台湾金門島

2016年12月24日 (土)

161201-04台湾金門島No20 コサギのバトル

12月1日~4日 台湾金門島No20 コサギのバトル

台湾金門島シリーズも今回を持って終了です。

20回もお付き合いいただきありがとうございました。

1612024_1コサギのバトル  金門島のコサギだからというわけではありませんが、激しいバトルで見ているものを驚かせるに十分な出来事でした。


1612024_3


1612024_5飛び上がり上から襲い掛かります。


1612024_6_2


1612024_9嘴でのはさみ合い


1612024_10


1612024_14_2組み合い


1612024_18抑え付け


1612024_19_2首をガブリ


1612024_23_2


1612024_26嘴をガブリ


1612024_29首をガブリでこの後離れ、下のコサギが逃げていきました。

2016年12月23日 (金)

161201-04台湾金門島No19 キョウジョシギ・ダイシャクシギ・ミヤコドリ

12月1日~4日 台湾金門島No19 キョウジョシギ・ダイシャクシギ・ミヤコドリ

1612024_2キョウジョシギ


1612024_16ダイシャクシギ


1612024_19


1612024_6ミヤコドリ


1612024_8シギチ、オニアジサシは全て左側からこの岩に戻ってきます。


1612024_12


1612024_14遠くから海面すれすれに飛んでくるミヤコドリを風景的に撮りたかったのですが、イメージ通りにはいきません。


1612024_16_2


1612024_17


1612024_21


1612024_23

2016年12月21日 (水)

161201-04 台湾金門島No17 アカシシギ・シロチドリ・ダイシャクシギ・ツルシギ

12月1日~4日 台湾金門島No17 アカシシギ・シロチドリ・ダイシャクシギ・ツルシギ

日本でも見られるお馴染みのシギ・チドリですが、越冬地での撮影です。

1612024_3アカアシシギ


1612024_1シロチドリ 頭の赤い日本ではあまり見られないタイプだそうです。


1612024_4


1612024_7一般的なシロチドリ


1612024_8


1612024_4_2ダイシャクシギ


1612024_5満潮になると干潟からこの岩に集まってきます。


1612024_12


1612024_15


1612024_1_2ツルシギ


1612024_2

2016年12月20日 (火)

161201-04 台湾金門島No16 クビワガラス・クビワムクドリ・クロヒヨドリ・コイカル

12月1日~4日 台湾金門島No16 クビワガラス・クビワムクドリ・クロヒヨドリ・コイカル

1612024_2クビワガラス 金門島ではカラスと言えば、この白黒ガラスです。


1612024_4


16120104_2クビワムクドリ 金門島


161201_2クビワムクドリ 台湾本土の公園で。

161201_7首輪の黒が特徴です。

161201_8

161201_6_2クロヒヨドリ 真っ黒で撮影が難しかったです。台湾本土の公園

161201_4_2

1612024_6コイカル♀


1612024_10コイカル♂










2016年12月19日 (月)

161201-04台湾金門島No15 アカガシラサギ・アマサギ・カラフトムシクイ・カラムクドリ

12月1日~4日 台湾金門島No15 アカガシラサギ・アマサギ・カラフトムシクイ・カラムクドリ

1612024_2アカガシラサギ 越冬先でのアカガシラサギ


1612024_4カワウ・アオサギとアカガシラサギ


1612024_5


1612014_1牛とアマサギ いつかは撮りたいと思っていたシーンですが、少し遠かったです。


1612014_3

1612024_1カラフトムシクイ たくさん鳴いているのですがボツ画像量産でした。キマユムシクイもいますが撮影できずで、両種とも国内と同じ状況で難敵でした。


1612024_3カラムクドリ 2015年に都内で出会って以来2度目の出会いです。

1612024_7天気が悪い中の撮影で、色がきれいに出ませんでした。


1612024_8


1612024_10




2016年12月18日 (日)

