果でも今シーズンの最高となるサシバが約2,000羽越え、ハチクマが200羽弱でした。

今まで伊良湖岬を長く通っていたのですが、いろいろな写真を見ると白樺峠のほうがよさそうなので、今季初めて行ってしまいました。

白樺峠では、午後からは順光で目の前から飛んでくるため楽しい撮影ができました。ただ鷹見の広場までの長い登りの苦しさがなければもっといいのですが、苦しさ有っての嬉しさということで我慢するしかないのでしょう。

最初は風景的鷹の渡りです。

170919_1サシバの渡り 遠景

170919_2山を背にするとほとんどがピンが山に行ってしまうのですが、何百枚に1枚はという中で合ったものがあります。


170919_4


170919_10


170919_12


170919_14ハチクマの渡り 遠景


170919_15ゴマ粒ですがタカ柱です。


170919_16この群の一部が鷹見の広場の方に向かって飛んできてくれます。そこが狙い目ですが、飛行速度は速い早いです。


170919_17


170919_21時々目の前を横切っていくホシガラスです。


170919_7


2017年7月29日 (土)

170722 ライチョウNo2

7月22日 ライチョウNo2 長野県・岐阜県

170722_3ライチョウ雄 雄とは初めての出会いです。いつかは雪の上での雄のディスプレイを見てみたいのですが、雪山に行けるかです。


170722_4

170722_6ライチョウ雌

170722_13カメラマンのほうにどんどん近寄ってきたのですが、理由はこの砂浴びをする場所だったようです。


170722_14登山道のちょっとした砂地がいい砂浴び場となっているようです。


170722_19


170722_23このとき雛は顔の前のハイマツの中に居たようです。


170722_24


170722_44


170722_65いい感じです。


170722_66

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31