茨城県

2017年9月23日 (土)

170921 ツルシギ

9月21日 ツルシギ7羽 稲敷

今年の春は出会うことができなかったツルシギですが、この秋にやっと出会うことができました。それもいっきに7羽と嬉しい出会いとなりました。

170921_1ツルシギ2羽とコアオアシシギ2羽


170921_4ツルシギとコアオアシシギ


170921_6

170921_8

170921_18ツルシギ3羽 このツルシギ3羽グループは落ち着いて餌取りをしていましたが、一番下の4羽のグループはなぜか落ち着かず飛び回ってばかりいました。


170921_20


170921_22


170921_233羽とも幼羽です。


170921_24


170921_25落ち着かない4羽のツルシギです。警戒しっぱなしですぐ飛び去り違うハス田に行くようで、暫くするとまた戻って来るの繰り返しでした。

170921_14

2017年9月18日 (月)

170918 アカアシシギ・エリマキシギ・カンムリカイツブリ他

9月18日 アカアシシギ・エリマキシギ・カンムリカイツブリ他 稲敷

谷津干潟で話題のアカアシシギですが、稲敷でも噂が出ていたのですがやっと今日出会うことができました。

170918_2_6アオアシシギ


170918_4_3エリマキシギ・タカブシギ・アカアシシギ


170918_10_3アオアシシギ・アカアシシギ・タカブシギ


170918_14_3エリマキシギ・アカアシシギ・アオアシシギ


170918_17_3エリマキシギ・アオアシシギ


170918_2_7アマサギ  ほとんど色つきが居なくなってきました。

170918_1_3オオハシシギ やっと出会えたオオハシシギですが、2羽のうち1羽は嘴の先が曲がっていました。


170918_2_8カンムリカイツブリ 渡って来た個体か越夏個体かは不明です。


170918_2_9タシギ


170918_1_4バンの親子


170918_3

2017年9月16日 (土)

170915 アオアシシギ・オグロシギ・オジロトウネン・セイタカシギ・タカブシギ・タシギ・ハヤブサ

9月15日 アオアシシギ・オグロシギ・オジロトウネン・セイタカシギ・タカブシギ・タシギ・ハヤブサ 稲敷

遠征から帰って最初は10日ぶりの稲敷ですが、その間にオグロシギは増えたものの、そのほかは寂しいくらいにいなくなってしまいました。

9月後半から10月に期待です。

170915_2アオアシシギ


170915_1オグロシギ 16羽に増加です。


170915_4


170915_6

170915_4_2オジロトウネン 2羽いました。


170915_4_3セイタカシギ


170915_3タカブシギ


170915_1_2タシギ ここにきてタシギが一気に増えたように感じます。


170915_3_2ハヤブサ若 これから10月が猛禽の若が良く見られる時期で田圃巡りが楽しみになります。


170915_4_4


170915_7


2017年9月10日 (日)

170902 エリマキシギ・コガモ・ヨーロッパトウネン

9月2日 エリマキシギ・コガモ・ヨーロッパトウネン 稲敷

170902_1_4エリマキシギ


170902_3_4赤い浮き草の中のエリマキシギ 逆光なのが残念です。


170902_4_2ずっと1羽で次が来ないエリマキです。


170902_6_3


170902_1_5コガモ 今季初のコガモの渡来です。2日後には既にいませんでした。


170902_2_2


170902_2_3コアオアオシシギとエリマキシギ


170902_1_6ヨーロッパトウネン 強い向かい風で空中で止まってくれたのですが、ピンが甘くもう一歩な感じです。


170902_3_5


170902_4_3びっしりな浮き草の上のヨーロッパトウネン


170902_9_2

2017年9月 9日 (土)