161201-04台湾金門島No14 カササギ・カノコバト

12月1日~4日 台湾金門島No14 カササギ・カノコバト

1612024_4カササギ 今年の9月にやっと佐賀県で写真が撮れたカササギですが、換羽中で頭部が坊主状態でしたが、今回はきれいなカササギが撮れました。


1612024_5


1612024_6雨覆いの黒も光によってきれいな色になります。


1612024_8


1612024_10


1612024_16ちょっと天気が悪く色が出ませんでしたが、カササギの飛翔場面です。白と黒また風切りの透けた感じが良いです。


1612024_18


1612024_20


1612024_22


1612024_5_2カノコバト 今回金門島では、カノコバト・ベニバト・キジバトの3種の鳩に出会いました。


1612024_6_2

2016年12月17日 (土)

161201-04台湾金門島No13 シキチョウ・ムジセッカ

12月1日~4日 台湾金門島No13 シキチョウ・ムジセッカ

1612024_1シキチョウ♀ 東南アジアから中国南部で留鳥のシキチョウ、鳴き声もいい声ということです。


1612024_5シキチョウ♂ 黒と白 ♀はグレーと白になります。 見た目も目立ちきれいです。


1612024_8


1612024_9


1612024_10


1612024_12シキチョウ♀


1612024_16♀も見方によっては♂よりも人気がありそうです。


1612024_2ムジセッカ  いたる所で日本のウグイスのように飛び回っていますが、やはり潜行性でいいところには出てくれません。


1612024_3河口部のマングローブ林 鳴いている場所でじっと待っていると時々上に出てきてくれます。


1612024_4


1612024_8_2

2016年12月16日 (金)

161201-04台湾金門島No12 ズグロミゾゴイ・ホオジロハクセキレイ

12月1日~4日 台湾金門島No12 ズグロミゾゴイ・ホオジロハクセキレイ

161201_1ズグロミゾゴイ若


161201_3成鳥


161201_7若ですが頬のあたりから換羽が始まっています。


161201_8近すぎてノートリです。全て台湾本土松山空港近くの公園で撮影。


1612024_3ホオジロハクセキレイ 初めての出会いです。これでハクセキレイはハクセキレイ・タイワンハクセキレイと合わせやっと3種目となりました。


1612024_4


1612024_8ハクセキレイは色々な亜種が存在ますが、次はメンガタハクセキレイあたりに出会いたいものです。


1612024_9


1612024_12


1612024_16

2016年12月15日 (木)

161201-01台湾金門島No11 シロハラクイナ・マミジロタヒバリ

12月1日~4日 台湾金門島No11 シロハラクイナ・マミジロタヒバリ

1612024_2シロハラクイナ これは国内でも難敵ですぐ隠れてしまいます。この時も大きな畑の奥にいましたが、写真を撮っているとやはり気になるのか走って移動です。


1612024_4


1612024_6畑などのところで見るのが多かったです。


1612024_16


1612024_18


1612024_9_2マミジロタヒバリ 公園の中でよく見られます。


1612024_12_2足の長さが目立ちます。


1612024_14_2割と大きな虫をゲットです。


1612024_18_2


1612024_19

2016年12月14日 (水)

161201-01台湾金門島No10 オウチュウ・クロウタドリ

12月1日~4日台湾金門島No10 オウチュウ・クロウタドリ

161201_5オウチュウ 台湾本土の松山空港近くの公園で、乗継待ち時間に寄っただけですがいろいろな鳥が出て驚きでした。


161201_6初見のオウチュウです。


161201_9


161201_6_2金門島のヤツガシラにモビングをしていたオウチュウ


161201_7


1612024_5クロウタドリ 黒一色で光線具合が良くないとうまく写せません。


1612024_9歌の名手ですが、今回は非繁殖期のため聞くことができません。


1612024_10


1612024_12公園のこの個体だけはなぜか近寄っても逃げず、サービスが良かったです。


1612024_14

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30