その他

2017年5月23日 (火)

170516 シマゴマ・マミジロ

5月16日 シマゴマ・マミジロ 石川県健民海浜公園

舳倉島に行く前に、前々から一度は行ってみたかった公園に寄ってみました。

今回は、行った時期が悪かったのか鳥が少ない状況でしたが、舳倉島で見ようと思っていた鳥2種が思いもよらずこの公園で見られてしまいました。

170516_1シマゴマ 今回の遠征での初見1種めです。


170516_2地味な鳥ですが、今年の飛島では目の前で鳴いているのですが、見られなかった鳥です。


170516_3胸の鱗模様状がこの鳥の随一の特徴でしょうか。


170516_1_2マミジロ 昨年戸隠で初めて出会って以来2度目の出会いでした。 突然目の前に現れ、すぐ水浴びを始めてしまい、残念ながら水浴び前の姿は撮れません。


170516_2_2それでもこんなに近くで撮れたのは初めてで感動ものでした。しかしこの後の舳倉島ではもっと感動的な出会いが待っていましたが、後日掲載です。


170516_3_2きれいな成鳥雄です。


170516_4


170516_5


170516_6

2017年5月21日 (日)

170521

昨日20日に、予定外の舳倉島からの帰り便が欠航となってしまい本日のアップデートは出来ませんでした。明日以降によろしくお願いいたします。

2017年3月23日 (木)

170318-19 オオハクチョウ・オットセイ・シャチ・トウゾクカモメ

3月18日~19日 大洗・苫小牧航路

今回の遠征は、3回目の掲載で終了です。

17031819_2シャチ雄 TV以外では初めての生シャチで興奮です。


17031819_5_2シャチ雌 ヒレが小さいです。


17031819_6_2雄雌2頭 背びれは多きものだと2mぐらいあるそうです。


17031819_3トウゾクカモメ若と思うのですが。


17031819_8腹部がパンパンのように感じますが、良い獲物があったのでしょうか。


17031819_13_2

17031819_1繁殖地へ帰るオオハクチョウの群 はじめて見る海の上を渡るところです。オオハクチョウの後ろにカモ(不明種)とウが付いています。協力し合って渡っていくようです。


17031819_5後は三陸海岸で、沖から見ると工事中の防潮堤が白い壁のように見えます。


17031819_6オットセイ


17031819_7


17031819_13愛嬌物で、こんな格好をしながらこちらを観察しているようです。

2017年3月21日 (火)

170318-19 ハシブトウミガラス

3月18日~19日 ハシブトウミガラス 大洗・苫小牧航路

17031819_2ハシブトウミガラス 今回の写真は、大きくトリミングをしています。


17031819_5ハシブトウミガラスの感じが一番出ていると思います。嘴に白い線も薄らと分かります。


17031819_6喉の下が白いタイプなのか、非生殖羽と思います。


17031819_8左 喉が白い個体 右 通常の個体


17031819_10


17031819_14


17031819_15


17031819_17海上に居る近くの写真は、木が付いた時には飛ばれていることが多く、なかなか撮れません。


17031819_195羽のハシブトガラス 写っていませんが左にもう一羽居ました。


17031819_21



2017年3月20日 (月)

170318-19 ウトウ

3月18日~19日 ウトウ 大洗・苫小牧航路

定年後の遠征第4弾 大洗・苫小牧航路へ初めて乗ってきました。

今まで海上の鳥あまり見たことがなく、どうしても行きたかったコースです。

結果はというと、悲しいことに今までになく種類数が少なく、本命としていたアホウドリ類(特にアホウドリ)、エトロフウミスズメ、コウミスズメにも合うことができませんでした。

