千葉県

2017年7月18日 (火)

170718 ズグロカモメ・コムクドリ・メダイチドリ他

7月18日 ズグロカモメ・コムクドリ・メダイチドリ他 三番瀬・葛西臨海公園

7月に入って2回目の三番瀬ですが、シギチは前回よりも少なく市川寄りでミヤコドリを撮っていると、ひらひら飛ぶ鳥が眼に入り、よく見ると頭の黒い夏羽のズグロカモメでした。

左足が悪いらしく少したらし気味で飛んでいましたが、冬に見ると同じく急降下でカニを捕っていましたので大丈夫でしょう。

170718_1ズグロカモメ 白いアイリングがかわいいです。


170718_6


170718_7左足が少し垂れている感じです。


170718_12


170718_16普通だとこの時期見られない夏羽ですが、鳥が少ない今日の三番瀬ではいいお土産でした。


170718カワウ 三番瀬を我が物顔で飛び回っています。


170718_2ダイサギ 


170718_3ミヤコドリ


170718_1_2メダイチドリ 今日は4羽見られました。


170718_1_3コムクドリ雄 葛西


170718_5コムクドリ若 葛西

2017年7月13日 (木)

170712 アオバズク・オオヨシキリ・ヨシゴイ

7月12日 アオバズク・オオヨシキリ・ヨシゴイ 印旛沼

そろそろ終盤の印旛沼へ様子を見に行ってきましたが、南の大風のためかヌマアジサシ類も見られず、ヨシゴイの雛も上に出てきてくれませんでした。

サンカノゴイも朝一番で水田に飛んで行ったらしいのですが、11時頃までは戻ってきてくれませんでした。

170712_3アオバズク そろそろ巣立ちの時期らしいのですが、はっきりしません。


170712_5


170712_8


170712_11大きな目で巣のほうを確認しているようです。


170712_13


170712_2オオヨシキリ 今まであんなに盛んに鳴いていたオオヨシキリですが、今回は静かなもので数羽が弱々しく鳴いているだけでした。羽毛も換羽に入っているのかボロボロです。


170712_6ヨシゴイ 今でも葦原の上をたくさんのヨシゴイが飛んでいます。


170712_8_2


170712_10残念ながら雛は上がってきてくれませんでした。


170712_11_2


170712_12

2017年7月11日 (火)

170710 三番瀬で出会った鳥

7月10日 三番瀬で出会った鳥

最近遠征が多く、そろそろ秋の渡りの走りが見られるかなと、久々に三番瀬に行ってきました。

ところが途中から腹の調子が悪くなり、吐き気はするは冷や汗が出るはで大変でした。(帰ってから医者に行ったのですが、何年ぶりかの尿管結石でした。痛いはずです)

結局1時間ぐらいの鳥見でした。

170710_2_2オバシギ 1羽だけでした。


170710_3_2


170710_4カワウ 市川側に群れています。黒い塊です。


170710_2_3キアシシギ これも1羽だけ。


170710_2_4コアジサシ いま三番瀬で一番賑やかです。


170710_3_3


170710_2_5ダイゼン


170710_1ミヤコドリ 越夏個体です。


170710_2_6

170710_2_7メダイチドリ これは秋の渡りの第一陣と思います。

170710_3_4


2017年6月28日 (水)

170620・23 サンコウチョウ・ツミ

6月20日と23日 サンコウチョウ・ツミ 千葉県

6月も後半になると、平地の鳥の繁殖期はほとんどが終了期を迎えます。

地元のサンコウチョウとツミも今年の子育ては無事終了をしたようです。

170620_8サンコウチョウ 雌


170620_9


170620_11餌はトンボとかウスバカゲロウなどが多いようです。


170620_13サンコウチョウ雄


170620_18ここでは見ていた限りでは、雄は子供の糞を持ち出していましたが、雌の持ち出しは見ることはありませんでした。


170623_3ツミ雌親


170623_9子供


170623_14左の雌が、雄からもらった餌を子供へ渡します。


170623_23渡すところ


170623_28子供の食事中


170620_2おまけ 最近印旛沼で撮った水面にできたきれいな模様です。静かな水面に風が突然吹きできたようです。

2017年6月26日 (月)

170626 アオバズク・クロハラアジサシ・ヨシゴイ

6月26日 アオバズク・クロハラアジサシ・ヨシゴイ 印旛沼

170626_1アオバズク まだ雌は出てきていませんでした。


170626_1_2クロハラアジサシ 以前から時々見られていたようですが、やっと撮れました。口の中に小魚らしきものが見えます。


170626_2きれいな夏羽の個体は見られず。


170626_4


170626_8


170626_9


170626_11


170626_14急降下中


170626_15


170626_2_2ヨシゴイ


170626_3

2017年6月18日 (日)

170607 サンコウチョウ

6月7日 サンコウチョウ 千葉県

170607_2_2サンコウチョウ 暗いところでやっと撮れました。


170607_5_3


170607_6_2光が少しあたると、背中の赤紫色がきれいです。


170607_7_4


170607_8_3


170607_9_2


170607_14_2


170607_15_2

2017年6月17日 (土)

170607 オオヨシキリ・サンカノゴイ

6月7日 オオヨシキリ・サンカノゴイ 印旛沼

9日より遠征に出ています。よろしくお願いいたします。

170607_1オオヨシキリ


170607_3今一番元気なオオヨシキリで、雛への餌取りに一生懸命です。


170607_4_2


170607_6


170607_7_2


170607_2サンカノゴイ 到着して隣の人に状況を聞いていたら、運よくすぐに今までとは違う方向からでしたが飛んできました。


170607_3_2向かい風のためゆっくりとした飛翔です。


170607_5_2


170607_7_3


170607_8_2着地 長門川よりでした。

2017年6月15日 (木)

170607 ヨシゴイ

6月7日 ヨシゴイ 印旛沼

9日より遠征に出ています。よろしくお願いいたします。

170607_4ヨシゴイ雌 何時もは飛んできてそのまま葦原の中に降りるのですが、たまに丸見えの縁に止まってくれることがあります。


170607_5


170607_7ヨシゴイ雄


170607_8長い足指で葦を何本かまとめて掴み降り立ちます。


170607_9


170607_11


170607_14連続写真でどうにかピンが合ってくれました。


170607_15


170607_16


170607_17葦原の中から元気な雛の声が聞こえだすのももう少しでしょう。


170607_18

2017年6月14日 (水)

170607 ツミ

6月7日 ツミ 千葉県

170607_2ツミ雌


170607_3


170607_4羽繕い


170607_6餌を捕りに行く以外は、この高みで監視です。


170607_9


170607_12お決まりのポーズ


170607_15餌渡しです。

170607_16


170607_18


170607_19雄が持っていた餌を落としたところを、雌が飛出し掴み取ります。素直に渡せばいいのにと思うのですが。


170607_20残念ながら雌の頭が切れてしまいました。カメラを動かして追えません。


2017年6月13日 (火)

170605 コヨシキリ

6月5日 コヨシキリ 利根川下流域

170605_2コヨシキリ オオセッカの居る同じところで目立たないように囀るコヨシキリです。


170605_4_3うまい具合に葦原の際を棲家とする個体に出会いました。


170605_5


170605_6_4


170605_8口の中はきれいな黄色です。

170605_9_5

170605_10

170605_11_5


170605_14_4落ち着いたところで少しずつ接近。


170605_15_2


170605_17_4

より以前の記事一覧