北海道

2019年6月23日 (日)

190612 クマゲラ

今回の目的の鳥 クマゲラ、暗い森の中でしたが、どうにか撮ることができました。北海道

190612-10 クマゲラ

190612-11

190612-16_20190621192901

  190612-29

190612-36

190612-43

190612-42

190612-52

2019年6月21日 (金)

190612 苫小牧で出会った鳥

初めての、夏場の苫小牧の森で出会った鳥です。

190612-1_3 アカガシラサギ 若い個体が北の地にもいました。

190612-1_2 エゾアカゲラ

190612-3_5

190612-4_2

190612-7_1 エゾリス 

190612-8_1

190612-4_3 オオルリ

190612-1_4 クロツグミ

190612-2_1 クロツグミ雌

190612-2_2 アカハラ

2019年6月20日 (木)

190612 花園で出会った鳥

海岸の花園で出会った北の鳥です。 北海道

190612-4_1 アリスイ

190612-6

190612-2 オオジュリン 千葉県では冬羽で出会うのですが、北海道では夏羽です。

190612-1_1 コヨシキリ

190612-3_3 ノゴマ

190612-6_1 ノビタキ

190612-3_2

190612-3_1 カッコウ 2羽で鳴きながら飛び回っていました。

190612-3_4 ホオアカ

190612-1 近くに巣があるらしく、獲物を咥えていました。

2019年6月19日 (水)

190611・13 大洗~苫小牧航路で見られた鳥

今年も苫小牧航路に乗ってきましたが、今回は全体的に撮りが少ないようです。

クロアシアホウドリ・オオミズナギドリ・ウミネコは全体を通して見られましたが、コアホウドリ・オオトウゾクカモメ・フルマカモメは見落としもあると思いましが1羽だけの確認でした。

アホウドリは帰って来てからの画像確認で、漁船に付いた群れの中に3羽居るのが写っていました。

190611-1 アホウドリ3羽クロアシアホウドリ

190611-5クロアシアホウドリ

190611-2 フルマカモメ

190611-1_1 アカアシミズナギドリ

190611-7 ハシボソミズナギドリ

190613-11 クロアシアホウドリ

190613-2 オオトウゾクカモメ

190613-1 コアホウドリ

190611-3 オオミズナギドリ・クロアシアホウドリ・アカアシミズナギドリ

190613-7 カマイルカ

大洗~苫小牧~大洗 190611・13
1コアホウドリ 2クロアシアホウドリ 3フルマカモメ 4オオミズナギドリ

5ハシボソミズナギドリ 6アカアシミズナギドリ 7ダイサギ 8ウミネコ

9セグロカモメ 10オオトウゾクカモメ 11アホウドリ 

2019年6月18日 (火)

190612 アカモズ

急きょフェリーに乗って北海道へ行ってきました。フェリー往復2日+道内1日の3日間でした。

目的はクマゲラとアカモズで、1日で急ぎ回ってきました。

190612-3 アカモズ 3年ぶりの出会いでした。

190612-4 朝日の出近い撮影でしたが、どうにか出会うことができました。4ヵ所で見ることができました。

190612-7

190612-8

190612-13 やっと低いところに出てきてくれました。

190612-15

190612-16

190612-18

190612-20

190612-23 

石狩市・苫小牧市 4:00-17:30 190612

1マガモ 2キジバト   3カワウ 4アカガシラサギ 5アオサギ   6ツツドリ 

7カッコウ  8オオセグロカモメ    9トビ    10オジロワシ  11カワセミ   

12アリスイ   13コゲラ   14アカゲラ   15クマゲラ    16モズ  17アカモズ 

18ハシボソガラス 19ハシブトガラス   20ハシブトガラ  21ヤマガラ  

22シジュウカラ  23ヒバリ    24ツバメ   25ヒヨドリ   26ウグイス   27ヤブサメ   

28シマエナガ   29エゾムシクイ  30センダイムシクイ   31エゾセンニュウ    

32コヨシキリ  33シロハラゴジュウカラ    34ミソサザイ 35ムクドリ 

36クロツグミ 37アカハラ  38ノゴマ  39ノビタキ  40キビタ  41オオルリ  

42ニュウナイスズメ  43スズメ 44キセキレイ 45ハクセキレイ  46カワラヒワ 

47イカル    48ホオジロ  49ホオアカ   50アオジ  51オオジュリン

 

2019年3月25日 (月)

190307-190310苫小牧航路No7 ウミスズメ・キタオットセイ

今回は鳥が少なく、大洗苫小牧航路の掲載は7回で終了です。


190310-9ウミスズメ


190310-10


190310-12ウミスズメは着水するとき、腹や胸から飛び込むようにするため、写真のようにバランスを崩しいろいろな形で転がります。


190310-15一回転がり、また頭から突っ込みます。


190310-142回目の飛出し


190310-16


190310-4_1キタオットセイ


190310-11船に向かって何時ものポーズ


190310-13見送りです。


190310-15_1足と手のヒレを上げて休憩姿勢でしょうか。集団でやるとなんだかわからない塊になります。


 

2019年3月24日 (日)

190307-190310苫小牧航路No6  ウミネコ・オジロワシ・マガン他

道内で見られた鳥と航路でのカモメ類です。
190310-4
190310-3
190309-7
190309-1_2

2019年3月19日 (火)

190307-190310苫小牧航路No5 シロカモメ・ワシカモメ他

ココログのリニューアルが19日に行われたのですが、うまく行かなかったようでやっと管理画面に入りことができました。

またよろしくお願いいたします。3月21日

 

道内で回った漁港で出会ったカモメ類です。

190309_3カモメ


190309_4左 オオセグロカモメと右 ワシカモメ


190309_5左 シロカモメ 右 ワシカモメ ワシカモメの成鳥は久しぶりです。銚子ではなかなか出会えませんが、北海道では多かったです。


190309_6シロカモメ・ワシカモメ・オオセグロカモメ


190309_9


190309_10


190309_11左 ワシカモメ  右 オオセグロカモメ


190309_13ワシカモメとシロカモメ


190309_3_2シロカモメ


190309_5_2冬の暗い海にシロカモメは目立ちます。


190309_6_2

2019年3月15日 (金)

190307-190310苫小牧航路No4 ハシブトウミガラス

この時期の定番 ハシブトウミガラスです。

190308_1_2ハシブトウミガラス


190308_2


190308_6珍しく3羽が一緒に入りました。


190310_1フェリーすれすれに浮いていましたが、やはり目の前に来る前に潜られました。

190310_3


190310_4


190310_7場所によってはこんな凪なのですが、長い航海の中では波の状況もずいぶん違います。


190310_8このような波だと鳥も見やすくなります。


190310_12


190310_13


190310_14

2019年3月14日 (木)

190307-190310苫小牧航路No3 ウトウ・クロアシアホウドリ・コアホウドリ

今回、今までで一番大きいウトウの群れを見ることができました。

アホウドリ類は2種でしたが、広い海で見るアホウドリ類はやはり感動物です。

190310_5ウトウ 

190310_8金華山沖辺りでウトウ祭りでした。



190310_11


190310_12この距離でも潜られてしまいます。


190310_18割と近かったのですが、画像はもう一歩です。


190310_2クロアシアホウドリ


190310_5_2今回は2羽のみの出会い。


190308_4コアホウドリ


190308_9今回、コアホウドリは出会いが多かったです。


190308_11


190308_13

より以前の記事一覧

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31