埼玉県

2017年7月19日 (水)

170713 ササゴイ

7月13日 ササゴイ 埼玉県

この日も東京で用があり、空いた時間に1時間30分ほどのササゴイ撮りに行ってきました。

つい先日北海道へ行ってきましたが、200kmの移動でもスムーズでストレスがなかったのですが、今回の都内の40kmは結構時間がかかる移動距離でした。

170713_1ササゴイとイカルチドリ


170713_2ササゴイを狙っていると、すぐ横にイカルチドリがやって来てくれました。イカルチドリは今季初見です。


170713_2_2ササゴイ


170713_6今回は1時間半ほどの時間で、5回ぐらいアタックをして3匹の獲物をゲットですが、期待した雄のオイカワでなく全て雌でした。


170713_7


170713_9


170713_13これは空振りアタック。


170713_24狙う前はこの低い姿勢になります。


170713_33


170713_34


170713_35

2017年3月 9日 (木)

170305 アオシギ

3月5日 アオシギ 埼玉県

情報をいただきいつ行こうか迷った末、遅い出発で現地着は2時過ぎとなってしまいました。

それから約2時間待ち続け、4時ごろやっと出てきました。

暗く距離もありましたが、神奈川県の舞岡公園で見て以来と久々であり嬉しい出会いとなりました。

1703051_5アオシギ 奥に居るアオシギを熱心なカメラマンが探しだし撮影会の開始です。


1703051_6入間川横の公園にある小さな湿地にいましたが、日光のアオシギが居るところのイメージからすると、こんなところにと思うところでした。


1703051_7探し出した人に敬服です。


1703051_14


1703051_16


1703051_20なかなか全身が撮れないのですが、今回の中ではこれが一番か。


1703051_28


1703051_28_2

170225_1ウグイス 最後4枚は過去(2月25日)の写真ですが、散歩道に居た鳥です。

170225_3キセキレイ この川では珍しい鳥です。


170225_2今季居ついているノスリ 散歩道横の電柱止まりです。


170225_3_2こんなに寄れることはないので大トリミングで。




2016年12月19日 (月)

161215 オオマシコ

12月15日 オオマシコ 埼玉県

寒い中、6時間待ちできれいなオオマシコに出会えました。

161215_4オオマシコ ♀と思います。日陰の中できれいな色が出ました。


161215_6


161215_13雄 3羽のきれいな♂が居ましたが、各々の赤の感じが濃いものから淡いものと年齢により違いが出ていると思います。


161215_18


161215_22赤い色が濃いオオマシコ 頭と喉の銀色がきれいです。


161215_26


161215_38今までオオマシコを何回も撮ってきましたが、オスの場合前から撮るとコントラストが弱いのか、なぜかピントが合いにくかったのですが、今回は近かったからかうまくいきました。


161215_39


161215_53やっと自然木???のオオマシコが撮れました。この個体は若♂と思います。頭と喉に銀色が出始めています。


161215_62


161215_69♀のオオマシコ

2016年10月30日 (日)

161027 モリムシクイ

10月27日 モリムシクイ 埼玉県

舳倉島でしか見られないと思っていた鳥が隣県に来てくれました。

情報をいただき即行で出かけ久しぶりのライファー1種です。

何時も情報には感謝です。

161027_6モリムシクイ 高い桜の木を動き回るため、どうしても下からが多くなってしまいます。それでも葉が多い木でなかったことが幸運でした。


161027_12桜に付くこの虫を探し求めているようです


161027_16露出オーバー気味ですが喉の薄黄色がきれいです。


161027_20やっと横からの位置で撮れました。


161027_30


161027_44羽繕中です。頭頂部には模様がありません。


161027_55伸びを披露してくれました。


161027_66


161027_68


161027_98偶然目の前に飛んできてくれたため、500mmでなく100-400mmの手持ちで撮影。


161027_108

2016年8月23日 (火)

160818 セイタカシギ・クロハラアジサシ

8月18日 セイタカシギ・クロハラアジサシ 埼玉県伊佐沼

160818_2クロハラアジサシ幼鳥 到着時雨の中のクロハラアジサシ


160818_5_3クロハラアジサシも人気のある鳥ですが、今回はレンカクに負けて人気薄。


160818_9こんなに近くで撮れるとは有り難い限りです。


160818_12


160818_17


160818_1セイタカシギ ここのセイタカシギは人をあまり怖がらないのか、それとも沼の中で安心しているのかゆったりとしています。


160818_4


160818_5_2


160818_8時々飛び上がっては柵に止まるためいろいろポーズを作ってくれるため楽しい被写体です。


160818_11

2016年8月22日 (月)

