栃木県

2019年3月 1日 (金)

190224 エナガ・コガラ・ゴジュウカラ・ヒガラ・ミソサザイ

戦場ヶ原で出会った鳥 最終回

190224_2エナガ 


190224_5_2尾が見えずダルマのような感じです。


190224_10


190224_1コガラ 寒くても元気なカラ類です。


190224_2_2


190224_4_2肢の間で餌を挟み、器用に食べます。


190224_1_2ゴジュウカラ


190224_2_3ヒガラ こみいった枝から出てくれません。


190224_6_2


190224_8


190224_2_4ミソサザイ 既に大きな声で囀っていました。

2019年2月28日 (木)

190224 オオアカゲラ・カケス・ハチジョウツグミ

戦場ヶ原で出会った鳥 No2

190224_3オオアカゲラ雄


190224_11


190224_4カケス 体を膨らませて休憩


190224_5


190224_12穴に餌を隠し、コケで蓋をしていました。


190224_13


190224_6ハチジョウツグミ雌


190224_9朝早い時間に見られたのですが、その後は見つけられず。


190224_11_2


190224_12_2

2019年2月27日 (水)

190224 アオシギ

何回か挑戦していたのですが、やっと見つけることができたアオシギです。日光市

190224_1アオシギ 


190224_3後が明るい水の中に居たおかげで見つけることができました。


190224_11


190224_16今回は雪が少なく、遊歩道を歩けたのが良かったです。雪が多いとちょっと躊躇してしまう場所です。


190224_19


190224_22なぜか突然倒木の上に上がってくれました。

190224_30更にうれしいことに、雪の上を歩いて上がって行きました。

190224_34


190224_35反対側に降りて行きます。


190224_37こちらは小石と枯葉の混じったところで、こちらに居たら見つけることができなかったと思います。


190224_40


190224_55羽繕をした後眠ってしまい、撮影会は終了です。

日光市 7:00-12:00 190224

1ヒドリガモ 2マガモ 3カルガモ 4オナガガモ 5コガモ 

6ホシハジロ 7キンクロハジロ 8ホオジロガモ 

9カワアイサ 10キジバト 11カワウ 12ダイサギ 

13オオバン 14アオシギ 15トビ 16コゲラ 

17オオアカゲラ 18カケス 19ハシボソガラス

20ハシブトガラス 21コガラ 22ヒガラ 

23シジュウカラ 24ヒヨドリ 25エナガ 26メジロ 

27キバシリ 28ミソサザイ 29ムクドリ 30ツグミ 

31 ハチジョウツグミ   32スズメ 33アトリ 34カワラヒワ

35ウソ 36シメ 37カシラダカ

 

2019年2月13日 (水)

190207 アカハシハジロ

昨シーズンに続き、今年もやってきたきれいなアカハシハジロです。

午後からの撮影でしたが、カメラマンは他に3名という旬を過ぎてしまったようなアカハシハジロです。近ければもっと行けるのですが、少し遠いです。

190207_3_3アカハシハジロ 


190207_4_2毎回のことですが、頭部の色がなかなかいい感じに写りません。


190207_9_2


190207_10何時も首を縮めて寝ているため、やっと首の色全体が見えました。


190207_11_2


190207_12_2反対側の順光側に回って撮影です。


190207_19


190207_23


190207_24やっと目が写ってくれました。きれいな小さい赤目です。


190207_25

2018年12月 1日 (土)

181127 アトリ・エナガ・オオアカゲラ・コガラ・ゴジュウカラ・ツグミ・ヒガラ・鹿

戦場ヶ原No2です。

まだズミの実が残っていて、そこにアトリやマヒワ・ツグミ等が集まっていました。

181127_1アトリ ズミの木に集まっていました。


181127_5


181127_8エナガ


181127_9


181127_3オオアカゲラ この木に虫が潜んでいるらしく、ここで20分近く突いていました。


181127_5_2この写真では、かなり木が削られています。


181127_5_3コガラ


181127_2ゴジュウカラ 駐車場で木の実を食べていたゴジュウカラで、近すぎでした。


181127_3_2シカ すぐ目の前で、こちらを気にしながら森の奥に入って行きました。


181127_5_4ツグミ 今、戦場ヶ原では一番元気で声も良く聞きます。


181127_3_3ヒガラ

2018年11月30日 (金)

181127 キバシリ・マヒワ

今年も年に一度はと思い、強行軍で伊豆沼方面に行ってきました。写真は、たくさん撮り過ぎて整理がまだまだのため、先に帰りに寄った戦場ヶ原で出会った鳥を掲載です。

この時期の戦場ヶ原は初めてのような気がしますが、雪が全くなく周りを眺めても白根山の頂上付近に薄らと見えるぐらいでした。それでも出発の6時半頃はマイナス4度という気温で、草木や木道に霜が付きたぶん一番乗りの戦場ヶ原へ入って行きました。

