茨城県

2017年7月20日 (木)

170720 印旛沼から稲敷で出会った鳥

7月20日 印旛沼から稲敷で出会った鳥

出だしが遅くなりましたが、前回に比べタカブシギやチョウゲンボウ、ミサゴ等に出会うことができました。

しかし朝早い時間でないと陽炎で撮影は苦しい時期が続きます。

170720_4コジュリン 


170720_2チュウサギ・アオサギ 


170720_1セッカ 空を飛びながら囀っていたため、チョット様子を見ていたらうまい具合に近くに降りてくれました。


170720_2_2


170720_1_2タカブシギ 遠かったですが野菜を植え付けるために一時的に水を入れた水田に入っていました。


170720_3


170720_7チョウゲンボウ 子育てが終わったのか、やっとチョウゲンボウの姿を草原で見るようになってきました。


170720_8


170720_2_3ミサゴ 冬に良く止まっていた何時もの杭の上ですが、今季お初の登場です。


170720_3_2ヨシゴイ 印旛沼のヨシゴイですが、今日も雛の声はたくさんするのですが姿は見えず。

170720_8_2

2017年7月17日 (月)

170716 稲敷の鳥

7月16日 稲敷の鳥

久しぶりに様子見に稲敷方面を回ってきましたが、相も変わらず鳥の居そうなところは少なく、ハス田の収穫が終わらるまでダメかなという状況です。

甘田干拓も一部は草をきれいに刈り取り、整地作業をしていてどうなるのか分かりません。

それでも2ヵ所ぐらい良さそうな所もあるのですが、いつ干乾びてしまうのか分からないものでした。

170716アオサギ


170716_2アマサギ 酒米なのか遅い田植えの水田にはサギ類が集まっていました。


170716_3コサギ 陽炎でピンが来ません。


170716_1コチドリ


170716_2_2浮草の絨毯の上のコチドリ 他のシギには出会いませんでした。


170716_1_2ダイサギ


170716_2_3チュウサギ


170716_2_4バン この鳥が今、子供を連れてハス田を動き回り少し楽しいかなと思うところです。


170716_3_2親と子供 子供は2羽だけでした。


170716_5大きい方


170716_6小さい方

2017年6月27日 (火)

170626 アカガシラサギ・アマサギ・ゴイサギ・コジュリン

6月26日 アカガシラサギ・アマサギ・ゴイサギ・コジュリン 土浦周辺

久しぶりにきれいな夏羽のアカガシラサギに出会えました。

170626_1アカガシラサギ 毎年このコロニーに1羽でやってくるそうです。


170626_5


170626_6きれいな夏羽です。


170626_8

170626_91羽で巣作りをしていますが、どうするつもりなのでしょうか。

170626_13立っている下が巣ですが不完全です。


170626_6_2アマサギ


170626_8_2ゴイサギ あとここではチュウサギ・コサギ・ダイサギが繁殖中です。

170626_1_2コロニーの一角


170626_6_3コジュリン 転作地のコジュリンです。


170626_8_3





2017年6月16日 (金)

170605 コアジサシ・チュウサギ

6月5日 コアジサシ・チュウサギ 茨城県・千葉県

170605_1コアジサシ


170605_3


170605_5コアジサシが獲物に狙いを定めています。


170605_7


170605_8急降下しましたが、何時もの通り飛び込みは追い切れず。


170605_9遠い山が背景に入ると、どうしてもピントを持って行かれてしまうことが多くなります。


170605_12


170605_13


170605_2チュウサギ 緑の中の白いサギは、この頃がいい感じになります。


170605_3_2

2017年6月11日 (日)

170605 アメリカコアジサシ

6月5日 アメリカコアジサシ 茨城県

170605_1アメリカコアジサシ


170605_4風切り羽の黒い部分は2枚です。昨年(一番下の写真)の個体は3枚が黒くなっているのですが、よくわかりません。腰がグレーは問題ないと思うのですが。


170605_9


170605_11


170605_15この欄干に良く止まります。


170605_22


170605_27今年も見た目は1羽で行動?