160818 レンカク

8月18日 レンカク 埼玉県

病院に煎り時に情報をいただき、午後も用があったのですがレンカクを優先し、やっと憧れのレンカクに出会いあました。

外に出られないほどの大雨のさなかでしたが、待っている間にどうにか止んでくれて嬉しい出会いとなりました。

160818_14レンカク夏羽  沼の中の、遠い小さな島にいますので大トリミングです。


160818_15


160818_21何かに驚いたのか島の中で移動してくれました。


160818_27夕刻遅くなりやっとハスの群生地へ飛んでくれました。


160818_29着地 特徴の長い足指がどうにか写りました。


160818_34ハスの群生地では、水浴びをしただけでもとの島へ戻っていきました。


160818_37体は思ったより小さいのですが、飛翔速度は早くピンあわせが大変です。


160818_40


160818_42

2016年7月26日 (火)

160723 ササゴイのオイカワ漁

7月23日 ササゴイのオイカワ漁 埼玉県

160723_81ササゴイ ササゴイのオイカワ漁が見られるということでちょっと遠征してきました。


160723_83このオイカワは鰓のところを嘴で突き刺さられています。水中でよく突き刺すことができるものと驚きです。


160723_89の上に乗って狙っていましたが、獲物を見つけ飛び込むところです。


160723_905回ぐらい飛び込み成功は2回かな。


160723_115


160723_127きれいなオイカワ♂で、目はオイカワに行ってしまいます。それもかなりの大物です。


160723_139


160723_141きな獲物の動きを止めることなく、丸呑みでした。


160723_143喉が大きく広がってしまっています。この時2匹は飲み込みました。


160723_147満足気な顔です。

2016年7月23日 (土)

160723 ササゴイ

7月23日 ササゴイ 餌取り前編 埼玉県

160723_1ササゴイ 今年2回目のササゴイ撮影ですが、今回は今話題の場所です。 雛3羽


160723_4餌取りに向かう親


160723_10


160723_17巣の近くの木から突然ダイブです。たぶん体勢から餌取りだと思うのですが。


160723_18嘴からのダイブ 願わくば嘴が水面に触るかどうかの位置にあればよかったのですが。


160723_23失敗しての脱出


160723_35堰の上で様子見


160723_48堰から餌場に飛び降りてきました。


160723_49きれいな姿です。


160723_53

2016年2月23日 (火)

160221 サバンナシトド(クサチヒメドリ)

2月21日 サバンナシトド(クサチヒメドリ) 埼玉県

初見初撮りのサバンナシトドです。これでキガシラ、ミヤマと合わせ3種との出会いとなりました。

サバンナシトドのほうが通りがいいのでこの名前を使用です。

160221_1サバンナシトド 朝一番、右から飛んできて、見ている中では一番近いところに降り食事をしてくれました。


160221_2まだ曇りで光が弱く色はきれいに出ませんが、この後の遠さを考えれば良かったかなです。


160221_3_2


160221_5_2らと黄色の眉斑


160221_7


160221_12


160221_19人が多くなってからは警戒してなのか、この位置から近づくことはありませんでした。ちょっと距離がありすぎです。


160221_36それでも陽炎が出る前でしたので大トリミングです。

2016年2月12日 (金)

160211 オオホシハジロ

2月11日 オオホシハジロ 埼玉県

見たことがないオオホシハジロが埼玉県にやってきてくれましたので、期待して見に行ってきました。初見です。

最初は寝ていて全く分かりませんでしたが、運よくカヌーに乗った人が近づき飛ばしてくれ、そのあと望み通りすぐ近くへ降りてくれ、全てが顔を上げてくれましたのでどうにか判別することができました。

160211_40オオホシハジロ ♀ 9時頃から光の具合が良くなり色が出てくれました。


160211_10オオホシハジロ右とホシハジロ♀左 真ん中の♀2羽ですが、右のオオホシハジロのほうが少し大きいです。


160211_14目を開けて時々周囲を確認です。


160211_21から嘴の形が特徴的です。


160211_25


160211_28一度認識すると探しやすいですが、最初は全く色では判別できませんでした。


160211_35恒例の羽ばたきです。


160211_37