飛島

2018年5月26日 (土)

180510-13 飛島No8 キマユホオジロ・キマユムシクイ・アカエリヒレアシシギ・カンムリウミスズメ

5月10日~13日 飛島No8 キマユホオジロ・キマユムシクイ・アカエリヒレアシシギ・カンムリウミスズメ

180510_1アカエリヒレアシシギ 小雨降る中のため色が出ませんで開いた。


180510_2


180510_1_2カンムリウミスズメ この航路で初めての出会いでした。


180510_3


180510_2_2キマユホオジロ


180512_2林の中の畑に居たキマユホオジロ


180512_3_2今回は学校グラウンド、ヘリポが全くだめで、林の中の畑にいろいろ居たため出会いが難しいです。


180512_4


180510_1_3キマユムシクイ 今回の飛島はキマユムシクイだらけで、途中からまたかという珍鳥に対し言ってはいけないいけない言葉をツイ出してしまう状況となってしまいました。


180510_2_3


180511_2


180511_3

2018年5月25日 (金)

180510-13 飛島No7 ハヤブサ

5月10日~13日 飛島No7 ハヤブサ

飛島に行くと、毎回撮ってしまうハヤブサです。

いかにもハヤブサが繁殖する崖で、見ているだけでも気持ち良くなる風景です。

180512_3ハヤブサ 定位置の見張り場所


180512_7獲物の隠し場所


180512_12岩をバックではピンが思うように来てくれません。


180512_13


180512_14目の前を横切る時は近すぎて追い付けず。


180512_16


180512_18


180512_20ここも休憩場所の岩の上。


180512_23


180512_26全体的な崖ですが、まだ左下には崖が続きます。


180512_28


180513_3今回初めて巣穴を見ることができました。雛も見えます。

2018年5月24日 (木)

180510-13 飛島No6 コホオアカ・ムギマキ

5月10日~13日 飛島No6 コホオアカ・ムギマキ

180510_5コホオアカ 今回今までになくコホオアカが見られました。


180511_1ちょっとピンブレですが飛出し


180511_4


180511_5珍しく近かったものをさらにトリミング


180511_8


180512


180510_3ムギマキ この鳥も今回多かった鳥です。


180511_1_2


180511_3残念ながら木撮りは少なく、道路上のムギマキが多かったです。


180511_4_2


180511_5_2


180511_6

2018年5月20日 (日)

180510-13 飛島No5 シマアオジ

5月10日~13日 飛島No5 シマアオジ

昨年初めてサロベツ原野で見て以来2度目の出会いです。

180510_1シマアオジ・ホオアカ グランドの草刈り跡に降りてきました。


180510_3完全な成鳥でなく、少し若いようです。


180510_9シマアオジ・シベリアアオジ


180510_11シマアオジとシベリアアオジの争い


180510_12この勝負 アオジの方が強かったようです。


180510_13

180510_16

180510_19正面から


180510_20


180513_1シマアオジ 別の場所の個体 

180513_2


180513_3


2018年5月19日 (土)

180510-13 飛島No4 チフチャフ

5月10日~13日 飛島No4 チフチャフ

数年前に渡良瀬で見て以来のチフチャフです。

教えてもらい居ると分かっていての識別でしたので、迷うことなく探し出せました。

エゾビタキ・コサメビタキ・マミジロキビタキ雌・ムギマキ等が飛び交う中に居ましたので、目の前に突然現れた場合は見逃すか、不明種だったと思われます。

180511_2チフチャフ 嘴が小さくかわいく見えます。


180511_3


180511_4尾羽全開です。


180511_7


180511_8お決まりの位置で、ひと声。


180511_9日陰


180511_11ホワイトバランスはオートにしてあるのですが、日陰と太陽光の当たるところでは色がずいぶんと違ってしまいます。


180511_12


180511_13


180511_15


180511_16すぐ近くに居るのですが、柵があるため撮るのは一苦労です。

2018年5月18日 (金)

180510-13 飛島No3 マミジロキビタキ

5月10日~13日 飛島No3 マミジロキビタキ

合いたかった鳥で、舳倉島に行っても嫌われてきた鳥ですが、やっと行きつけの飛島で出会うことができました。

180510_7マミジトキビタキ雄 胸の黄色はきれいなレモンイエローで、遠くに居ても良く目立ちます。


180510_8


180510_11


180510_12


180510_13腰も黄色一色です。


180510_16


180511_1


180511_8マミジロキビタキ雌 雄に比べると地味ですが、風切りに白が入り、腰が黄色、これだけでも十分な色です。


180511_11今回初めてで、雄雌両方が見られ最高でした。最後は失礼ながらまたマミジロかというほど、雄は島中どこでも見られ、これが珍鳥ということを忘れさせてしまうほどです。


180511_11_2


180511_12


180511_13


180512_2

2018年5月16日 (水)

180510-13 飛島No2 シマノジコ

5月10日~13日 飛島No2 シマノジコ

昔々、町の小鳥屋で見かけ、日本の鳥とは思えぬ色合いから飼いたいと思ったことがある鳥にやっと出会うことができました。

180511_6シマノジコ雄 成鳥


180511_7茶色と黄色という目立つ鳥で、最初に見た時はグミの木の茂る中でしたが、色合いからすぐ憧れの鳥と分かったぐらいです。


180511_15


180511_17夕刻6時ぐらいの曇りのため、SSが上がらず廃棄の量産でした。


180511_19


180511_21_2


180511_22


180512_1シマノジコ若雄  別の場所の畑に、シベリアアオジとキマユホオジロの混群中に居ました。


180512_3


180512_4


180512_6


180512_7

2018年5月15日 (火)

