栃木県

2018年3月10日 (土)

180227 エナガ・カワガラス・ゴジュウカラ・トビ・マガモ




2月27日 エナガ・カワガラス・ゴジュウカラ・トビ・マガモ 戦場ヶ原

180227_1_2エナガ 近くへ寄ってくれるのですが、早くて追い付きません。


180227_2


180227_3


180227_4雪の上に居る小さな虫を捕っているようです。

180227_7

180227_1_3カワガラス


180227_3_2


180227_4_2


180227_1_4ゴジュウカラ


180227_2_2


180227_2_3トビ ちょっと風景的に撮ってみました。


180227_1_5マガモ




2018年3月 1日 (木)

180227 カワアイサ・キバシリ・コガラ・ヒガラ

2月27日 カワアイサ・キバシリ・コガラ・ヒガラ 戦場ヶ原

鳥影は少なかったのですが、人も少なく定番の鳥ですがゆっくりと楽しむことができました。

180227_1カワアイサ 木道を歩いていると、出会いがしらですぐ飛ばれてしまいましたが、川の曲がり場所で木の隙間からやっと撮れました。


180227_1_2キバシリ カラ類の混群と一緒に居ました。


180227_3


180227_4動きが早く近かったため、良いアングルでは撮らせてくれません。


180227_6


180227_3_2コガラ この時期のモフモフ感がいい感じです。


180227_4_2じっとしていると、鳥のほうから近寄ってきてくれます。後は良いところに止まってくれるのを待つばかりですが、なかなか望み通りにはいきません。


180227_5


180227_6_2


180227_3_3ヒガラ


180227_4_3

2018年2月28日 (水)

180227 ベニヒワ・マヒワ

2月27日 ベニヒワ・マヒワ 戦場ヶ原

目的の鳥には出会えませんでしたが、今冬いろいろと考えていたベニヒワベニマシコに出会うことができました。

40数年前、学生の時に北海道で見て以来の再会で、やっと写真を手にしました。

180227_3ベニヒワ雄 木道を歩いている時に教えてもらい、後は探すことに一生懸命で、やっとカラマツの高いところでマヒワと一緒に実を食べている群れを見つけることができました。


180227_4


180227_5ベニヒワ雌


180227_10枝の中に入り込んでいいところに出てきてくれません。


180227_13


180227_15


180227_17


180227_18雄2羽と雌1羽です。10羽ぐらいの群でした。


180227_20


180227_2マヒワ雌 ベニヒワとは別にいた1羽です。


180227_3_2


180227_5_2きれいなレモン色です。

2017年12月21日 (木)

171219 アカハシハジロ

12月19日 アカハシハジロ 栃木県

北海道から帰ってきた翌々日、2度目となる出会いを求めて約120kmの下道を走って行ってきました。

前回同様きれいな雄で、嬉しい出会いとなりました。

171219_5アカハシハジロ 前回同様ホシハジロと居ることが多く、仲間を求めているように見えます。


171219_6


171219_9嘴の赤が良く目立ちます。


171219_11


171219_13


171219_16水浴びも披露し、その後はお決まりのパタパタです。


171219_24水かきは黒


171219_27正面顔 薄い縁取りが出て不思議な模様です。


171219_32珍しく上陸です。


171219_35パタパタの披露


171219_39ハジロの通り白が目立つ翼です。


171219_40

2017年2月17日 (金)

170211 ウグイス・シジュウカラ・ミヤマガラス

2月11日 ウグイス・シジュウカラ・ミヤマガラス 渡良瀬遊水地

170211_1ウグイス ベニマシコの居たセイタカアワダチソウと同じところで、餌が少ない時期なのか餌取りに夢中で長い間楽しませてくれました。


170211_3


170211_4


170211_6


170211_7


170211_10


170211_11葦に付くカイガラムシのようなものを探しては食べていました。


170211_2シジュウカラ シジュウカラも同じ餌を探しているようで、オオジュリンもそうですが、カイガラムシのようなものはこの時期いろいろな鳥に食べられているようです。