最初は鳥は少なく、気温が上がってからやっとカラ類の混群が現われ、色々な鳥に出会うことができました。

181127_2キバシリ カラ類の混群に混じり楽しませてくれました。


181127_3

181127_4幹の裏側を器用に歩き回ります。

181127_5


181127_9距離は近かったのですが、暗すぎてISOが上がり過ぎました。

181127_11アリか蜘蛛のようなものを咥えています。


181127_14


181127_15隙間を覗きこむキバシリ


181127_1マヒワ


181127_4_2


181127_2_2肉眼では霜に光が当たりきれいに輝いているのですが、腕が悪く写真に撮るとうまく色が出てくれません。


181127_5_2

戦場ヶ原 6:30-12:00 181127

1マガモ 2キジバト 3トビ 4ノスリ 5コゲラ 6オオアカゲラ 

7アカゲラ 8アオゲラ 9カケス 10ハシボソガラス 

11ハシブトガラス 12コガラ 13ヒガラ 14シジュウカラ

15ヒヨドリ 16エナガ 17キバシリ 18ミソサザイ 19ツグミ

20アトリ 21マヒワ 22シメ 23カシラダカ




2018年3月10日 (土)

180227 エナガ・カワガラス・ゴジュウカラ・トビ・マガモ




2月27日 エナガ・カワガラス・ゴジュウカラ・トビ・マガモ 戦場ヶ原

180227_1_2エナガ 近くへ寄ってくれるのですが、早くて追い付きません。


180227_2


180227_3


180227_4雪の上に居る小さな虫を捕っているようです。

180227_7

180227_1_3カワガラス


180227_3_2


180227_4_2


180227_1_4ゴジュウカラ


180227_2_2


180227_2_3トビ ちょっと風景的に撮ってみました。


180227_1_5マガモ




2018年3月 1日 (木)

180227 カワアイサ・キバシリ・コガラ・ヒガラ

2月27日 カワアイサ・キバシリ・コガラ・ヒガラ 戦場ヶ原

鳥影は少なかったのですが、人も少なく定番の鳥ですがゆっくりと楽しむことができました。

180227_1カワアイサ 木道を歩いていると、出会いがしらですぐ飛ばれてしまいましたが、川の曲がり場所で木の隙間からやっと撮れました。


180227_1_2キバシリ カラ類の混群と一緒に居ました。


180227_3


180227_4動きが早く近かったため、良いアングルでは撮らせてくれません。


180227_6


180227_3_2コガラ この時期のモフモフ感がいい感じです。


180227_4_2じっとしていると、鳥のほうから近寄ってきてくれます。後は良いところに止まってくれるのを待つばかりですが、なかなか望み通りにはいきません。


180227_5


180227_6_2


180227_3_3ヒガラ


180227_4_3

2018年2月28日 (水)

180227 ベニヒワ・マヒワ

2月27日 ベニヒワ・マヒワ 戦場ヶ原

目的の鳥には出会えませんでしたが、今冬いろいろと考えていたベニヒワベニマシコに出会うことができました。

40数年前、学生の時に北海道で見て以来の再会で、やっと写真を手にしました。

180227_3ベニヒワ雄 木道を歩いている時に教えてもらい、後は探すことに一生懸命で、やっとカラマツの高いところでマヒワと一緒に実を食べている群れを見つけることができました。


180227_4


180227_5ベニヒワ雌


180227_10枝の中に入り込んでいいところに出てきてくれません。


180227_13


180227_15


180227_17


180227_18雄2羽と雌1羽です。10羽ぐらいの群でした。


180227_20


180227_2マヒワ雌 ベニヒワとは別にいた1羽です。


180227_3_2


180227_5_2きれいなレモン色です。

2017年12月21日 (木)

171219 アカハシハジロ

12月19日 アカハシハジロ 栃木県

北海道から帰ってきた翌々日、2度目となる出会いを求めて約120kmの下道を走って行ってきました。

前回同様きれいな雄で、嬉しい出会いとなりました。

171219_5アカハシハジロ 前回同様ホシハジロと居ることが多く、仲間を求めているように見えます。


171219_6


171219_9嘴の赤が良く目立ちます。


171219_11


171219_13


171219_16水浴びも披露し、その後はお決まりのパタパタです。


171219_24水かきは黒


171219_27正面顔 薄い縁取りが出て不思議な模様です。


171219_32珍しく上陸です。


171219_35パタパタの披露


171219_39ハジロの通り白が目立つ翼です。


171219_40

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31