180510-13 飛島No1 オジロビタキ・カラフトムジセッカ

5月10日~13日 飛島No1 オジロビタキ・カラフトムジセッカ 

毎年恒例の飛島へ行ってきました。

当初の情報では鳥が少ないものでしたが、悪天候が続いた6日の午後から一気に鳥が入ってきたという情報が出て期待が膨らみました。

それでも、情報を見るたび島に入る10日まで抜けないでいてくれるのか心配でしたが、どうにか見たい鳥が残っていてくれて久しぶりに堪能した飛島でした。

鳥は徐々に減って行きましたが、12日には目に見えて減り、13日には合言葉が「居ないね」になってしまいました。

今回のリストは亜種も含め87種、ライファー3種(マミジロキビタキ、シマノジコ、カラフトムジセッカ)です。

最初の掲載は、整理がしやすかった撮影枚数が少ない2種からです。

180510_1オジロビタキ 今までニシオジロビタキしか見てませんでしたので、初めての嘴の黒いオジロビタキです。


180510_3島の中では、いろいろな人から喉の赤いオジロビタキを撮りたいと聞きましたが、私はこの個体しか見ていないうえ喉の赤いオジロビタキでした。


180510_4


180510_7


180510_8地鳴きの良く響く鳥で、すぐわかります。


180510_10


180513_7カラフトムジセッカ 初見です。


180513_10居るという場所に行くと、弱々しいタッ、タッという声がして、ノバラの上にすぐ出てきてくれました。姿を見るのが最難関と聞いていましたので驚きの出会いです。

180513_11良い場所に出て、すぐ飛び去るのでなく、短い時間ですが止まってポーズを撮ってくれるのでうまく撮れました。ただ雨粒がパラパラ来る天気だったのが残念です。


180513_12


180513_15ムジセッカよりも嘴が短く太いのが特徴です。


180513_17


180513_24上に出てポーズするいいやつです。


180513_25飛出し 下尾筒はバフ色。


飛島 5:00-18:00 180510-13

1カルガモ 2スズガモ 3カラスバト 4キジバト 5シロエリオオハム

6オオミズナギドリ 7ハシボソミズナギドリ 8ヒメウ 9カワウ

10ミゾゴイ 11ササゴイ 12アマサギ 13アオサギ 14チュウサギ 

15ツツドリ 16カッコウ 17アマツバメ  18ジシギSP 

19クサシギ 20アカエリヒレアシシギ 21ウミネコ 

22コアジサシ 23カンムリウミスズメ 24トビ 25アカハラダカ

26ハイタカ 27アオバズク 28ブッポウソウ 29ハヤブサ

30カラアカモズ 31ハシボソガラス 32ハシブトガラス 

33ヤマガラ 34シジュウカラ 35ツバメ 36コシアカツバメ 

37ヒヨドリ 38ウグイス 39チフチャフ 40カラフトムジセッカ 

41キマユムシクイ 42メボソムシクイ 43エゾムシクイ 

44センダイムシクイ 45メジロ 46キレンジャク

47ヒレンジャク 48コムクドリ 49マミチャジナイ 50シロハラ 

51アカハラ 52ツグミ 53コルリ 54シマゴマ 55ルリビタキ 

56ノビタキ 57イソヒヨドリ 58エゾビタキ 59コサメビタキ 

60マミジロキビタキ 61キビタキ 62ムギマキ 63オジロビタキ 

64オオルリ 65スズメ 66キセキレイ 67ハクセキレイ

68ホオジロハクセキレイ 69ビンズイ 70アトリ 

71カワラヒワ 72マヒワ 73ベニヒワ 74イスカ 75シメ 

76イカル 77ホオジロ 78ホオアカ 79コホオアカ 

80キマユホオジロ 81カシラダカ 82ミヤマホオジロ 

83シマアオジ 84シマノジコ 85ノジコ 86アオジ 

87シベリアアオジ

 

2017年11月26日 (日)

171021 飛島の鳥

10月20日~21日 飛島の鳥

飛島の鳥と言っても普通に見られる鳥ですが、今季の飛島鳥見の最後の未掲載分です。

171020_2アトリ


171020_1オオルリ 撮影時なんだかわからなかった鳥ですが、オオルリ雄若でした。


171020_2_2キビタキ雌


171020_3クロジ雌


171020_5


171020_3_2ジョウビタキ


171020_4
ノビタキ

171021_6白鳥 鶴岡の水田地帯


171020_4_2ビンズイ


171021_3メジロ 柿の実がちょうど熟していていろいろな鳥がやって来ていました。

2017年11月18日 (土)

171020 イソヒヨドリ・ミヤマホオジロ

10月20日 イソヒヨドリ・ミヤマホオジロ  飛島

1ヶ月前の写真ですが、飛島行の写真がまだまだ残っていますので間を見て掲載です。

171021_1イソヒヨドリ


171021_2島にいるときは何が出ても最初は、期待から始まるのが楽しいひと時です。


171021_3


171020_1ミヤマホオジロ雌


171020_2ミヤマホオジロ雄


171020_4


171020_5


171020_6今季はミヤマホオジロが多かったのですが、いいところには出てきてくれないのが残念です。


171020_7


171020_8


171020_9

より以前の記事一覧

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31