170211_3_2

170211_1_2ミヤマガラス 久しぶりに板倉町でミヤマガラスの大きな群れに出会いましたが、コクマルは入っていないようでした。


170211_3_3

2017年2月13日 (月)

170211 ベニマシコ

2月11日 ベニマシコ 栃木県

目的3種を駆け足で見て回ろうと目論んだのですが、初めての全て振られる結果となりました。

仕方なく確実と思った渡良瀬のベニマシコに腰を据えて撮ってきました。

170211_21ベニマシコ雄 うまい具合に2羽の雄が来てくれました。願わくば順光で撮りたかった。


170211_23近すぎたため、すぐ近くに居る2羽のベニマシコの左のベニマシコにピンを合わせているのですが、F6.3では右のベニマシコにはピンが来てくれませんでした。


170211_24


170211_28ちょっと色の薄かった個体ですが、桜色のきれいなベニマシコでした。


170211_30


170211_12ベニマシコ雌 この草のある場所でかなりの時間動かずに居てくれました。


170211_14枝かぶりも多かったのですが、辛抱強く待ったかいがありました。


170211_15


170211_18


170211_19久しぶりに堪能したベニマシコの撮影でした。

2017年1月 1日 (日)

161225 コミミズク

12月25日 コミミズク 栃木県

今回は大勢いるところから少し離れて、イメージの中では逆光と順光で撮れる位置に決めました。

回数は少なかったのですがイメージ通り現れてくれて、いろいろな形で撮影ができ満足な一日となりました。

161225_1帰りに高台から葦原越しに見た富士山です。


161225_7コミミズク 逆光からの透けた羽を狙いました。


161225_20飛び立ですが、羽毛に包まれた足が猛禽です。


161225_26反対側の土手を飛ぶ2羽のコミミズク


161225_30


161225_33逆光の中を飛ぶコミミズク


161225_34夕暮れ土手すれすれに飛び獲物を狙っています。


161225_39


161225_40


161225_46


161225_48土手を飛ぶ小さな虫とコミミズク

2016年12月29日 (木)

161225 チフチャフ

12月25日 チフチャフ 栃木県

まだ見たことがない、舳倉島の鳥でよく出てくるチフチャフが近県で出たということで、急きょ栃木県まで行ってきました。

常に姿を見られるというわけではないようですが、運よく到着時ちょうど発見して撮影中で、仲間に入れてもらい撮影することができました。

今季は後半に来て、モリムシクイや、このチフチャフが見られ、見つけてくれた人や情報をいただけたことに感謝感激です。

161225_6チフチャフ 柳の木の中で動き回るためどうしても枝かぶり場面となってしまいます。


161225_11背も模様がなく特徴のない鳥です。


161225_25見た感じ嘴が細く小さいです。


161225_30


161225_38


161225_42きれいに抜けたのはこの場面ぐらいでした。


161225_43


161225_48


161225_53肢は黒です。


161225_57細い小さい嘴です。


161225_60

2016年12月26日 (月)

161221 コミミズク

12月21日 コミミズク 栃木県

最近、群馬県・栃木県方面に足繁く通ってしまっています。

往復6時間の運転で、鳥見は1時間ですが、この鳥が良く出てくれるので、もう少し続きそうです。

161221_4コミミズク 舞台に止まり様子見


161221_16鋭い爪です。


161221_22


161221_24目に前に気配を察知したか。


161221_29たぶんモグラと思いますが、獲物を咥え飛び立ちです。飛び込むところは撮れませんでした。


161221_30この後足に持ち替え、草むらに獲物を隠してしまいました。


161221_45上空を気にして、360度の回転。


161221_52


161221_65杭に止まる時、偶然バレリーナがポーズを取るような格好になりました。

161221_94日没前後の撮影です。


161221_98菜の花を少し入れて。それでも、もう少し近くに入れたかったです。

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31