170905 アオアシシギ・ウズラシギ・コチドリ・トウネン

9月5日 アオアシシギ・ウズラシギ・コチドリ・トウネン 稲敷

最近は、同じ場所に居つくのでなく、ハス田の条件の良いところをウロウロしているようで、歩き回っていると思わぬ場所で出会いがあります。

170905_1_3アオアシシギ


170905_2_5ウズラシギ


170905_4_2なかなか近くに来てくれないウズラシギです。


170905_5_2


170905コチドリ見返り


170905_3_3トウネン 今回はトウネンがこのハス田に群れで入っていました。


170905_5_3草が少しでもあるといい感じになります。


170905_6


170905_7何時もの水浴び後のパタパタです。


170905_8

2017年9月 8日 (金)

170905 イソシギ・オジロトウネン・コアオアシシギ・クサシギ

9月5日 イソシギ・オジロトウネン・コアオアシシギ・クサシギ 稲敷

今日から約1週間南の海に出かけていますので、過去の写真となります。

170905_1イソシギ(イソシギは成田市です)


170905_2


170905_1_2オジロトウネン 夏羽を残す個体です。


170905_2_2


170905_3ミミズのようなものを引っ張り出してます。


170905_5


170905_2_3コアオアオシシギとクサシギ


170905_3_22羽がうまく並んでくれました。


170905_4正面と横顔


170905_2_4コアオアシシギ ここにきて例年通りコアオアオシシギが増えてきました。

2017年9月 6日 (水)

170902 ジシギ・トウネン

9月2日 ジシギ・トウネン 稲敷

ジシギを探して水田をゆっくり車で流していると、やっと狭い一角に3羽のシシギが居る場所に行きつきました。

170902_6トウネン中・ヨーロッパトウネン右・コチドリ奥


170902_7こういう感じのシギチの写真を撮りたいのですが、最近は緑の草のあるところがあまりありません。


170902_8


170902_1ジシギ チュウジシギでいいと思うのですが。


170902_3


170902_4珍しく3羽の群に出会えました。


170902_5


170902_6_2


170902_8_22羽のジシギ


170902_12

2017年9月 5日 (火)

170905 今日の新顔 オグロシギ

9月5日 オグロシギ 稲敷

やっと期待していたオグロシギ若が1羽やってきました。

これから成鳥も含め数を増し、飛翔時にきれいな黒い尾羽を見せてくれることでしょう。

170905_1オグロシギ若とコアオアシシギ


170905_2オグロシギ・コアオアシシギ・クサシギ


170905_3


170905_4到着したばかりなのか、一番奥で採餌中で、もう少し見やすいところに出てきてくれればいいのですが。


170905_5


170905_7


170905_8


170905_10


170905_11

2017年9月 3日 (日)

1708023・28 アオアシシギ・コアオアシシギ・セイタカシギ・ソリハシシギ・タシギ

8月23日&28日 アオアシシギ・コアオアシシギ・セイタカシギ・ソリハシシギ・タシギ 稲敷・香取市

170828_2アオアシシギ・コアオアシシギ


170828_52羽が並ぶとアオアシシギとコアオアシシギの大きさが分かります。


170828_6


170828_7アオアシシギ2羽  この休耕田は水がまだ多く足の長いアオアシシギやタカブシギ等しかいませんが、もう少しすれば違う鳥が入ってくると思われます。


170823_2セイタカシギ


170828_2_2ソリハシシギ 3羽居ました。


170828_3


170828_4


170828_6_2


170823_1タシギ


170823_2_2

2017年9月 1日 (金)

170828 ウズラシギ・ショウドウツバメ・ツバメ・ミサゴ

8月28日 ウズラシギ・ショウドウツバメ・ツバメ・ミサゴ 稲敷

170828_1_2ウズラシギ この場所ではあまり見ないウズラシギが1羽で居ました。


170828_4_2


170828_6_2今季は、葛西に続き2羽目の出会いです。


170828_8_2


170828_9


170828_2ショウドウツバメ ハス田の防鳥網に止まるショウドウツバメです。


170828_3被写界深度の関係でちょうど網の前後がぼやけるため、空中に浮いているような感じになりました。

170828_6_3


170828_1_3ツバメ 網被りで見難いですが、面白い構図となりました。


170828_2_2


170828_4_3ミサゴ 霞ヶ浦の何時もの場所で食事中のミサゴです。もう少し近いといいのですが。


より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30