今年は航路に鳥が降りてきていないようです。

それでもウトウ・ハシブトウミガラス・トウゾクカモメ・ウミスズメは数が多く堪能ができました。

また二日間、朝から夕方まで甲板で海を見続けただけでも楽しい鳥見でした。

今年は、これからの予定が目白押しで、どんな鳥に出会えるか楽しみです。

17031819_1ウトウ 夏羽に変わっていて、顔の白い羽毛や、鼻の上の突起、オレンジの嘴が見られました。 今回撮影は100-400mmのレンズでほとんど400mmで撮影で、トリミングしています。


17031819_2だいたいが遠い会場を飛ぶ姿を見ることが多いのですが、数回だけ船の横近くを浮いたまま見ることができました。それでも教えられても確認がなかなかできず撮影も苦労しました。


17031819_4白い目もどうにか確認できます。


17031819_62羽でどうにか撮影できました。


17031819_7


17031819_8


17031819_13飛翔は遠いものばかりで、近くを飛ぶことが少なかったです。


17031819_14


17031819_153羽のウトウ

2017年2月 6日 (月)

170129 ケリ

1月29日 ケリ 愛知県

170129_4ケリ オガワコマドリのいたすぐ横で楽しませてくれました。


170129_6印旛沼のケリは警戒心が強くなかなか近寄れませんが、ここでは堤防の上からすぐ下で見られます。


170129_7ゴカイのようなものを狙っているようです。


170129_9狙いを定めて突っこみです。


170129_10


170129_11獲物をゲット


170129_12振り回して水切り?

170129_14


170129_18飲み込み終了 あっという間です。


170129_21


170129_22もう一羽のケリ

2017年2月 2日 (木)

170129 カラアカハラ

1月29日 カラアカハラ 大阪府

今まで飛島で何回か出会うチャンスがあったのですが、何時も振られ続けていたカラアカハラが、少し遠い大阪に滞在中ということで意を決して行ってきました。

170129_10カラアカハラ雌 聞いていた通りのきれいなカラアカハラでした。


170129_14


170129_16何時か今度は♂に遭遇したいものです。今年の飛島か、舳倉島か。


170129_18


170129_20ピラカンサの実が好物のようです。餌を食べては、後ろのツツジの植え込みの中でしばし休憩しての繰り返しです。


170129_23


170129_27


170129_30


170129_35


170129_39


170129_41

2017年2月 1日 (水)

170129 オガワコマドリ

1月29日 オガワコマドリ 愛知県

いろいろなブログに出ていた色がきれいなオガワコマドリに、やっとという気持ちで行ってしまいました。

印旛沼で見て以来ですが、色が最初からきれいで驚きです。

170129_2オガワコマドリ  2012年印旛沼の4月には喉の下が全てブルーになりましたので、まだこれから色が付いてくると思われます。


170129_7後姿は何ともない目立たな鳥なのですが。


170129_19オジロビタキと同じく、尾を上げるポーズ。


170129_20訳のわからないものを食べていました。


170129_23


170129_25高いところから見下ろす形での撮影のため、横からの撮影は大変です。


170129_30


170129_35


170129_39


170129_40ちょっとましな背景でのオガワコマドリ


170129_41

2017年1月30日 (月)

170128 イカル・コイカル

1月28日 イカル・コイカル 愛知県

ある鳥に会いたくなり、関西方面に日帰りで約1,300km走り行ってきました。

教えていただいた4種のうち1種は時間が無くなり見られませんでしたが、初見を含め3種は達成でした。

最初の写真はコイカル雌です。

170129_3イカル コイカル♀と行動を共にしていたイカルです。


170129_4


170129_9大好きなひまわりの実を食事中。


170129_10


170129_11コイカル雌 関東でも出ているようですが、今回はついでになってしまったコイカルでした。


170129_12森を背景にバックがいい感じになりました。


170129_15


170129_17


170129カワセミ


170129_2シメ


170129_2_2シロハラ 部分白化のシロハラと思いますが。目の周りが白くなっています。

2017年1月 1日 (日)

平成29年 明けましておめでとうございます。

平成29年 明けましておめでとうございます。

161210_104


161210_38


161210_100

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30