170605_29


170605_30

160702_25160702撮影の個体

2017年5月 3日 (水)

170502 オオソリハシシギ・コチドリ・タカブシギ・チュウシャクシギ

5月2日 オオソリハシシギ・コチドリ・タカブシギ・チュウシャクシギ 利根川下流域

懲りずにまたもや稲敷方面から利根川下流域を回ってきました。

相変わらず鳥は少なく題材探しに一苦労です。

170502_2オオソリハシシギ チュウシャクシギの群に1羽だけ混じっていました。


170502三番瀬で見るのとはまた違った趣があります。

170502_2_2コチドリ 珍しく水の中で餌を捕っていました。


170502_2_3タカブシギ 結構入ってきているようですが、居る場所を見つけるのが大変です。


170502_5緑の中でいい感じです。


170502_6


170502_10ここには5羽が入っていました。


170502_3チュウシャクシギ


170502_2_4走り回りやっと30羽近い群れに出会いましたが、陽炎がひどくモヤッとしてしまいます。


170502_8一斉に右側に行進するように餌取りです。

2017年4月28日 (金)

170427 オオセッカ・コジュリン・オオヨシキリ他

4月27日 オオセッカ・コジュリン・オオヨシキリ他 稲敷・印旛沼

170427_2オオセッカ 稲敷 今まで見たことがなかった場所です。


170427_5手前に枝がありピンが来ていませんが今季初撮り。


170427_7


170427_1オオヨシキリ印旛沼 やっと葦の上の方に出てきました。


170427_4


170427_5_2


170427_2_2クサシギ稲敷 どうしたことか、例年ならエリマキシギ等いろいろ見られるのですが、今季は稲敷でなかなかシギチに出会えません。


170427_1_2コジュリン 稲敷 良いタイミングで道路脇の枯枝に止まっていました。


170427_4_2


170427_2_3タカブシギ稲敷


170427_1_3タシギ 稲敷

2017年4月22日 (土)

170422 新顔がどんどんやって来ている利根川下流域

4月22日 新顔がどんどんやって来ている利根川下流域 印旛沼・稲敷・波崎

170422_1イソシギ稲敷


170422キョウジョシギ稲敷 ムナグロの群に1羽だけいました。


170422_1_2セイタカシギ稲敷


170422_2ダイサギ印旛沼


170422_2_2タカブシギ稲敷 渡って来たばかりのようで警戒心がかなり強かったです。


170422_1_3チュウサギ印旛沼 水田で見られるサギが、今はほとんどがチュウサギのような感じです。


170422_2_3チュウシャクシギ東庄 水田地帯でやっと見つかった6羽ぐらいの群で、やはり警戒心が強く、車が止まっただけでこちらを見て離れていきました。


170422_2_4バン稲敷


170422_3ムナグロ稲敷 30羽近い群れにやっと出会いました。


170422_4ムナグロ波崎 港の草原になぜか1羽で花の中に居ました。


170422_5

2017年4月20日 (木)

170418 アカエリカイツブリ・アビ・オオハム・コアジサシ・シロエリオオハム

4月18日 アカエリカイツブリ・アビ・オオハム・コアジサシ・シロエリオオハム 銚子・波崎

夏羽移行中のオオハムの様子見で銚子から波崎を回ってきましたが、きれいな夏羽にはまだまだのようです。

それでもこの時期にアビ類3種を見ることができました。

170418_2アカエリカイツブリ夏羽


170418_3アビ 首回りに少し夏羽が混じり出したところです。


170418_4オオハム 長期滞在中で夏羽に移行中ですが、この状態が少し続いています。


170418_4_2回遊中に岩壁下まで来てノートリ画面いっぱいです。


170418_8


170418_9首の前に色が付けば完璧なのですが。


170418_14オオハム冬羽


170418_1コアジサシ 群れで入って来たのか港の中を飛び回っていました。


170418_3_2


170418_4_3シロエリオオハム冬羽 きれいに首輪が出ています。
 

170418_7

2017年4月19日 (水)

1704174 印旛沼から稲敷の鳥

4月17日 印旛沼から稲敷の鳥 オオハシシギ・サシバ・ダイサギ・タカブシギ・チュウサギ・ユリカモメ

今年は稲敷方面の鳥が少なく、題材探しが大変です。

170417_5オオハシシギ稲敷 やっと夏羽が見えてきました。


170417_15今回は4羽。前回20羽近くいたのに何処へ行ったか。


170417_1サシバ印旛沼


170417_3


170417_9


170417_2ダイサギ(チュウダイサギ)冬羽


170417_3_2ダイサギ(チュウダイサギ)夏羽 眼先がきれいなブルーになります。


170417_4タカブシギ 久しぶりの再会です。夏羽に移行中。


170417_2_2チュウサギ夏羽


170417_3_3チュウサギ冬羽 この時期は夏・冬羽が混じり見ていて楽しくなります。


170417_4_2ユリカモメ 農家の方が耕した後を、何を食べているのかは分かりませんが飛びまわっています。北帰行の途中と思います。

より以前の記事一覧